ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

旧式のデジカメで撮影〜Webで使用する写真撮影ならまだまだ余裕で使える事が判明

最近持ち歩いていたデジカメが使えなくなったので、今日は昔使っていたデジカメを引っ張りだして出かけてました。このぶ厚さが時代を物語っていますが、バッテリーも生きてて問題なく使用出来ました。

f:id:sasapurin:20150920233059j:plain

当時からこのデジカメは描写性能が良いという評判だったのですが、このデジカメは暗いところでのAF精度が悪く、また写りがイマイチだと思っています。通常のフラッシュ撮影は完全にアウト(FEロックで撮影したら結構満足の行く映りだけど操作が面倒)って感じで自分の中では評価しています。

逆に言うと、晴天下での屋外撮影は無敵って位に良い描写をしていたので、今でも行けるんじゃないかなと思って持ちだしたのですが、Web用(ブログ記事)に使用するには十分な撮影が出来たと思います。

確かに今どきのデジカメで5.0メガピクセルというスペックは考えられないかも知れませんけど、Web用途なら使用する画像サイズは小さいので必要にして十分だと思いました。実際、私もブログに掲載する際には縮小したりトリミングしたりしてますし。

数値上のスペックはスマートフォンのカメラの方が完全に上ですが、実際の描画は画素数が少なくても、旧型でもデジカメの方が優秀な写りだと思います。光学ズームが実用レベルなのは沈胴式と言えどもコンデジならではでしょう。レンズの性能が違いますから当然と言えば当然なのかも知れません。

しかし「レンズの性能(構造)からしてデジカメの描画が圧倒的」という程でも無いのは技術の進歩だと思います。そのうち画期的なレンズ技術が開発されたらデジカメ(専用機)の存在意義などなくなるのかも知れませんね。

IXY DIGITAL 500の特徴として、空の色が青く写る癖があります。実際よりも青く写るのですが、それは絵作り的には有りだと思っているので、こういう写真はこのカメラにとっては得意な場面だと思います。

足元に竹が沢山並べられているのをこのデジカメはきちんと捉えています。この画像は縮小しているので分かりにくいと思いますが・・

f:id:sasapurin:20150920210808j:plain

本当に青い空が心地よい一日でした。
仁淀川は広いのでこの河川はレジャーにも良い場所だと思います。

今日の行き先は仁淀川の豊穣祭です。鮎の串焼きは圧巻でした。

f:id:sasapurin:20150920154004j:plain

串打ちの作業と言い、焼き場の設営と言い、気が遠くなりそうな作業ですが、漁協の方たちが早くから準備して下さっているので私達が楽しむことが出来るのだと思います。とにかくその労働に感謝しなくてはいけないと思いました。

f:id:sasapurin:20150920152716j:plain

f:id:sasapurin:20150920152548j:plain

写真は一般的に逆光NGと言われますが、こういう被写体は逆光の方が質感と立体感が出ると思っています。尾びれの透け具合なんかは逆光でしか表現出来ませんからね。

久しぶりにこのデジカメを持ちだしてみて、また写真を撮影する楽しみを思い出したような気がしました。液晶ディスプレイが小さくて見づらいのですが、昔のカメラはファインダーから覗いてフレーミングしていました。もちろんフィルムの時代は現像に出してからじゃないと結果がわかりませんでした。

このデジカメは液晶ディスプレイでみた限りはうまく撮れている様に見えても、家に帰ってからPCに取り込んで表示してみたらピントが微妙にズレてたとか反省させられたりもします。一枚ずつ丁寧にピントが合ったことを確認してシャッターを押して確実に撮影していくという基本を思い出した様な気がします。

この機種はバッテリーを結構消耗するので今どきのデジカメの様に気軽にパシャパシャ撮影するという事が気軽に出来ないカメラでもあります。その不自由さが逆に撮影を丁寧にさせるというか、そういう意識を思い出させるのはなんとも不思議です。

ノスタルジーな思い入れがある訳じゃないのですが、このカメラに組み込まれている機能を上手く使い分けて、上手に写真を撮るのも面白いなと今更ながら思ったりしています。案外この時代のコンデジには基本機能が充実しているので使い方を把握するとシーンによっては狙い通りの結果が簡単に得られたりして思いがけない満足感が得られたりします。