ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

プエブロナチュラル(PUEBLO)はシンプルなタバコ~iQOS経験で紙の燃える臭いが凄く気になる様になった

久しぶりに新たな銘柄の紙巻きタバコを調達して来ました。

今回買ったのは、PUEBLO(プエブロ)というドイツのたばこです。プエブロナチュラルは、アメスピ、チェ、マニトウと同様、無添加タバコを売りにしている銘柄です。

f:id:sasapurin:20170415185126j:plain

特徴としてパッケージに記載された説明によると

・化学物質無添加、無香料

・19本入り

・ネイティブアメリカンの自然栽培アメリカンバージニア葉使用

とあります。

ネイティブアメリカンというところに触れているのはアメスピと同じですね。

ほとんどの紙巻きタバコが臭くて吸えなくなった

iQOSを入手してからというもの、紙巻きタバコの殆どが臭くて美味いと感じなくなりました。美味いと思っていた、マールボロ(赤マル)も臭いが鼻につくし、ラッキーストライクなんか煙臭いだけだと感じてしまう様になってしまいました。

しかし、iQOSに慣れてきた私にも、無添加系のタバコなら紙巻きで吸えるタバコがあります。

美味いと感じられるのは、アメスピライト(黄)アメスピペリック(黒)チェ(赤)チェ(黒)わかば(臭いが当たりは美味い)、パーラメント程度になってしまいました。紙の燃える臭さがタバコ葉の臭いでうまくごまかされている感じで比較的気になりにくいのです。それ以外の紙巻きタバコでは、自分の嫌いな臭いに敏感になって旨味を感じ取れなくなった感じです。

殆どの紙巻たばこで、臭い、不味い、口の中がベタベタするという感じで体調によっては吐き気がすることもあります。吸える紙巻きタバコが減ったのでちょっと不幸になったかも知れません。

無添加タバコなら大丈夫か?

そういう訳で、無添加タバコで買い残していた、プエブロ(PUEBLO)を試してみることにしました。420円で19本入りですから高いタバコではありません。なぜ19本なのかは分からないです。

国によっては20本から税率が上がるという法律があるらしく意図的に19本にしているそうです。

プエブロは、シンプルなタバコの香りがします。残念な事に紙が燃える臭いは好きじゃありません。でもタバコの香りと味わいはしっかり感じ取れるので、これは吸えるタバコの位置づけです。出来れば巻紙を手巻き用のスローバーニングに巻き直して吸ってみたいです。吸い残りの部分を揉み落としてタバコ葉だけ燃やすと香りは凄く良いですからね。

プエブロのコスパを考えてみると、420円で19本入りのプエブロに次いで安いチェが20本入りで430円ですから、本数で割ると1本当りの単価はチェの方が少し安くなります。もちろんアメスピは20本入りで480円なので一番高いです。

もちろん、わかばが一番安いですが常喫するには強すぎます。(少し口の隙間から空気と一緒に吸い込む方法で調整できますが)

味わいは普通のタバコで香りは比較的良い

タバコは嗜好品なので、人それぞれ好みがあるという前提で、私の感じたことを記します。プエブロは無添加タバコと言う位置づけで考えるとシンプルなタバコの香りと味わいを愉しめます。少し辛口な印象ですが常喫するタバコとしてはアリだと思います。

惜しいのは、巻紙が燃える臭いが気になる点です。どうしても紙巻きに使っている紙の燃える臭いは嫌いです。よく見るとストライプ状になっているので、燃焼剤が入っていると思われます。市販の紙巻たばこは殆どが巻紙に燃焼剤が入っているのが残念です。多分私が嫌いな臭いの原因の一つは燃焼剤の燃える臭いです。

追記

手巻き用の巻紙をリサーチしていて、セルロースフィルムなる巻紙が存在する事を知りました。透ける程に透明で強度はしっかりあるということから、紙巻きタバコのストライプ状になっている部分は、セルロースによる補強では無いか?と今は思っています。

というのも、アメスピの煙草について、巻紙を改善して欲しいと要望を出したところ、「アメスピの巻紙はパルプとセルロースのみで燃焼剤は使っていない」と回答が返ってきたからです。でもアメスピの巻紙も燃やすと臭い。

しかしセルロースは燃やしても無味無臭らしい。となると臭いのはパルプを燃やした臭い。ストライプ状のものは燃焼剤ではなくセルロースによる補強と考えるのが筋なのかな?と。誰か正解を知っていたら教えてください。

巻紙を選びたいので手巻きシャグもゲットした

せっかくなのでプエブロナチュラルのシャグも入手しました。このシャグは30gで680円なので、高いシャグではありませんが、グラム単価で計算すると、チェ(25gで550円)よりも少しだけ高いです。

f:id:sasapurin:20170415185136j:plain

それでも紙巻きタバコに比べればコスパは高いので、手巻きする面倒さを抜きにすればもっと安く美味しくタバコを喫煙できます。もちろん手巻きの場合は巻紙(ペーパー)を自分で選べるので、巻紙の燃える臭いが気になる私の様な喫煙者にも、自分に合うペーパーを選んで巻けるというメリットがあります。

巻紙(ローリングペーパー)について

PUEBLOシャグに添付の巻紙は、ヘンプ(麻)ペーパーですが、紙が厚いせいかツンと来る臭いがしてイマイチ好きにはなれないです。

私のお気に入りはSmokingBrownMasterPureHempです。もちろん燃焼剤は入っていないですし薄いので、紙が燃える量が減り、鼻にツンと来る臭いがほとんどありません。煙も少なく目に入ってもシミにくいです。

f:id:sasapurin:20170415201529j:plain

加えてスローバーニングのペーパーなら、ゆっくりマイペースで吸えますし、紙の燃える臭いも最小限に抑えられています。勝手に紙が燃えて煙を出す副流煙ほど無駄なものは無いです。貴重なタバコ葉もどんどん燃焼してしまいますし。

SmokingBrownは無漂白だからでしょうか?紙が燃える臭いがマイルドです。SmokingMasterはかなり薄く仕上げられているので、私と同じく紙が燃える臭いが嫌いな人は、自分にとって嫌いな臭いが少ない方を選ぶと良いですね。もっと良いペーパーもあると思いますが60枚入って100円はコスパ高いです。

pure hempにも無漂白があります。ヘンプ(麻)が材料になっているので少し原価が高いのでしょうか?50枚入りです。ヘンプの臭いは嫌いでは無いので、今度、お店で探してみて手に入れてみようと思っています。

ちなみにリコリスペーパーは、私の場合はダメでした。独特の甘い香りらしいのですが、私の嗅覚はこの特有の香りを嫌だと感じました。薬品の様な臭いがします。好きな人はハマるらしいですけどね。

最後に

喫煙を再開してから、色々な紙巻きタバコ、手巻きタバコを試してきたので、そろそろ自分の好みも固まってきました。基本的に紙巻きは紙の燃える臭いが鼻についてしまうので、手巻きの方がより美味しくタバコを味わえるのは間違いありません。私にとっては紙が燃える臭いは不快だということを、iQOSを手にしてからより強く認識出来るようになりました。iQOSでは全く紙を燃やしませんからね。

なお、タバコ屋のおじさんいわく、「わしにはペーパーの違いは殆どわからんけどね」と言っていたので、気にならない人には全然気にならない臭いの様です。

手巻きシャグに付属のペーパーで味わってみて、嫌な臭いだと感じた場合は、吸い残しを揉み落としてシャグ(タバコ葉)だけで燃やしてみて、煙の匂いを嗅いで見ると良いでしょう。

タバコ葉だけが燃える匂いは香ばしくて凄く良い香りがします。私には全然別物に感じます。試してみてそう感じたとしたら紙が燃える臭いが邪魔していると考えて良いでしょう。

煙管きせるを使った場合は紙を燃やさないのでシャグだけの香りが楽しめます

タバコ葉だけが燃える香りは、凄くリラックスさせられるので、お香に通じるものがあると私は感じます。もちろん人それぞれ好みは違うと思います。

未成年の喫煙は禁止

お約束の締めになりますが、未成年者の喫煙は法律で禁止されています。タバコはただでさえ健康に有害とされていますし、成長過程の未成年者が喫煙すると成長を阻害するリスクがあるから保護されているのです。

タバコなんて若い内から焦って吸う必要は無いですし、喫煙習慣が身についてしまうと止められなくなる危険性(リスク)もあるので、成人してからよーく考えて喫煙するかどうか決めたら良いと思います。