ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

オーディオテクニカのヘッドホン(ATH-FC7)その1~イヤーパッドを交換してまだ使う

昔、かみさんに買ってやったaudio-technicaのヘッドホン(ATH-FC7)が出てきました。かみさんには別のヘッドホンも買ってやったのですが、そっちの方がカジュアルで気に入ったらしく今はこのヘッドホンは使ってないそうです。

そういう訳で私が使うことにしました。

f:id:sasapurin:20150226195830j:plain

 しかしながら、イヤーパッドが劣化してボロボロ剥がれてます。剥がれて手に付着するので厄介です。年数が経ってるから仕方ないですね。

f:id:sasapurin:20150226202602j:plain

さて、audio-technicaのヘッドホンは過去に愛用していたので、イヤーパッド(消耗品)を購入出来る事を知っています。同社のサポートページから供給の可否を確認して可能であったら前金で銀行振込するか代引き支払いで受け取ることが出来ます。

修理可能カテゴリー一覧 | サポート | 一般製品 | オーディオテクニカ

ネットショップ方式と違って、問い合わせメールフォームみたいな構造で送っているので、欲しい部品と数量をリクエストし、メーカーからの返信を待ってから指定された口座へ振り込む等して代金を支払って決済します。

個人的には愛用し続けて来たヘッドホンは長く使い続けたいと思うので、消耗品をこうして供給してくれる事は評価したいです。ただ、個人的には合理主義な考えがあるので、汎用サイズ(規格品として)で設計してくれればずっと消耗品を供給してもらえるのになぁと勝手に期待してしまいます。実際に製品を設計する人は新しい素材とか新しくデザインを考えたいでしょうから互換性を維持するのは無理でしょうね。

実際、商売としてはどんどん買い替えて欲しいでしょうから、ずっと供給するって事は期待しちゃいけないのかも知れません。販売終了後も数年間こうしてパーツとして供給してくれる事だけでもありがたいことですね。