レッドウィング・エンジニアブーツのメンテナンス~ミンクオイルも使いますが専用リキッドオイルの方を断然オススメします

愛用のブーツ、レッドウィング2268と8268も年数を経て結構汚れて来ました。特に8268はバックスキンなので汚れが落ちにくい&色が目立ち やすいです。汚れをアジという表現もされるようですが、私は汚れは汚れで、全体的な色や革質の変化などはアジだと分けて考えています。

クリーナーも数種類持っていますが、やはり手軽に済ますにはそれなりの効果しか得られません。ここいらでちょっと本腰入れてクリーニングすることにしました。今回はサドルソープの出番です。(通常の石鹸はアルカリ性なので革には劇薬と思ったほうが良いらしいです。)

革製品に水はご法度と言う印象がありますが、私は子供の頃は野球少年だったので、牛革のグローブのメンテナンスでもって、なんとなく革製品の手入れというのは体感的に覚えているものがあると思っています。もちろん屋外で野球をやっている時に大雨に降られてグローブがぐっしょりびしょ濡れとかも有る訳ですが、 それでグローブがダメになったという事はありません。もちろん帰宅してから手入れしてましたけどね。(昔はグローブなんて数万円の高級品で、そうそう買い替えてもらえる金額じゃなかったのですよ。)

革製品と水は実に面白いもので、水に濡れるとコシが無くなりクテクテになります。つまり柔らかくなっちゃうんですね。しかし乾燥させちゃうとオイルが抜けた部分がカチコチになります。この性質を使って、今ではビンテージもののブーツをメンテンする時、まず霧吹きでシュッシュと水を染み込ませて柔らかくしてから柔軟性を取り戻させるという事はやります。いきなり固い革を無理やりクシュクシュする人が居ますが、革の繊維にダメージを与えるだけですから危険だと思います。

昔、長嶋茂雄氏が、息子(一茂氏)にグローブの慣らし方を教えているのをテレビで見た記憶があります。グローブでボールをキャッチする重要な位置にボールを入れて、グローブをひもで縛って、お風呂の湯気に晒していたと記憶しています。残念ながらウチのオヤジは野球少年だった私にそういう知識を教えてはくれませんでしたが、私が失敗しながら経験から学んだ方法もそれと同じじゃないかなって思います。

実際、一番最初のグローブは、オイルを塗りすぎでコシが無くなりクニャクニャの状態になって使いづらくなってしまいました。上達して買い替えてもらった時にはそういう失敗経験は活かしていたと思います。

“レッドウィング・エンジニアブーツのメンテナンス~ミンクオイルも使いますが専用リキッドオイルの方を断然オススメします” の続きを読む

レッドウィング・エンジニアブーツ(8268)その後

ブログを何気なく読み返していたら、8268を購入してから2年以上経過していることが分かりました。なるほどね当時はこういう考えだったんだな。

ブーツを買った当時の仕事から、現在の仕事は大きく変わっていますが、職場では服装にゆるいので、むしろカジュアルな服装を多用する状況になっており、レッドウィングのワークブーツの活躍頻度は非常に高いままです。

そしておそらく普通の人の想定には無い、夏場のブーツ着用。私は夏も関係ナシにこの8268を愛用しています。

踵を骨折し、足首を痛めて以来少し歩くとふくらはぎと足首がパンパンになる爆弾を抱えているからです。エンジニアブーツに限らず、ウエスタンブーツなども季節関係ナシに愛用しています。(特に革底のウェスタンブーツは夏場のムレに具合が良い)言い換えるとブーツ以外は滅多に履かなくなりました。仕事で仕方なくスニーカーを履くことがある位なもの。

そんな具合でオフィスでもブーツ着用はずっと続いていますが、普通以上に酷使されているであろう8268の見た目はほとんど変化していません。倉庫の荷物出し入れの際にぶつけるつま先が結構汚れてきた位です。

“レッドウィング・エンジニアブーツ(8268)その後” の続きを読む

レッドウィング・ブーツにブーム終わりの兆しが~オークションウォッチで相場を見ていると変化に気づく

足首を痛めて以来足を冷やすと痛いのですっかりブーツ愛用者です。特にエンジニアブーツ系を何年も前からレッドウィングのブーツを愛用しているのですが、買った頃は値引きもあって今よりも気軽に購入できたのですが、いつの間にか流行になってしまったらしく、値引きも期待できません。

そして困ったことにレッドウィングがちょっとずつ仕様を変更して、昔より劣化?しているとかで旧モデルにプレミアがついてとんでもない取引金額が相場になった状態で数年続いています。専門店などでは旧モデル(中古をメンテナンスして)のラインナップが揃っていてかなり強気な値段で販売しています。

単純に思ったのですが、こういうお店の努力は認めるものの、ブームがいつまで続くのか?って思うと凄くリスキーだなって思っていました。在庫抱えちゃってますからね。仕入れにもお金かけちゃってるでしょうし。

そんな訳で、そういうお店にしてみてもこのブームを終わらせない様に必死だとは思うのですが、ブームは所詮ブームなので終わるときは終わります。これは私の様な素人でも直ぐに気づいていました。その終わりの兆しが少しずつ見えてきています。

“レッドウィング・ブーツにブーム終わりの兆しが~オークションウォッチで相場を見ていると変化に気づく” の続きを読む