読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

Windows 7ノートパソコンもSSD化~最初に呆れる程更新プログラムが降ってきた

かみさんが使っているWindows 7のノートパソコンを久しぶりに触ったら、呆れるほど遅くてはっきりいって使い物にならない遅さだったので、HDDをSSDに変更してWindowsを再インストールしました。

SSDは、KingstonのSSDNow V300 120GBにしました。三年保証つきだそうです。

現状500GBのHDDを使っていましたが、空き容量も沢山でしたからこれで十分でしょう。それよりもHDDだと遅すぎますからディスクの空き容量以前に大問題なのです。

f:id:sasapurin:20150829120551j:plain

結果、快適なレスポンスで使用可能になったのですが、Windowsの更新が呆れるほど落ちてきて、しばらくは使い物になりませんでした。

シャットダウンする度に更新が走って電源切れないし、使おうと思って電源入れてもしばらく使えないし。

とりあえず200個の更新プログラムがあるそうですよ・・・

f:id:sasapurin:20150830131726p:plain

もはやWindows 7はオワコンっていうのも納得がいく様な気がします。それでもWindowsパソコンじゃなきゃならない場面はありますから仕方ないです。

私も、どうしてもWindows 7じゃなきゃできない作業(USBメモリーが特殊なのでLinuxやWindows 10では認識しない)はこのノートパソコンを借りることあります。

とりあえずネットに接続して検索したり、ちょっとした作業をするには十分に快適なPCに復活しました。私は普段はLinux(Ubuntu)のノートパソコンを使って、時々このWindows 7パソコンを借りることにします。

約6,000円の投資でこれだけ快適さを取り戻せるなら価値はあると思います。何しろ遅くてイライラさせられ、貴重な時間を無駄にしていたのですから。貴重な時間は誰にも取り戻すことはできませんから大事に使わなくてはね。

追記

職場のPC(Windows 7 Profeesional 64bit)も激遅状態になりました。出勤して電源を入れてWindows 7が起動後、ログインしても作業出来ず。20分程待たないと作業出来ません。メーラーすら立ち上げられない。

タスクマネージャで見ると裏で何かが動いているらしく(CPU稼働率はさほど上がってない)、ハードディスクへのアクセスが途絶えることがありません。そのまま放置し20分程すると落ち着きます。これが毎日続きます。

時々再起動する必要に迫られる事もあり、そうするとまた20分操作出来なくなるので、流石に仕事にならないと判断し、ダメ元でSSDに交換しました。SSD化する時に容量を削る為にMyDocument等を外付けUSB HDDへ引っ越しさせるなどの細工をしました。

結果、ウソのように戻りました。起動も1分程で済みますし直ぐに使用できます。普通のパソコンに戻った感じです。(今となってはSSDの激速さは感じませんが・・)

使い物にならないと感じていたWindows 7ですが、普通に使えるようになりました。SSDへのアクセスは起動時に激しく行われている様ですが直ぐに落ち着きます。やっぱりWindows 7はディスクアクセスが多い様です。しかしSSDはそれを軽く済ませるだけの性能があります。やっぱりSSDは凄いですし今となっては必須といえるデバイスでしょう。