読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

LANDISK HDL-GTR2.0ファームウェア1.37で容易に4.0相当に~ジャンク品に新品HDD購入で再稼働出来た

PC-ハードウェア PC

中古(ジャンク)のRAIDなNASをヤフオクで購入し、新品HDDをバルクで購入して構成に成功したことを先日記しました。

mypace.sasapurin.com

私が購入したのは「HDL-GTR2.0」という型番の2TB(500GB✕4本)モデルですが、ハードディスクが無い状態のジャンクでした。但し欠品はハードディスクで肝心要の「システム」もありません。

新品のハードディスクを購入することにしましたが、1TB✕4本で行くことにしました。2TB✕4本にチャレンジしようかとも思ったのですが、このモデルの発売時のラインナップからすると4TB(HDL-GTR4.0)が最上位だったと見受けられるのでこれが上限かも知れないと安全策を取りました。

システムの種は同じ機種を持っている知人からCOPYさせて頂きました。新しく買った1TBのハードディスクを仲間に加えてもらって種をもらいます。別に難しいことはしていません。時間だけが解決してくれます。

カスタマイズが必要なのか?

問題は容量が違う環境の種(知人の環境は1TBだった)をもらった場合、ハードディスクの一部分しか使わないので空いた容量の部分が無駄になるとか言う話がリサーチ段階でありました。

ネットでこの辺りのことについて検索したところ、Linux等にマウントしてパッチを当てるとかしなきゃならない感じだったのですが、結果的にはファームウェアを現行の新しいもの(Ver1.37)にしているせいか、システムファイルをカスタマイズしたりする必要はありませんでした。ディスクカートリッジを適切に差し替えて管理画面から操作するだけです。

bbs.kakaku.com

手順の概要を簡単にメモしとく

RAID崩壊モードで起動(IPアドレスが192.168.0.200)して、メンテナンスを実行して種システムの入ったハードディスクから残りの3本にシステムをコピーさせます。知人の環境はRAID0+1になっていたのでその状態にウチの環境も構成された感じです。

ただ、約12時間に渡るメンテナンス(再構築)の後(一晩中再構築が動いていた)、DISK#1~#4のLEDが揃って青く点滅して全く先に進まなくなりました。丸一日放置したのですが変化が無いので、電源スイッチを長押ししたり、リセットボタン(裏にある)を棒で押したりしたのですが変化がありません。電源が切れないので強制的に電源を切るしかなくなりました。マジカルファインダーで検索してもPCから見つけられないし、192.168.0.200でも応答が無いのでどうしようもありません。やりたくは無いですが強制的にコンセントを抜きました。

しばらくしてから電源を入れると、青いLEDが非同期な感じで点滅してシステムを読み込んでいる感じです。そして最後に「ピーピーピー」と3回ブザーが鳴ってディスクのLEDは赤く点灯したまま止まりました。PCからマジカルファインダーで検索したら見つかりブラウザで管理画面を表示出来ました。

RAIDが崩壊しているうんぬんと書かれていましたが、管理画面が表示される様になったのでここでボリュームの操作を行うことにしました。元々知人宅で動いていたRAID0+1の構成だったのを、まずはRAID0にして1TB✕4をフルに認識させてみようと思いました。結果的にこれは正解だったらしく、4TBのストライピングに成功しました。(これは10分位で終わりました)

いよいよRAID5

次に、私が使おうと思っているRAID5に変更します。sambaの共有情報が消えますみたいな警告が表示されましたが、私はまだ何も設定してないので消えても問題ありません。知人が使っている環境の痕跡が残っているのでしょう。気にせず進めると60分位でRAID5に変更できました。

RAID0+1(->)RAID0(->)RAID5

ログを見てみると、やはりRAID崩壊で起動し、DHCPでIPアドレスを取得し、Web管理画面にログイン出来る様になってからRAID0に変更できています。その後にRAID5への変更を行ったので設定内容に変更を生じているらしく、最終的にRAID5で動作する様になりました。

かかった時間は、システムの種を手に入れてから、

  1. RAID崩壊モードより復元RAID0+1(12時間)
  2. 青LED点滅様子見(8時間)
  3. 初期化(オールゼロ消去)(5時間位?)
  4. RAID0へ変更(10分)
  5. RAID崩壊モードより復元RAID0(10分)
  6. RAID崩壊モードより復元RAID0(10分)
  7. RAID5へ変更(24時間)

程度かかりました。

RAID崩壊モードからの復元を2回やっているのは、元々1TB(250GB✕4本)なので一度ではハードディスク容量をフルに認識してくれなかった為です。ハッキリ記録していないのですが、1.7TB、3.4TB、4.0TBという感じでRAID0の容量が増えていく仕組みでした。

青LED点滅についての様子見(8時間)は結果的に無意味だったので、手順さえわかって段取り良く進めれば2日あればRAID5の構築待ちまで出来そうです。RAID5化は4TBの場合24時間以上とやたら時間がかかる様です。システムだけでデータは空のディスクなのに構築で丸々24時間以上かかる訳です。

つまりRAID5でディスクが1本故障した場合、その故障したものを良品と入れ替えて再構築になったら丸一日動きっぱなしになり、立て続けに壊れるというリスクがやはりある訳です。RAID5はやっぱり危うい方式ですね・・

ログをコピペして置きます。上に記した(6-7)の手順のところです。

12月15日 00:33:05 ログ記録 開始
12月15日 00:33:07 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:33:07 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:33:07 デバイス管理 RAID崩壊モードへ移行.
12月15日 00:33:14 DHCPクライアント DHCP失敗: AutoIPアドレス: 169.254.247.3
12月15日 00:33:14 ディスク 致命的エラー: 内蔵ハードディスクをマウントできません.
12月15日 00:34:26 WEB設定画面 管理者ログイン成功 : (169.254.12.182)
12月15日 00:35:20 デバイス管理 sata2: 開始
12月15日 00:35:55 デバイス管理 sata2: 開始処理正常終了
12月15日 00:35:56 デバイス管理 sata4: 開始
12月15日 00:36:29 デバイス管理 sata4: 開始処理正常終了
12月15日 00:36:31 デバイス管理 sata3: 開始
12月15日 00:37:03 デバイス管理 sata3: 開始処理正常終了
12月15日 00:39:13 共有設定 disk1: 共有削除
12月15日 00:39:15 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:40:15 共有設定 disk1: 共有追加
12月15日 00:40:15 共有設定 disk1: 所有者変更
12月15日 00:40:15 共有設定 disk1: netatalk の属性変更
12月15日 00:40:15 共有設定 disk1: comment の属性変更
12月15日 00:40:16 共有設定 disk1: 所有者変更
12月15日 00:40:16 共有設定 disk1: samba の属性変更
12月15日 00:40:18 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:40:26 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:40:29 RAID監視 監視プログラム開始
12月15日 00:40:50 デバイス管理 RAID構成変更完了: => raid0
12月15日 00:45:16 共有設定 disk1: 共有削除
12月15日 00:45:18 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:45:34 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:45:34 RAID監視 監視プログラム停止
12月15日 00:46:11 共有設定 disk1: 共有追加
12月15日 00:46:11 共有設定 disk1: 所有者変更
12月15日 00:46:11 共有設定 disk1: netatalk の属性変更
12月15日 00:46:12 共有設定 disk1: comment の属性変更
12月15日 00:46:12 共有設定 disk1: 所有者変更
12月15日 00:46:12 共有設定 disk1: samba の属性変更
12月15日 00:46:15 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:46:23 共有サービス設定 設定変更
12月15日 00:46:26 RAID監視 監視プログラム開始
12月15日 00:46:45 デバイス管理 RAID構成変更完了: => raid5
12月15日 05:32:09 RAID監視 /dev/md10: 再構築 20 % 完了
12月15日 10:16:35 RAID監視 /dev/md10: 再構築 40 % 完了
12月15日 14:59:41 RAID監視 /dev/md10: 再構築 60 % 完了
12月15日 19:45:47 RAID監視 /dev/md10: 再構築 80 % 完了
12月16日 00:32:22 RAID監視 /dev/md10: 再構築終了
12月16日 00:56:19 ログ記録 終了

管理画面のレスポンスが異常に遅い

ただ、全般的にこの機種もそうですし、HDL-XVとかHDL-XRとか、管理画面の動きが非常に遅いです。操作に対してのレスポンスが緩慢で業務用にはとても使えない代物です。人数が多い場合とかまるで苦行になると思います。

更に致命的なのは設定を変更して反映させると、そのタイミングでファイル共有が瞬断する感じが多発します。ネットで調べたところこういう仕様らしく、瞬断するのは仕方がないというメーカーの見解が返ってくるというレベルの様です。

あくまでも家庭用、もしくはSOHOレベル(数人)でファイル共有する用途にとどめるべきでしょうね。とてもじゃないですが業務用のWindows ServerやLinuxサーバーとは比較出来ないレベルのファイル共有です。

個人用の大切なデータを保護する意味ではRAIDも有効ですし、数名で時々使用するレベルであれば瞬断も許容出来る範囲でしょうから用途しだいという事です。

アイ・オー・データ機器 WD Red搭載 RAID6対応 大容量ビジネスNAS 「LAN DISK」 8TB HDL-XR8.0W

アイ・オー・データ機器 WD Red搭載 RAID6対応 大容量ビジネスNAS 「LAN DISK」 8TB HDL-XR8.0W