ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

Windows7のキーバインドを変更する~左手小指が痛いのでCTRLキーとALTキーを入れ替えて使う

結構前から左の肩が痛くてたまりません。私はボールを投げる時は左手で投げるのですが、お箸や鉛筆は右手。つまり利き腕は右手です。

左肩と同じく、左手の小指も痛いのがずっと続いています。骨の中というか関節というか激痛でどんどん悪化している気がします。痛みを堪えて作業をすると肩こりがひどいです。肩こりから頭痛にも発展する事があります。

今日、PCの操作をしていてこの痛みは関係があるんじゃないかと思いました。キーボード操作で左手小指をCTRLキーによく使用します。CTRL+Cとか、CTRL+Vとかのキー操作です。この時結構指を開いている事に気づいたというか、今日は痛くて仕方ないので否応なしに気づきました。もう我慢限界。

そこでキーバインドを変更することにしました。具体的には「左CTRL」キーと「左ALT」キーを入れ替えます。LinuxなどのX-Window設定だと簡単に出来るのですがWindowsではどうやるんだろう?って調べてみたらレジストリをいじらないといけません。しかもコードなのでちょっとわかりにくい。レジストリをいじる事に躊躇はありませんがミスしそうな気配も。

ツールがあるだろうきっと・・・

ありました。非常にわかりやすい使い勝手でGOODです。

Change Key

f:id:sasapurin:20151103121025j:plain

Change Key」を使いキーの入れ替え設定がおわって、登録ボタンをクリックしたらいきなり再起動したはプログラム作者の配慮が足りない気もしますが、正式サポートじゃないWindows7なので仕方ないのかも知れません。Windows XPで試してみることが出来たらハッキリ言えるのでしょうがXP環境は準備するのが面倒なので省略します。

※Ver.1.5からWindows 7/Vistaに正式対応らしいです。

これでCRTLキーを親指で押しながらXCZを押すショートカットキーが使用できます。痛めている小指を温存出来るという訳です。

惜しいのは、物理的にキートップを入れ替え出来ないことです。キートップの印刷の事もあるのできちんと入れ替えて置きたいのですが。

このキーボードは各キーの大きさが違うので無理なのです。サイズが同じキートップを使っているキーボードなら可能なのでしょうが、DELL標準なのでこれはダメですね。当分は自前のキーボードを使うかな。

f:id:sasapurin:20151103121042j:plain

追記

お古のPS2キーボードを発見しました。CtrlAltキートップの幅は同じなので入れ替え可能です。早速キートップを入れ替えしました。しかしブラインドタッチが徒になってなかなかショートカットのクセが抜けません。処理速度多分半分位に落ちてます・・・

指の痛みが治まるか、キー位置の違いに慣れるまで努力するしか無いですね。

f:id:sasapurin:20151103121217j:plain

f:id:sasapurin:20151103121147j:plain