レッドウィング・セッターの靴紐を交換~サードパーティ品は耐久性は落ちるけど安いから消耗品と割り切る

シューレース(靴紐)を交換しました。

ABCマートで120cm(300円+消費税)のものを購入。製造元は「モリト株式会社」。今回はブラック・ブラックとイエロー・ブラウンを1つずつ購入しました。

コスパ高いと思っていたのですが、編み目の途中で芯が折れて編み目の隙間から芯が出てくるのはどうしても避けられないです。やはりレッドウィングの純正が耐久性は断然高いと思います。

“レッドウィング・セッターの靴紐を交換~サードパーティ品は耐久性は落ちるけど安いから消耗品と割り切る” の続きを読む

レッドウィング8179を中古でゲット〜ついヤフオクで入札してしまいました

出来ごころでついヤフオクでレッドウィングブーツをゲットです。

レッドウィングの場合私に適合するサイズは6.5E(E、EE)か7Dと認識しており、これは7Dです。夏場の薄手のソックスでは少し余裕がありますが通常のソックスを履くと調度良いです。

ソール(ヒール)はそこそこ削れてしまっていますが、安くゲットしたのでソール交換前提で考えています。消耗品は交換するしかありません。

インソールの革敷もまだ変色しきっていない(下がりきっていない)ので自分の足に馴染んでくる余地はありそうです。靴である以上一番ここが重要ですね。中古ゲットには程よいタイミングだったかなと思っています。

つま先に傷が結構ありますが、自分が履いても傷はつくのでオールド品と思えばこんなもんかなと思いますし、レッドウィングの場合こんなもんでへこたれる作りじゃないのでまだまだですね。

冬用(ワンサイズ大きい)は片付けているので、今履いているのはこんな感じです。馴染んでくるにつれてボロくなってしまいますが、それだけ愛着も湧いてくるのでこれからが楽しみです。

レッドウィング・エンジニアブーツ(8268)PT99~ASTMと比較してみたらシルエットが全然違うことを改めて認識しました

足首を痛めて以来ずっと足首をカバーしてくれるハイカットのスニーカーやブーツを愛用しています。レッドウィングのブーツは頑丈なので履き慣れてきたら手放す気もしなくなる程に気に入っています。

さて、ずっと8268はASTMのボテッとしたタイプを無造作に履いてきましたが、2268はPT99なのでフィット感の良さが正直言うと残念でした。とは言ってももはやPT99の新品(デッドストック)はプレミア価格になっているので気軽には購入出来ません。私がPT99の2268を買った時は円高のまっただ中だったので、新品を2万円弱で購入出来ました。

あの時に8268にするかかなり迷ったのですが、汚れるから黒い方が良いってかみさんが言うので2268を選んだのですが、どうせなら両方買っておけば良かったと思っても後の祭りです。

こうしてブログに記していると面白いもので、自分の考え(価値観)も少しずつ変化しており、最近は新品に拘る必要もないのかなと思ったりしているのです。そして縁あってか今は8268のPT99も併用しています。やはり歩くのはASTMよりもPT99の方がフィット感が良くていいです。

写真で比較してみるとシルエットが全然違う事が一目瞭然なので言うまでも有りませんね。PT99の方はタイトなので踵のズレもほとんどありません。

“レッドウィング・エンジニアブーツ(8268)PT99~ASTMと比較してみたらシルエットが全然違うことを改めて認識しました” の続きを読む