レッドウィング8179のシューレースに不満あり~ダイソーの120cmを使ってみたら予想以上に良かった

レッドウィングの875、8875、そして8179を愛用していますが、靴紐に不満があります。今日は靴紐を交換する事にしました。

現在は「モリト株式会社」の靴紐(300円)を使用していますが、ほとんど伸びの無いしっかりした編み方をしているせいか、ガッチリとした感触が得られる分、逆に靴紐に負担がかかるらしく消耗が激しいです。取り外してみても損傷箇所がわかると思います。まだ切れるところまでは来ていませんが動きが悪いので感触がよくありません。

レッドウィング純正のシューレースは安くないですし、サードパーティー「モリト株式会社」のものは半額以下でコスパは優位だと思うのですが、純正に比べると耐久性が少し落ちます。徐々にヘタってくるものなので微妙なところです。

“レッドウィング8179のシューレースに不満あり~ダイソーの120cmを使ってみたら予想以上に良かった” の続きを読む

レッドウィングとドクターマーチンを比較〜かなり極端な趣味だと最近分かった次第

足首を痛めて、更に踵を骨折して以来、足首が冷えると痛みで苦痛なので、いわゆるハイカット(ショートブーツ)を愛用する様になりました。当時はスニーカーやトレッキングシューズを愛用していましたが、最近では革のブーツばかりです。膝下辺りまでの長さのブーツ(RW 2268とか8268とか)も履きますが、一番履く機会が多いのはRW 8179と、ドクターマーチン1460です。

先日、職場に1460を履いて行ってたのですが、女性の同僚に、「○○さん、今日はかわいい靴履いてますね。ドクターマーチン?」って言われて、「そうです」と答えたら、「意外ですね」って言われました。普段はRW 8179を履いているのでそれで意外だった様です。

考えてみれば、RWはアメカジに欠かせないアイテムですし、ドクターマーチンはイギリスのどちらかというとパンクファッション風に支持されている訳ですから、結構対極にあるのかも知れないなと、改めて認識しました。

自分にとっては、ファッション性よりも履きやすさ(機能性)が重要だったりするので、あまり考えたことが無かったのですが、女性はファッション意識が強いですからそういう目で見るのかも知れません。

“レッドウィングとドクターマーチンを比較〜かなり極端な趣味だと最近分かった次第” の続きを読む

レッドウィング・セッターの靴紐を交換~サードパーティ品は耐久性は落ちるけど安いから消耗品と割り切る

シューレース(靴紐)を交換しました。

ABCマートで120cm(300円+消費税)のものを購入。製造元は「モリト株式会社」。今回はブラック・ブラックとイエロー・ブラウンを1つずつ購入しました。

コスパ高いと思っていたのですが、編み目の途中で芯が折れて編み目の隙間から芯が出てくるのはどうしても避けられないです。やはりレッドウィングの純正が耐久性は断然高いと思います。

“レッドウィング・セッターの靴紐を交換~サードパーティ品は耐久性は落ちるけど安いから消耗品と割り切る” の続きを読む