読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

鏡ダム:高知市〜想像していたよりも小さなダム、そして静かな場所でした

今年の夏は、まだ鮎を食べてません。

鮎を食べるのが目的なのか、鮎を釣りたいという衝動に駆られて色々行動してみる事にしましたが、鮎を食べてしまうとこの機動力が落ちそうなので(笑)まだ食べずに頑張っています。

高知市内を流れる「鏡川」を遡って行くと鏡ダムに行き着きます。以前も記したのですが仁淀川は広すぎる川なので鏡川で鮎を釣ってみたいなと思って、まずは鏡ダムを目指してみました。

高知市内の鏡川に沿って遡上していくと高知商業の所在する辺りから山の方に向かってカーブして行きます。高知商業の辺りから15分少々バイクで走れば鏡ダムに到着しました。ずっと山奥にあるイメージでしたが思っていたよりも近かったです。

f:id:sasapurin:20150912112154j:plain

右下に見える設備を見るとこのダムの水力で発電してるようですね。

ダムの上(湖上)はこんな感じでした。言うほど広くは無い感じですが人けが全くなくてちょっと怖い感じがします。静か過ぎる・・

f:id:sasapurin:20150912112217j:plain

ダム湖で釣りをしている人は全く見かけませんでした。おそらく何かしらの魚は生息していると思いますが釣り場としては使われていない様です(裏は取ってませんので個人的な推測です)。

流石に鮎でもダムを遡上するのは不可能でしょうし、写真に見える所まで遡上して来ているとは到底思えないので、鮎狙いならもっと下流の方でポイントを探す事になると思います。鏡ダムから数キロ下流の方では土日は鮎釣り師が川に入っている姿を見られるので、釣り師がいる場所=鮎が釣れるポイントという事で良いと思います。

地図でもわかりますが、鏡ダムから降りてくる時、直ぐ近くに鏡中学校がある事に気づきました。こんなところに学校があるとは思ってもいなかったのでちょっと驚きでした。結構上り坂なのでこの学校の学生の足腰は鍛えられていると思います。