読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

土佐の豊穣祭2016:吾川郡いの町~台風にやきもきさせられる雨降りの一日

グルメ グルメ-高知 日記 高知

お昼くらいから雨が降っています。昨年のこの日はブログ記事によると仁淀川のイベント「土佐の豊穣祭2015」に行き、美味しい鮎を食べたのですが・・

mypace.sasapurin.com

今朝、起きてからすぐに伊野町のHPをチェックして開催されるという事を確認したのですが、これだけ本降りな雨が降っていると、足が重くなるのも当然です。何しろ屋外イベントですし、メインの鮎の串焼きは、河原で焼くので雨が降ると難しいと思われます。

www.inofan.jp

f:id:sasapurin:20160917141019j:plain
f:id:sasapurin:20160917141030j:plain

もちろん、イベントには運営側として携わる人の頑張りがあっての事なので、雨には降って欲しくなかったし、参加して楽しませてもらいたいと思っていたのですが、今年はくされ台風のせいで一週間前から無理っぽいという状態だったので、どうしようもありません。

時々日が差し込んできて異常に明るくなったりするので、天候が回復するかなと思いますが、直ぐにまた強い雨が降ってきたりと、本当にくされ台風だなと思います。今日が雨で中止決定なら明日に繰越。しかし明日はもっと台風の影響を受けるかも。なんでよりによってこの季節に近寄って来るか!

雨に濡れる事すら楽しむしか無い一日

結局、イベントには参加するのを諦め、夕方、鮎の串焼きだけゲットしにバイクで行ってきました。

途中、雨が降ってきてカッパを着ていたのですがびしょ濡れ(汗だく)になってしまいました。グローブもビショビショですし中は蒸れ蒸れで最悪です。それでも気を取り直して少しだけ楽しもうとイベント会場に。

波川公園の入り口右脇に駐輪場が用意されていました。そこに駐輪して徒歩で会場まで移動します。カッパを着たままなので移動するだけで蒸れて蒸し暑い。もう秋のはずなのになんなんでしょうね今年は。

19:00頃に着いたので河原のキャンドルライト(竹を輪切りした中にキャンドルが仕込まれている)の夜景を撮影してみたのですが、スマートフォンのカメラ不調だったらしく5~6枚撮影したのに1枚しか保存されてなかった・・慎重に撮影したつもりなのですがブレてます。性能の悪いスマートフォンのカメラじゃこれが限界。空は怪しい色模様です。

f:id:sasapurin:20160917194056j:plain

ちょっとだけ会場の様子を見てから早々に引き上げる事にします。賑やかに演奏と踊りが披露されており、楽しんでいる人も見えますが、やはり天候に恵まれなかったせいか、昨年に比べると人が少ないです。

私はビショビショじゃくつろげるもんじゃないので、早く帰りたいという気持ちしかありませんでした。雨降りでバイクは弱点突かれているのでどうしようもない。やっぱり車は要るなぁ。

f:id:sasapurin:20160917194259j:plain

鮎を購入して帰ります。昨年も帰りにまだ残っていたのでお土産に買って帰ったのですが、今年も19:30の時点でまだ残っていたので購入出来ました。大きな鮎は真っ先に売れたと思いますけどね。残り物に福ありと思っておきます。

帰りも大雨に見舞われたのでびしょ濡れになりました。着たばかりの服は洗濯物入れに直行です。

f:id:sasapurin:20160917194629j:plain

本当は1串500円のところ、6串で2,000円にしてくれました。

正確なところは分かりませんが、去年より鮎の魚体が大振りな気がします。もっと大きいの(尺鮎)もあったかも知れませんが、この季節の鮎を食べられるだけで満足なので売り子さんの言い値で購入。うまそうな香りがしています。

あとがき

今年は天候に恵まれなかったので私個人としてはイベントを楽しむことが出来ませんでしたが、鮎を食べられたのでそれだけは強く感謝です。鮎を獲ってくれた人、焼いてくれた人、イベントの準備をしてくれた人達に感謝しつつ、今年はゆっくり自宅でいただくことにします。

イベントはなんでもそうですが、運営側のスタッフさんが頑張ってお膳立てをしてくれるので参加者が楽しめるという事を忘れてはいけないと思います。ゴミを散らかすとか言語道断。そういう事に気づくと職場の飲み会とかも裏方に回った人のおかげで飲んで楽しんでが出来るんだなと再認識出来ます。

雨の中、イベントの運営をして下さった多くの人たちに感謝いたします。
来年は天候に恵まれますように、そして多くの人達が集まって現地で楽しめるようにと願っています。