読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

トイレの換気扇スイッチをカスタマイズ~第二種電気工事士の資格を取ったので大っぴらに作業出来る

日記 生活 ハードウェア

唐突ですが、ウチのトイレの換気扇は照明のスイッチと連動していて、照明を切った後もしばらく動いていて、タイマーでスイッチが切れる構造になっています。

しかし、これ真冬には有り難くない機能だったりします。できればトイレに入っている間は換気扇に回って欲しくありません。強制的に換気されると寒いからです。

そこで、トイレのスイッチに細工をする事にしました。

使われているスイッチは、パナソニックのWN5276という高機能スイッチです。真面目な話通常の片切りスイッチが200円で購入出来るところ、このスイッチは2,000円以上で販売されています。

f:id:sasapurin:20160213184955j:plain

現状、スイッチはこの1つしか使われてないので、パナソニックフルカラーのメリットを活かして、スイッチを増設する事にしました。要するに強制的に換気扇への通電を切るスイッチを配線間に噛ませます。

必要となるものは、

  • 片切スイッチ(WN5001P)200円
  • フルカラーモダンプレート2個用(WN6002W)90円
  • IV銅線(10cm程)くず線を持ってるので0円

今まで、換気扇への通電スイッチは直接配線されていましたが、今回購入した片切スイッチを経由して換気扇に配線しました。既存スイッチと増設したスイッチの間はIV銅線で渡り配線します。

スイッチが1個から2個に増えたので、モダンプレートを1個用から2個用に変更します。これに伴ってスイッチの取り付け位置も変更。工具さえあればちょいちょいです。

f:id:sasapurin:20160213184423j:plain

上が換気扇を強制的にOFFするスイッチで、下がトイレの照明と換気扇のスイッチです。下のスイッチは右側に倒すとトイレの照明+換気扇に通電ですが、上のスイッチを右側に倒している状態でなければ換気扇は回りません。

つまり写真の状態で下のスイッチをONしても、換気扇は回らないので寒い思いをしなくても済みます。トイレから出て換気扇を一定時間(3分)タイマーで回したければ、上のスイッチを右側に倒します。

290円(ホームセンターで買ったけど実際はもう少し安かった)で一工夫出来ました。家族の理解が必要ですが、難しい話じゃないので大丈夫です。

参考までに一般的なスイッチの話

私の実家がそうですし、以前住んでいた家もそうでしたが、換気扇のスイッチと照明のスイッチが別々になっていて、換気扇は回しっ放しにするか気がついた時に止める電気配線をするのが一般的だと思います。

今の家に越してきてこのスイッチが使われているのを見て、金かけてんなと思いましたが、冬になってから「不便だな、寒いな」と思う様になりました。別々に配線していたら換気扇のスイッチを入れなきゃ良いだけですからね。

せっかく換気扇用のタイマーを内臓したスイッチになっているので、それを活用する方向で(換気扇を止め忘れることを防げますのでまぁ節電ですね)改修したいなと思った次第です。

第二種電気工事士の試験にはこういう課題は出ませんでしたが、別にやっちゃいけない配線では無いですし、電気的におかしな事でも無いので有りだと思います。配線の色や基本ルールさえきちんと守っておけばやりたいように出来ます。

単純なスイッチの組み合わせですが、パナソニックには色々なスイッチがあるので、自分でスイッチを交換したり配線を変更出来るのはメリットだなと思った次第です。これで無意味に寒い思いしながら換気扇を回すことを強要される事は無くなりました。