ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

カーステレオでスマートフォンの音Jango Radioを聴く~FMトランスミッターが一番汎用性が高いと判断

先日記した記事で、Jango Radioで聴ける音楽を、仕事用の車でも聴きたいからCD-Rに焼き焼きして、CDプレーヤーで再生するという発想を試してみましたが、行きついた結論は「面倒くさい割に快適じゃない」というところでした。

そもそも複数の車両があり、それぞれにカーステレオ的なデバイスのタイプが違うので、CDプレーヤーがついている車両ならCDを聴けるという発想でした。Jango Radioを録音してCD-Rに焼くという手間をかけても移動中に音楽を聴きたいということからこの発想に至った訳ですが、ふと思い出したのがスマートフォンに実装されている「FMトランスミッター」機能でした。

FMトランスミッターとは、音楽等を再生した際にFMラジオが受信できる種類の微弱電波を発信する機能で、この機能を使えばFMラジオが受信できるカーステレオならボロい車種だろうが音楽を聴けるという手軽さを活用できる機能です。

ただし、私のスマートフォンには課題があってデータ通信契約をせず携帯電話としてのみの使用に限定される為、別途モバイルWi-Fiルーターなどを併用しないと、車で走りながらJango Radioを受信することができません。

そこで、既に退役した古いスマートフォン(Android 2.2)を引っ張り出して来て、こいつにMVNOの格安SIMを突っ込んで、FMトランスミッターで飛ばせば古い車のFMラジオでも聴けるという発想に至りました。電話として使っているスマートフォンは無関係なので、バッテリー切れ等の不安もありませんし、荷物が少し増えるだけなのでそこは妥協点かなと考えました。

ただし、FMトランスミッターを使いながら、できればUSB充電したい(充電しながら音楽を発信できれば理想的)と考えるとそれなりのハードウェアが必要になります。尼でいくつかのFMトランスミッターをピックアップしてみました。ピンキリな感じで選択のバリエーションが豊富で良い感じです。

Bluetooth機能がスマートフォンに実装されていればかなりスマートな運用が可能っぽいですが、私が持っているスマートフォンの場合はどうしても有線ケーブルで接続する必要がありそうです。それでも充電しながらFM電波で音楽を飛ばせるので目的は達成できそうです。

MVNO(IIJmio)のSIMカードは、毎月ほとんどのクーポンを余らせているのでかなり無駄にしています。せっかくお金を払ってサービスを受けている訳ですから、活用しない手はないのでこの方法を採用してみようと思います。

USB充電ケーブルとAUXケーブルは、百円ショップで入手したものがあるので、FMトランスミッターさえ入手すれば実現できそうです。仕事とは言え、移動で数時間ぼけーっと過ごすのと、音楽を楽しみながら移動できるのとでは、同じ人生の残り時間を削っているプロセスでも大違いだと思います。FM/AMラジオしかついてない車両にも乗るので、これはゲットするしかなさそうです。

仕様をチェックした結果、BESTEKのUSB充電ポート付き、USBメモリーにも対応というのが気に入ったのでこれにしようと思います。電話のハンズフリーにも対応しているっぽいので、音楽再生以外でも活用できそうな気配です。

BESTEK FMトランスミッター bluetooth ワイヤレス式 シガーソケット usb 2ポート 充電可能 12V 24V 車用 FM transmitter BTBC06

f:id:sasapurin:20160319115342j:plain