ドクターマーチン8ホール(1460)ブラック〜ようやく足に馴染んでくれました

ドクターマーチンのブーツは、レッドウィングに比べると革が薄い事や表皮だけだという事もあり(レッドウィングは内側にも別の革を使っっている事が多い)少し伸びる様です。もちろん革が薄いという事は質量にも関係するので「軽い」という特徴にもなります。

この点について補足しておけば、レッドウィングの様にソールを張り替えて何年も履き続けるという発想は、ドクターマーチンソールの靴には無い訳で、ソールがダメになったら買い替えというのが基本的な考え方だと思います。

したがって買ってからなるだけ早く足に馴染んで快適に履ける期間が長ければお得という発想になると思います。革靴は慣らすまでがストレス(楽しみという人も多いが)ですから、馴染んで極上のフィット感を味わえる期間が本当の賞味期間だと思います。

ドクターマーチンのブーツはソール(ヒール)が擦り切れたら買い替えというのが基本でしょう。多くのモデルが貼替えを前提とした構造をしていません。

“ドクターマーチン8ホール(1460)ブラック〜ようやく足に馴染んでくれました” の続きを読む

ドクターマーチン8ホール(1460)ブラック(SMOOTH)UK6を購入しました

ドクターマーチン8ホール(1460)を買いました。これで(1460)は二足目です。先にホワイトを購入して履き慣らしてみたところ、足の負担が軽くて痛めている右足の負担が軽いので気にいってしまいました。

ブラックはデザイン的にズバリ「定番」なところが良いですね。黄色のステッチがやや目立ちますが、かしこまった職場でなければビジネス用にも使えると思います。このブーツは持っていて絶対に損しないすぐれものですね。

“ドクターマーチン8ホール(1460)ブラック(SMOOTH)UK6を購入しました” の続きを読む

インソールをコルクシートで自作~ドクターマーチン1460をもう少し延命させる為にDIYしてみた

先日、ドクターマーチンの1460について記したばかりですが、かみさんの1460を手入れしてやってて不具合に気づきました。靴本体のインソール(靴底)の奥の方が劣化してボロボロになっていたのです。取り外し式の中敷きを外してみて初めて気づきました。

かみさんにこれで履きづらくないのか?と訪ねてみたところ、確かに足の裏に違和感があるとの事で、この靴は気に入ってるけれどもう寿命かなと言う話になりました。確かにドクターマーチンソールも結構削れてしまっています。だからホワイトが欲しいと言ってたのか・・

更に残念な事に革の一部が微妙にクラック(ヒビ割れ)っぽい状態になっているのも発見しました。良い革質ですし馴染んでいる革なのですが、これでは大枚はたいてソール交換のリペアをして延命させるのはコスト的にNOと言う事になりそうです。それなら新しく買い替えた方が安い&気分一新出来て良いと思います。

そこでちょっと考えたのですが、靴修理屋さんに出さずにDIYレベルで補修することです。上手く行けば今シーズン位は履き続けられるかも知れません。来シーズンは無理でしょうけど。

DIYでは材料集めが課題です。それなりの強度とクッション性を持っている素材が必要です。もちろん価格的にも安くあげたいのは当然です。買い替えかリペアの時期に来ているのですから。

色々考えていて、コルクシートをカットして中敷きに使えるんじゃないか?という事を思いつきました。ネットで検索してみると、コルクシートでインソールを自作している事例がいくつか見つかりました。同じことを考える人はいるものだなと思いました。これは上手く行きそうな感じです。

“インソールをコルクシートで自作~ドクターマーチン1460をもう少し延命させる為にDIYしてみた” の続きを読む