読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

REX-ecoで家電の実際の消費電力をチェック~スマホ又はPCでお手軽モニタリング出来る

コンセントに割り込み型のワットメーター(消費電力計)を入手したので使ってみました。

家電の消費電力(ワット数)は一般の人も購入時に意識していると思いますが、実際にどれだけの時間、その家電で電力を消費しているかは積算してみないと分かりません。

f:id:sasapurin:20170504104441j:plain

電気代の算出について

電気代の計算方法は意外と知られてない様なので簡単に記して置きますが、一定時間に使用した電力量のトータル(累積値)となります。この一定時間というのがポイントで、一般家庭に供給される電力会社の場合は、kWhで表すので、1時間(60分)に使用した消費電力のトータルで計算されます。

昔は戸建て建造物の電気の引き込み部分に、回転する円盤とメーターが付いた電力メーターが備えられていて、電力会社の人が毎月検針に来ていました。単純にこの円盤が回転すればするほど累積値が増えて電気代が高くなる仕組みです。

大崎工業 A63A 普通電力量計 単相3線式 100V 120A 60Hz 西日本 (検定付)

大崎工業 A63A 普通電力量計 単相3線式 100V 120A 60Hz 西日本 (検定付)

 

最近ではメーターもデジタルされ、通信回線を使ってセンターに収集される仕組みが増えたので、電気代の算出がイメージしづらいかも知れません。やってることは同じなんですけどね。

ラトックシステム:REX-eco(REX-BTWATTCH1)

REX-ecoには一般家庭用のワットメーターから、企業向けのより多くの電気製品を計測するアイテムが選べます。もちろん我が家の場合は一般家庭用のお手軽品をチョイスです。それでも100V/15A、1500Wまでの消費電力の家電が計測出来るので十分でしょう。電力を大食いするドライヤーや、電子レンジもこの数値以下なら計測可能です。

なお、ソーラー発電を装備した家屋や、エコ意識が強くて家中まるごとの電気使用状況をしっかり把握したいという場合は、Panasonicや、河村電器のHEMS対応ソリューションが役立つと思います。CTを分電盤(配電盤)に噛ませれば、トータルの電力の計測が可能です。

箱を開封してみると、コンセントタップ方式の本体が一つ、説明書、保証書が入っていました。シンプルな内容で分かりやすいです。

f:id:sasapurin:20170504104452j:plain

この機種は、データを表示する部分が本体にはなく、データをBluetoothで収集する為に、スマートフォン(iPhone/Android)かPC(Windows)が必要となります。いずれもアプリをインターネット接続してダウンロード可能です。

小電力な機器を計測してみた

手始めに消費電力が少なくて、24時間常時電源を入れっぱなしの機器をチェックしてみました。常時電源を入れっぱなしの機器を計測すればこの機器の安定性が確認出来ます。

我が家の場合は、Wi-Fi無線ルーターを計測してみる事にしました。

f:id:sasapurin:20170504105229j:plain

写真から直ぐにわかると思いますが、差し込めるコンセントは一つです。もちろんテーブルタップや、いわゆるタコ足用のソケットを併用すれば複数機器をまとめて計測することも出来ます。

テストなのであえてWi-Fi無線ルーター(WN-G300R3)のみを計測することにしました。

mypace.sasapurin.com

WN-G300R3の消費電力は3.9Wと公表されています。実際にどれくらい消費するかを計測出来るのが、ワットメーター(累積機能付)の強みです。

スマートフォンでモニタリング

スマートフォン用にメーカーが配布しているアプリ(無料)をダウンロードしてインストールしました。今時のスマートフォンにはほぼBluetoothが装備されているので、PCよりも確実でお手軽です。

総合的な概要情報

接続するとグローバル情報が表示されます。計測の開始・停止はこの画面から操作します。もちろんずっと計測させっぱなしです。

消費電力が1.61Wと表示されており、仕様に記載されている3.9Wよりも少ない状態だと分かります。Wi-Fi通信を頻繁に行ったり、接続する有線LAN端末を増やすと消費電力も増えるのだと思います。我が家の場合は全て無線LANにしているのでケーブルはWANポートにしか接続していません。

f:id:sasapurin:20170504110903p:plain

リアルタイム

約1秒毎の状態を表示してくれる画面です。この情報はBluetoothで絶えず送られてくる情報を表示しているので、短期的な状態を確認するのに向いていると思います。電圧、電流、一時間の消費電力量(Wh)、計測経過時間も表示されます。

今回は11日間データを取得しっぱなしにしておいたでの、十分にこのWi-Fi無線ルーターのデータは採れたと思います。

f:id:sasapurin:20170504111221p:plain

1時間グラフ(消費電力)

私の感覚的には「分毎グラフ」なのですが、このアプリを作った人の感覚ではこの画面に表示されている情報が1時間のデータなので、「1時間グラフ」としている様です。

モードを「累積モード」にしているので、右肩上がりにグラフが増えていると思います。つまり時間が経つほど消費電力量(累積値)が増えるというグラフです。時間毎モードにすれば、通常のフラットに近いグラフを表示することも出来ます。

f:id:sasapurin:20170504111650p:plain

1時間グラフ(電気料金)

電気代がどれくらいかかるのかも簡単にチェックできます。電気料金の累積で見ると60分で約4銭だと分かります。24時間だと24✕4=96銭と計算出来るので、実際の消費電力が1.5Wなら、一日(24時間)で約1円が電気代としてかかることが分かります。

f:id:sasapurin:20170504111956p:plain

1日グラフ

私の感覚では「時間毎グラフ」として欲しいのですが読み替えるしかありません。

計測は1秒毎に行っている様なので、それを1分に累積して、更に60分に累積したデータがこのグラフのデータになっているハズです。時間帯によってはグラフが伸びているので、そのタイミングで家族がWi-Fi接続、インターネット通信を行っているものと推測出来ます。

f:id:sasapurin:20170504112934p:plain

1ヶ月グラフ

やっぱり感覚的に「日毎グラフ」にして欲しいと思うのですが、視点が違うので仕方ないですね。

計測を開始して11日程度しか経っていないので、1ヶ月分のデータがまだ収集されていません。長期的に考えるとこのグラフは、日毎の変動を視覚的に把握出来るので、曜日によって変動があるとか、月末になると増えるとか、そういう傾向を掴み取ることが出来ると思います。

電気料金モード+累積モードに切り替えると、一ヶ月のこの機器の電気代が算出出来ます。日常的に使うモードでは無いですが、居候に電気代を請求する為に使うモードとか、アイディアによっては面白いかも知れませんね。

f:id:sasapurin:20170504113312p:plain

これから先の予定

春と秋は気候が良くなるので、エアコンを始めとした冷暖房機器を使わなくても快適に過ごせて、電気代も抑えられます。しかしこれからは梅雨を迎えますし、初夏になればエアコンの稼働率はグンと上がるでしょう。

毎年の事ですが暑い&寒い季節に怖いのは電気代の請求です。真夏と真冬はエアコンが無くては苦痛に耐えるだけになるので、どうしてもエアコンに頼ることになり光熱費の内の電気代は無視できません。

REX-ecoの計測データは、CSV形式でダウンロード(保存)出来るので、収集してある程度蓄積したら、Excel等を使ってより詳細な解析、グラフ表示も可能です。レポート作成のデータ収集ツールとしても使えそうですね。

テーマによっては、学生さんの論文の素材としても使えそうな気がします。

家庭内の電力計測の理想形としては、CTタイプの電力計を大元の引き込み電線に噛ませてトータルの消費電力を計測しつつ、エアコンの消費電力をREX-ecoで計測すれば、どれくらいの比率で冷暖房が占めているかが把握できてベストだと思っています。

CTタイプの計測器が欲しいです。

最後に

REX-ecoはパーソナルユースのワットメーターですが、累計機能がついており、電力単価の設定も行えるので、より現実に近い電気代の算出が可能となります。必要に応じて買い足せば、4台まで登録してモニタリング可能な仕様となっています。複数のエアコンを同じタイミング(期間)でチェックしたいなど、そういうニーズにも応えてくれますね。

もっとも電気代(光熱費)なんて気にしないという、太っ腹な家庭ではこういうものは不要かも知れません。

一方、私は過去に電気施工会社で電力計測(見える化)の仕事をしていたこともあり、こういう視点での省エネ(節約)は意識として自然と持ってしまいます。思考として習慣になっている感じです。

一般家庭では無縁ですが、電力を多く消費する工場や生産ラインを持っている企業さんにとっては、一定以下の電力値に制限したいという「デマンド値」「ピークカット」も意識する事が必要になるので、担当者さんは、そういう意識を持つ手始めにでも、家庭で計測をしてみると身近に感じられより分かりやすいと思います。

省エネにかぎらず、電気工事士の資格を取得しようとしている人、資格を取得した人にもこういう視点で電気を使うという事、それに対して課金される仕組みは意識して欲しいと思いますね。

リンク

いやぁ、ワットメーターの種類、各社から沢山ありますね。

ラトックシステム Bluetoothワットチェッカー REX-BTWATTCH1

ラトックシステム Bluetoothワットチェッカー REX-BTWATTCH1

 
サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電器 TAP-TST8

サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電器 TAP-TST8

 
ELPA(エルパ) 簡易電力量計エコキーパー EC-05EB 1654300
 
節電 エコチェッカー ET30D

節電 エコチェッカー ET30D

 
サンワサプライ ワットチェッカーplus 10種類測定可能 検電器 TAP-TST7

サンワサプライ ワットチェッカーplus 10種類測定可能 検電器 TAP-TST7

 
サンワダイレクト ワットモニター 電気代 消費電力 簡易計測 700-TAP017

サンワダイレクト ワットモニター 電気代 消費電力 簡易計測 700-TAP017

 
ELPA 簡易型 電力量 表示器 エコワット EC-20B

ELPA 簡易型 電力量 表示器 エコワット EC-20B