ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

ロリポップにするか?さくらにするか~レンタルサーバーの仕様調査

 仕事の関係でレンタルサーバーを借りることになりそうなので調査をしています。元凶はOCNのPage Onというホームページスペースのサービス提供が終了した事です。OCNはブログ人というサービスも過去に終了させてしまってますし、今回はホームページのサービスも終了(廃止)です。ほんとに困ったISPだと思います。

しかも、おそらくメールで通知が来ていたのでしょうがメールアドレスを使用している人がそのメールの内容の重要性に気づいていなかったらしく、Page Onが終了してホームページが見られなくなってようやくOCNのホームページが止まっていることが発覚しました。Web Site Explorerで取ってくるのももはや無理です。

ホームページを制作した時の担当者は既に在籍していないのでFTPのアクセス情報とかも分からなかったりして、引っ越しさせるにも困る状態です。幸い、OCNも想定しているのかバックアップを持っているらしく、パスワード制限付きでWebからコンテンツのダウンロードをできる様にしてくれました。一方的にサービス中止ですから、サーバー運営しているならそれくらいの備えはしておいて当然かなと思います。完全に消したら最後どうしようもありませんからね。

さて、コンテンツを確保できたら代わりのWebサーバーにコンテンツをアップロードしなくてはなりません。当然ながらURLは変更になるのでネット上に存在しているキャッシュやリンク情報は既にゴミです。新たなURLで浸透させるべく工夫が必要です。この機会に独自ドメインを取得してした方が良いと責任者に進言しています。

そこでレンタルサーバーの仕様を詳しく知りたくなりました。

  • ホームページが異なるチームで3つ
  • メールアドレスが3チーム(ドメイン

レンタルサーバーを1つ借りて、ドメインを3つ取得して、マルチドメイン機能で使い分けを出来れば管理も一箇所ですし費用も抑えられて合理的です。Webサーバーのマルチドメイン機能は使ったことがあるので知っていますが、メールもマルチドメインに対応しているか?を確認しなくてはなりません。

とりあえずさくらインターネットの電話問い合わせに電話しました。すぐにこちらの意図を分かってくれるオペレーターでしたので話が早かった。結果的にはメールもマルチドメイン対応OKでした。ただし、さくらのメールではユーザー名がユニークである必要があるとのこと。下記の様な使用は出来ないとのことです。

  • info@red.com
  • info@blue.com

上記はinfoというユーザーになるので、それぞれに送られてきたメールがinfoというユーザーのメールボックスに入るとのことでした。もしこれを実現したい場合は、ビジネスプランを使えば可能だとのことです。ユーザー数もホームページ容量も知れてるので費用的にはライトかスタンダードを考えているのでビジネスプランは見送ることにします。下記のようにすれば良いのです。

  • info-r@red.com
  • info-b@blue.com

こうすればinfo-rというユーザーとinfo-bというユーザーに分かれますから問題ありません。当然ながら人の名前でも同様です。

  • suzuki-y@red.com
  • suzuki-m@blue.com

鈴木さんを2名分ける為には、名前の頭文字を付加する等の工夫でこんな感じになるでしょう。同じグループに同姓の人がいたら同じ問題に遭遇するので、予め命名規則をしっかりしておくと良さそうです。

さくらが出来るのでロリポップも同じだろうなと、マニュアルページを参照してみたらメールアカウントを作成する際に@より右側(ドメイン)をマルチドメイン登録しているドメインをプルダウンボックスから選べる様になっていました。(さくらのマニュアルはわかりにくい)

という訳でロリポップでも、さくらでも共存させることが可能だとわかりましたので費用と管理の一元化を考慮してこの計画で提案してみようと思います。さくらVPSを長年愛用している個人的心情としてはさくらの方が信頼出来そうに思いますが、ロリポップのわかりやすさも魅力です。