読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

はてなブログの下書き機能には要注意~「はてな記法」から「見たまま」に戻せない

はてなブログ 日記

今日は外出先で待ち時間が多かったので、スマートフォンでブログの下書きをしたりしました。帰宅してPCから編集しようとしたら、「はてな記法」という編集モードから「見たまま」に変更出来ません。

私は普段、「見たまま」と「HTML編集」を切り替えて使っています。多分HTMLに慣れている人は「見たまま」モードで入力し、HTMLタグを直に弄って微調整するのが一番効率が良いと思います。

今更「はてな記法」を覚えるメリットも有りませんし。

Markdown記法については、Picoなんかを使う場面を以前考えた事があって、身に付けておけば便利な場合もあるかな?程度です。確かに慣れると便利なのですがHTMLをある程度身に付けているなら無理に覚える必要も無いかなと思います。もちろんスキルのバリエーションとしては身に付けて置く方がベターですが・・


Pico - A stupidly simple, blazing fast, flat file CMS.

さて、話を戻してスマートフォンから下書きしたら「はてな記法」を強要される件ですが、どうやら「下書き保存」を行った時点で、編集モードが固定されてしまうのははてなブログの仕様の様です。PCからも試してみましたが「下書き保存」すると編集モードが固定されます。

つまり、スマートフォンで入力すると、強制的に「はてな記法」で編集させられていて(表面的にははてな記法だと気づかない)、それを下書き保存すると編集モード「はてな記法」に固定されてしまうので、PCから仕上げをしようと思って「はてな記法」を強要されてしまいなんじゃこりゃ?となる訳です。

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方―これだけやれば成功する50の方法

あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方―これだけやれば成功する50の方法

 

回避方法としては、PCで「見たまま」モードで下書きページを作っておくという方法があるらしいですが、予め準備した後に出先でスマートフォンで細かい作業をしようなんて思うのはあり得ないと個人的には思っているので、その回避方法はナンセンスだと思います。第一にスマートフォンのユーザーインターフェース(タッチデバイス)はクソだと思うので、ミスが許されない操作ってのがあり得ないのです。

というのも、はてなブログは「下書き保存」のボタンを誤り「公開する」をクリックすると公開から非公開(下書き)に戻すことが出来ない仕様になっています。タッチデバイスでこういう隣り合ったボタンをミス無く操作する事は無理です。私が記事を書く画面をデザインするなら「公開する」と「下書き保存する」ボタンは右端と左端に分ける。タッチデバイス程信用出来ないデバイスは無いと思う。

スマートフォンのタッチパネルは、想像以上にストレスを感じる入力デバイスなので、文字を入力したり、緻密な操作を行う用途には全く向いていないと思います。少なくとも自分はそういう使い方はやめようと思っています。スマートフォンでブログ記事の入力はストレスが溜まって精神衛生上よろしくないですね。

どうしても出先でブログ記事の下書きをするなら、テキストエディタで下書きをする方が断然効率が良いと思う訳です。出先でブログに公開する必要が有る場合にしても、テキストエディタで文章を下書きして、コピペでブログ投稿画面に持って行き、体裁を整えてから公開するのが効率が良いでしょう。

きっと文字書き仕事をしている人はそういう使い方をしていると思います。もし直にブログ画面にスマートフォンやタブレットで長文を入力していたらそれは凄いですね・・