読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

プレインストール版って販売して良いのか?~ライセンス的に市販されていないものが市販されている世の不思議

これはライセンス的にブラックに近い商品ですね。

Microsoft Office Home&Business 2013

Microsoft Office Home&Business 2013

 

Excelの関連をAmazonで価格調査していて、Home and Businessなのにえらい安いなぁと思って読んでみたら、プレインストール版の付属パッケージを販売しちゃっている様です。プレインストール版のOfficeはハードウェアとセットで販売し、セットで購入し、セットで使用するルール(ライセンス形態)になっています。

プレインストール版と、リテール版(製品版)の大きな違いは、プレインストール版は1ライセンスで1台(しかもセットで買ったPCでだけ使用して良い)のみで使用可能、リテール版は1ライセンスで同じ使用者が2台のPCにインストール出来ます。リテール版はアンインストール後に別のPCにインストールし直しても構いませんが、プレインストール版は他のPCにインストールし直したらダメです。

いずれもインストール出来るPCの台数に制限が設けられており、ネットを通じてアクティベーションを行うという儀式があります。つまり好き放題インストールしちゃおうなんて事は出来ません。この時に使用するのがパッケージに入っているプロダクトキーですが、インストール時に使用するプロダクトキーはWeb上で発行されるものを使用しなくてはならないという面倒な仕組みでもあります。ネットが無いと実に不便。

更に、Microsoftアカウント(メールアドレス)とプロダクトキーがヒモ付けされるのですが、管理画面にはパッケージに入っているプロダクトキー(ヒモ付用)が印刷されたカードと全く別のプロダクトキー(インストール用)が表示されるので、リテール版で複数のライセンスを一つのMicrosoftアカウントで管理しているとわけがわからなくなります。2ライセンス以上使う団体組織では管理がかなり煩わしい仕組みです。管理という面で全然配慮が有りません。(VL版にする程でも無い規模は中途半端で本当に面倒)

結構話が逸れてしまいましたが、このOffice 2013 Home and Businessプレインストール版は、

  1. 単体販売(購入)する事自体がライセンス違反である
  2. 既に使用されちゃってる可能性がある(アクティベーション出来ない)

と、まぁ購入する側にとってもリスクが多い訳です。

堅いことは抜きにしても、買ってインストール出来たらラッキー、出来なかったらアンラッキー(泣き寝入り)という商品ですね。

多分、マイクロソフトに通報しちゃってる人いると思うし、マイクロソフトの人も気づいていると思うなぁ。私は面倒なので通報とかは流石にしませんけどね。

Office 2013 の記事を読む - ぼちぼち書くブログ