ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

Microsoft Office 2013は32bit版を使おう~64bitは使うメリットがほぼ無くデメリットだらけ

パソコンの調子が悪くなってWindows 7をリカバリーしました。その際、32bitで使っていたOSを64bitに変更したので細かな所で変更が生じました。それは概念的に知っているのでコツコツ修正するしか無いのですが、まさかマイクロソフト製品同士の互換性で躓くとは思っていませんでした・・

先ずは環境の把握

躓いた環境を拾い出してみると、下記の組み合わせでした。

  1. Windows 7 Professional 64bit
  2. Office 2013 Personal 64bit(Accessは含まれていない)
  3. Access Runtime 64bit(無償ダウンロード)
  4. Access 32bitで作られたデータベースファイル

OSは自分で64bitを選んだのは間違いありません。そこからOfficeをインストールしたら勝手に(?)64bit版のOfficeがインストールされていました(少なくともインストーラーによる確認はありませんでした)。

Accessは32bit版と64bit版でデータベースファイルの互換性が無い

そこへ無償で利用出来るAccess Runtime 32bit版をインストールしようとしたら、「Officeが64bit版なのでAccess Runtimeも64bit版じゃないとダメ」だと言われたのでその通り64bit版にしました。

つまりOS、Office、Access(Runtime)共に64bitで揃えた訳です。普通に考えると思います。

64bit版Access Runtimeのインストールが終わったので、Accessで作成されたデータベースファイルを開こうとしたら、

「このデータベースファイルは32bit版Accessで作成されたものなので開けません」

みたいなメッセージが表示されました。

そんなアホな?と思ってネットで検索したらそういう事例がいくつか見つかりました。
Excel等と違ってAccessは32bit/64bitで作成されたデータベースファイルに互換性が無いらしいのです。いわゆる上位互換ではありません。信じられません・・

MS-Officeは32bit版が事実上のスタンダード

マイクロソフトとしては、64bit版のOfficeは特別な理由が無い限り使わず、32bit版の利用を推奨するみたいな情報を公式に出しています。

Accessを使っているユーザーはExcelのユーザーに比べれば微々たるものなので、このトラップにはまりやすいと思います。

Excelの32bit/64bitの互換性の範囲では、32bit/64bitの違いはあまり問題にならない事(気づかない)が多いのですが、Accessは32bit/64bitの互換性が致命的に無いのでそうは行かないのです。

Accessの32bitと64bitは互換性無し

32bit版Accessで作ったデータベースファイル(.MDE)を64bit版で開くことが出来ませんでした。互換性は前述の通り「ナシ」です。この問題に躓いてからマイクロソフトが公式に32bit版64bit版の違いについて公開している事を確認しました。

理屈は分かった、しかし、せめて64bit版を選択する際にインストーラーで案内して欲しいものです。何のためのインストール手順なんだ?インストーラーって、使用許諾に同意するとか、単なる面倒くさい儀式に成り下がっていると思います。ホント意味ないなぁ。

複数台PCの管理者は要注意

会社などの組織で複数のMS-Accessがインストールされるパソコンが有る場合は、32bit/64bitが混在すると面倒な事になることが容易に想像出来ます。組織等の団体でMS-Accessを利用する場合はMS-Officeのビット数を合わせて置く必要があるという訳です。

現実的には64bit版を使わなくてはならない理由が無い限り、マイクロソフトの推奨通りOffice 32bit版で統一する事になるでしょう。64bit版のOfficeは使わない方が良い。

今回のトラブル対処方法

私の場合は、

  1. Access Runtime 64bit版をアンインストール
  2. Office 2013 64bit版をアンインストール
  3. Office 2013 32bit版をインストール
  4. Access Runtime 32bit版をインストール

これで、Access 32bit版で作成されたデータベースファイルを扱うことが出来るようになりました。もっとわかりやすく最初から注意書きしておいてくれるとかして欲しいものですが、マイクロソフトクオリティだから仕方ないです。とにかく非常にめんどくさく無駄に時間もかかりました。

f:id:sasapurin:20150313095845g:plain

もっとも、今回のトラブルに遭遇する前は予備知識が無かったので、PCのリカバリー時にOffice 2013のインストールを32bit版にするか?64bit版にするか?と尋ねられたとしても、OSに合わせて64bit版を選んだと思います。こういう違いがある事を知らない人は多いと思われます。

Office 2013を使う場合は、32bit版をインストールする事を強くオススメします。

support.office.com

Access Runtimeとは

Access Runtimeというアプリは、Microsoftの公式アプリで、Accessを持っていなくてもAccessで作られたデータベースを使用することが出来るものです。使用出来るというのはデータベースファイルを開いてレコードを見たり、編集したり出来ますが、データベースの構造を変更(改造)したりは出来ません。ビューアー的な位置付けです。データベースの最適化(コンパクト化)も出来ません。

小さな企業や団体等では、費用を抑える為にMS-Accessを1つだけ(最小数)購入してそれでデータベースを作成したりメンテナンスし、他のクライアントPCではAccess Runtimeをインストールして複数のパソコンでデータを入力する等して、データベースを操作出来ます。

管理者用にMS-Access、利用者のPCにはAccess Runtimeをインストールという感じで運用すれば設備投資は最小限で可能です。Accessのライセンス費用を抑えることが出来るので、この仕組は同じデータベースでもFilemakerよりもずっと良心的だと思います。ボリュームライセンス版を購入出来るような組織なら関係ないセコ技ですけどちょっと知っておきたいテクニックだと思います。

Download Microsoft Access 2016 Runtime from Official Microsoft Download Center

Excelにも32bitと64bitの互換性に問題あり

Excelでも64bitでは困ることが出てきました。64bitのExcelではCOMアドインが使えないという仕様上不便な事があるのです。COMアドインを使う前提で作られたブック(Book)が動作しない可能性があります。

mypace.sasapurin.com

64bit版Excelを使うメリットは、異常に大きいデータを扱う時以外無さそうです。一般的な用途では32bit版で十分でしょうし無用なトラブルに遭遇しない為にも、推奨されている方を使うべきでしょう。

メーカーへの要望

Officeのインストーラーはもう少し配慮をすべきだと思います。インストーラーで、ただ単に「次へ」をクリックさせるのはユーザーに手間を強要するだけで意味が無いと思うのです。例えば64bit版は特別な手順を踏まないとインストール出来ないように配慮するとか、違いを説明した上で選択をさせるとか配慮してくれたら良いのにと思います。

そういう事はユーザーに認識してもらっておく必要がある話であり、本当に重要なポイントです。ソフトウェアを作っている側のちょっとした配慮でこういうトラブルは回避できる類だと思うんですけどね・・

Office 2013について他の記事

Office 2013 の記事を読む - ぼちぼち書くブログ

Microsft Officeの一般ユーザー向けエディション

  • Personal
    Excel、Word、Outlookが使えれば十分だという人向けです。Power Pointを使う可能性のある人はHome and Businessを選んでおいた方が良いでしょう。
  • Home and Business
    PowerPointを使用したい人向けのOfficeです。もちろんExcel、Word、Outlookは含まれています。より多くを望むならStandardProfessionalをチョイスすることになります。
Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)
 
Microsoft Office Personal 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)

Microsoft Office Personal 2013 [プロダクトキーのみ] [パッケージ] [Windows版](PC2台/1ライセンス)

 
KINGSOFT Office 2016 Personal パッケージCD-ROM版

KINGSOFT Office 2016 Personal パッケージCD-ROM版

 
KINGSOFT Office 2016 Complete Edition

KINGSOFT Office 2016 Complete Edition

 
KINGSOFT Office 2016 Standard フォント同梱パッケージCD-ROM版

KINGSOFT Office 2016 Standard フォント同梱パッケージCD-ROM版