Getta Gripのセッター風ブーツ~つくりは安っぽいけど軽くてカジュアル向け

これはGetta Grip製のアイリッシュセッター風ブーツです。

見た目は似せていますが本家レッドウィングのセッターに比べるとかなり違いがあります。

革質が柔らかく(芯が無い)、ライナーも本家ががっちりした革で二重であるのに対してこれは布だったりして、縫製もアラが見えて、ハッキリ言ってパチもん感丸出しですが、カジュアルさではこれもアリだなと感じるのが正直なところです。

何より軽いのでファッション重視の女性向きかも知れません。レッドウィングは頑丈で馴染めば最高のブーツになりますが、馴染むまでの時間が必要ですし、気軽に履いて、飽きたら手放すという気軽さとは無縁。そういう部分ではアリですね。

“Getta Gripのセッター風ブーツ~つくりは安っぽいけど軽くてカジュアル向け” の続きを読む

レッドウィング・エンジニアブーツ(8268)その後

ブログを何気なく読み返していたら、8268を購入してから2年以上経過していることが分かりました。なるほどね当時はこういう考えだったんだな。

ブーツを買った当時の仕事から、現在の仕事は大きく変わっていますが、職場では服装にゆるいので、むしろカジュアルな服装を多用する状況になっており、レッドウィングのワークブーツの活躍頻度は非常に高いままです。

そしておそらく普通の人の想定には無い、夏場のブーツ着用。私は夏も関係ナシにこの8268を愛用しています。

踵を骨折し、足首を痛めて以来少し歩くとふくらはぎと足首がパンパンになる爆弾を抱えているからです。エンジニアブーツに限らず、ウエスタンブーツなども季節関係ナシに愛用しています。(特に革底のウェスタンブーツは夏場のムレに具合が良い)言い換えるとブーツ以外は滅多に履かなくなりました。仕事で仕方なくスニーカーを履くことがある位なもの。

そんな具合でオフィスでもブーツ着用はずっと続いていますが、普通以上に酷使されているであろう8268の見た目はほとんど変化していません。倉庫の荷物出し入れの際にぶつけるつま先が結構汚れてきた位です。

“レッドウィング・エンジニアブーツ(8268)その後” の続きを読む