2020今年も花粉症が始まりました~コロナウィルス騒動でマスクも入手難で油断出来ない季節になりそう

世間を賑わせている中国発のコロナウィルス騒動で、国内でマスクが入手難となり花粉症と長年付き合っている私もちょっと困った状態です。

先日より花粉症症状が出始めました。まずいつも通り目が痒くなり涙が出始めました。そして鼻腔内奥の方がムズムズして鼻水が出てくしゃみが出ます。そして、喉の奥の方もイガイガして、咳き込んで(喘息症状)苦しくなります。

マスクを着用していると多少は楽に過ごせるので、やはりこの季節はマスクが必要なのですが、今年はマスクが入手難です。政府や行政の対応が後手にまわり、コロナウィルスを保有している可能性がある中国人が大量に入国している為、コロナウィルスを防ぐのはもはや無理だと思われます。

なるだけ、コロナウィルス(肺炎)にはかかりたくありませんし、インフルエンザにもかかりたく有りません。しかし目下の課題はアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎の辛さ対策です。

“2020今年も花粉症が始まりました~コロナウィルス騒動でマスクも入手難で油断出来ない季節になりそう” の続きを読む

夏風邪が治らず咳き込みが続いている現状~自律神経の乱れにも効果的なプラセンタに頼ってみる

夏風邪が治りません。今回の風邪はひどくて完治しない状態でもはや2ヶ月以上続いてます。

特に「咳」が長引いていておりようやく治りかけてきたと思った頃に、また別の風邪をもらってしまい、先日は39度近くの発熱で汗だくになりながら寝込み、呼吸器系(鼻、喉)がやられたまま現在も鼻水、咳、痰が後遺症として残っています。

10年以上止めていた煙草ですが、咳止めと去痰の為に「ネオシーダー」を仕方なく吸い始めたところ、咳止めとは違う面で止められなくなり(タール、ニコチンが少し含まれている)、また煙草を吸いたくなってしまいました。そのリスクは考えた上で咳止めとして自分に合っているネオシーダーに手を出したのは自分ですから仕方ありません。

【指定第2類医薬品】ネオシーダーキングサイズ 20本

【指定第2類医薬品】ネオシーダーキングサイズ 20本

750円(07/06 14:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

先週はまた新たな風邪をひいて寝込みました。この季節ですから発熱すると汗が半端じゃないです。微熱の状態でマスクをして仕事にも出ていますが、仕事中もへそから下が発熱していて、お尻や太ももは汗がじりじりと滲み出てきます。

(不思議な事にへそから上は冷えていて体の温度が全然違うのです・・)

これだけ長く「夏風邪」と付き合っていると、精神的にも参ってきます。自律神経失調症の身としてはかなりのハンディを背負っているので辛いです。

なんか最近はやる気も起きないし、別にぽっくり逝けるならそれでもええかなとか弱気に思う様になって、ヤバイバイ・・と自分をコントロールする事に気を使っています。

“夏風邪が治らず咳き込みが続いている現状~自律神経の乱れにも効果的なプラセンタに頼ってみる” の続きを読む

風邪で内科医の診察を受けに行ったら~自律神経失調症にも有効な治療器具(スーパーライザー)の存在を知った

久しぶりに風邪をひきました。咳き込んで自分では止められない咳に連動して頭痛がするし、発熱で体中のアチコチが痛いし本格的な風邪は久しぶりです。ここんところ花粉症の症状やら色々な事でストレスを抱えているので、寝付きが悪かったりして、体力が落ちていたのかも知れません。

ただ、インフルエンザが時期的に早いけど既に流行しているとかで、職場でも既にインフルエンザでダウンしてしまった人が何人かいます。もしかしたら貰ってきてしまったかも知れないので、このまま職場に出勤するのはまずいだろうと(今日の状態では仕事になりませんが)内科医の診察を受ける事にしました。

内科の先生に状況を話したところ、インフルエンザの可能性もあるね。ということで、早速検査をしていただくことにしました。検査は簡単に行える様になったと聞いていましたが、本当に簡単でした。

まず、綿棒みたいなものが先に付いた細くて長ーい棒を鼻腔に突っ込まれます。おそらく鼻と喉の合流地点辺りだと思いますが、その辺りの粘膜をじっくり時間をかけて採取する様です。「もうちょっと我慢してね」と言いながら鼻の中に突っ込んだ細い棒を回転させたりして先端に粘膜を付着させようとしている様でした。

恐らく採取には30秒以上かかったと思いますが、痛みは無く、鼻腔から突っ込まれた細い棒が喉の辺りでゴニョゴニョしている異物感を我慢する位の事で検体の採取は終了です。検体採取後、15分位でインフルエンザ検査が出来るそうで少し待ちます。

結果的には、インフルエンザの検査結果は「陰性」だと言われたので一安心です。ただ、先生の説明によると「偽陰性」という事もあるし、検査をしたタイミングによって陰性となったけど、明日検査したら「陽性」結果が出るかも知れないし断言は出来ないとのこと。もしこれ以降に体調が悪化する様な事があったらまた明日検査する必要があるかも知れないという説明でした。

医師であろうとも「絶対」とか言い切ること(断言)が出来ないのはあるんだろうなと思います。要するに、今のインフルエンザの検査結果は「陰性」なので現段階では「インフルエンザ」という診断にはならないという話の様です。

処方は咳が辛いのと、発熱時に身体アチコチの痛みと頭痛が辛いと言う事を話したら、咳止め(一日三回毎食後服用)と、鎮痛解熱(頓服)で処方箋を出してくれました。

私にとっては検査でインフルエンザだという診断が出なかった事が幸いで、その為に医者の診察を受けに行った様なものだったりします。職場でインフルエンザ・ウィルスを撒き散らす訳には行きませんからね。

“風邪で内科医の診察を受けに行ったら~自律神経失調症にも有効な治療器具(スーパーライザー)の存在を知った” の続きを読む