ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

手巻きタバコで自分好みの煙草を愉しむ~お小遣いを少しでも節約したいスモーカーにもオススメ

先日訪れた、たばこ店で販売されている袋に入った謎の白い物体について、店員さんに質問したところ、手巻きタバコ用のフィルターだと言う回答が返ってきました。

親切な店員さんで、手巻きタバコの巻き方を見せて下さいました。

ローラーの間にフィルターとタバコ葉をセットしてクルクルとローラーを回転。その後紙を入れてクルクルさせながら最後に舌で唾液を付けて巻紙を付けます。専用の紙の端には糊が付いているそうです。そう言えば映画で観たことがある。

手巻きタバコは日本人にはあまり馴染みが無いそうですが、海外では多く愛用されているそうで、外国人のお客さんが良く買いに来るそうです。会計を済まし早々に店内で手で巻いてお店から出て行きながら吸い始めるとか。そんなに簡単に巻けるものなのでしょうかね?

店員さんいわく、外国人は細かいことは気にしないので適当にちゃっちゃと巻いて吸い始めるとか。日本人的にはそれはどうなん?という気持ちになります。

そんな日本人でも納得出来る様に巻ける「手巻き用の道具」が、500~600円程度であるそうなので、面白そうだから入門セットを一式買ってしまいました。

f:id:sasapurin:20170204185813j:plain

フィルターは好みで選べ、長いタイプ、短いタイプ、細いタイプ、太いタイプ、チャコールフィルター内蔵のタイプ等各種取り揃えられていました。タバコ葉(シャグ)はチェのレッドをチョイス。

コストパフォーマンス高い?

私は「チェ(che)」の手巻き用タバコ葉(シャグ)を選び購入しましたが、店内には色々な種類が取り揃えられていました。チェには専用のペーパーが50枚付属していると書かれていたのでペーパーは今回は買いませんでした。当面は付属の紙で巻く練習をします。

一応参考の為に購入価格を記しておきましょう。

  • チェ・シャグ25g(紙50枚付):550円
  • ZIGZAGローラー:648円
  • ピュアフィルターレギュラー200個:380円

タバコ関係には税金が含まれているらしくキリの良い価格ですが、手巻き道具は600円(税別48円)となっています。しめて1,578円なり。初期投資がちょっとかかります。

この記事を読んでくれた人にも分かりやすくコスパを計算してみます。比較しやすい様に20本入りタバコの価格として計算してみましょう。

シャグ

550÷50=11円(1本)なので、20本だと220円(一箱相当)

フィルター

380÷200=1.9円(1個)なので、20本だと38円(一箱相当)

合計

220円(タバコ葉代)+38円(フィルター代)=258円(一箱相当)

という単純な計算が出来ました。

一回こっきりだと余りがあるので無駄になりますが、繰り返し手巻きでタバコを吸うのであれば、チェ・タバコが一箱430円ですから、手巻きの手間を惜しまなければ、
430ー258=172円も安く愉しめます。

コスパについて考察

シャグ(タバコ葉)の詰め加減(巻き加減)によっては、付属のペーパー50枚は、ペーパーが余る(シャグが足りなくなる)可能性や、ペーパーが足りなくなる(シャグが余る)可能性もありますが、細身のフィルターでちょっとずつ味わうならペーパー50枚を使い切ってもシャグが余る可能性は十分にあります。

タバコを止められない人は、手巻きでコストダウンさせるという方法は十分にアリだなと思います。手巻きはちょっとした手間がかかるので、チェーンスモーカーはコレで気を紛らわせるというのも一案です。

開封直後はシャグの状態が最高ですから非常に美味いですし、手巻きタバコは本当にオススメです。

タバコの手巻きは難しい?

手巻きローラーには図で手順を記したものが付属していました。説明文はありませんので見よう見まねで挑戦。お店で見せてもらった手順と、図を参考にしつつやってみます。

一本目はちょっと失敗。フィルター側の巻きが甘くて隙間から直接煙が入ってきます。でもフィルターを通さない方が味わいが濃くて美味いかも知れませんが。

慎重にゆっくりふかしながら味わってみました。恐らく通常のボックスタバコとはフィルターが違う関係でしょうが、味わいが全然違います。結構煙が出ますし香りは強い。

この辺りは何度か試行錯誤しながらコツをつかむまで繰り返し練習するしか無さそうです。

と記した時点で、手巻きのやり方についてはYouTubeに動画があるんじゃ?と気づいて動画を検索したら沢山見つかりました。非常に参考になります。良い時代になったものですね。


《ZIG-ZAG》手巻きたばこの作り方 Rolling Machine編

手巻き用フィルターは細めの方がビギナー向け?

何本か巻いてみて分かったのですが、フィルターは細いタイプの方がビギナー向けには易しそうです。レギュラーの太さだとそれなりの量のタバコ葉を詰め込まなくてはなりません。タバコ葉が少ないとスカスカになります。

それなりに納得出来るものが出来たので写真を撮りました。付属のペーパーはスケルトンの様な薄い紙なので、タバコ葉が透けて見えますが、このペーパーはかなり上質な感じがします。吸っていてもペーパー自体が燃える感じは無く、シャグ(タバコ葉)が燃えるだけで、シャグを巻いてある状態を保持する事に注力されている様な感じです。

f:id:sasapurin:20170204210704j:plain

ゆっくり吸えるので満足感は結構高いです。

最初は細身のフィルターサイズで細身の手巻きタバコを作って、ほそぼそと喫煙するのが実体験からのオススメです。フィルターは200個も入っているので、またの機会に細いフィルターも買ってこようと思っています。細身で巻けはタバコ葉の消費量も減らせますので、物足りないと感じた場合にレギュラーサイズにすればコスパも抑えられそうです。

手巻き器具(ローラー)は持ち歩くの?

店員さんに手巻き器具を選んでもらった時に、「軽い方が良いからこれだね」って感じで言われながら選んで貰ったのですが、家に置いておくなら別に多少重くても関係ないんじゃないかなと、帰宅してから思った訳です。

どうやら店員さんは私が手巻きタバコを携行して、出先でも手巻きして吸うことを考慮してくれた様に思えます。今のところそんなことは考えてもいないのですが、なるほどそういう方法もありか(でも職場には持って行きづらいな・・)

ま、外人さんは手巻き用の道具すら持たずに、本当の意味で手だけでクルクル巻いて吸い始めるということなので、慣れれば出先ででも巻いて吸い始めることが出来るのでしょう。

YouTube動画を観ると、手軽に巻けているので手慣れればそれも可能そうです。好みの形でタバコを楽しめますので、手巻きタバコはアリだなって思っています。手間がかかる分、タバコを吸うという事が特別な事になり、本数も減りそうです。


手巻き煙草のつくりかた-How to make your own cigarette-TSUGE

先の投稿に記しましたが、高知市内でこの手の喫煙具を入手するには 「東岡たばこ店」と「森酒店」がオススメです。色々な喫煙具を置いてあるタバコ専門店という感じです。

下記のリンクから記事を参考にして下さい。

東岡たばこ店

mypace.sasapurin.com

森酒店

mypace.sasapurin.com

調べていてわかったのですが、シャグ(タバコ葉)を良い状態(適切な湿度)で保つには、ヒュミドールが欠かせないそうです。乾燥しすぎるとシャグは本来の風味を愉しめなくなるとか。喫煙具は本当に色々なものがありますね。でもこれは効果なものじゃないし美味しく味わいたいので買おうと思います。