Nokia N73(705NK)のバッテリー調達

ケータイはdocomoとSoftBankの二台持ちで使い分けているのですが、SoftBankケータイは長い間Nokia N73(705NK)を使っています。この機種はカメラで接写した時の写りが良い事からメモ代わりに使えると言う点を評価して買ったのですが、電話の操作が思いの外使い易くてすっかりNokiaのユーザーインターフェースが好きになってしまいました。メールも慣れたら入力し易いのです。

このケータイでは液晶割れ、ケース破損、カーソルスティック故障等のトラブルはありましたが、全て部品交換して持ちこたえてきました。バッテリーは多分5個位使って来ました。つまりそれくらい長く使っています。

最近、バッテリーが本当に持たなくなって来たので、裏蓋を開けてみたところ、めっちゃモッコリしていてこりゃダメだなという状態でした。ヤフオクでBP-6Mの互換品を購入する事にしました。

未だに使いやすいので、SoftBank回線を使う限りはこの機種で行こうと思っています。デコメとか受信出来なくてそういうメールを送って来られると開けなくて不便ですけどね。

N73についてはバッテリーがダメなので、しばらくは古い機種Nokia 6680(702NK2)でしのぎます。Vodafoneロゴが懐かしいっ

そもそもは、N73(705NK)よりも前のNokiaケータイは、元祖スマートフォン(賢い電話機)と呼ばれていて、アプリを追加インストールして便利に使えたものです。私はパスワード管理アプリが欠かせないツールだったのでN73(705NK)は重宝したものです。

現在はdocomoケータイの方のスマートフォンでパスワード管理を行っているのでN73は携帯電話とメール、カメラによるメモ程度しか求めていません。でも使いやすさはやっぱり確保して置きたいです。正直なところdocomoのスマートフォン(タッチパネル式)は電話としては非常に使いづらいです。やはり電話メインとして使うならこれです。

追記:続きの記事も書きました

Unidenの電話機(子機)製造中止だった

先日カットオーバーした我が家のインターネット光回線、そしてIP電話が開通したので便利になりました。電話は携帯電話しか持っていなかったので、固定電話にかけると電話代が結構かさむのが一つの悩みでした。

IP電話だと固定電話並の通話料金で通話出来るので、病院の予約とかお店の予約とかは自宅のIP電話からかけることにします。通話時間が長くなることが想定できる通話でも料金単価が安いので助かります。

うちのIP電話には、以前使っていたUnidenのUCT-002を使用しているのですが、このコードレス電話機は、子機+充電台(UCT-002HS)を安く購入して、後からでも複数台の端末を増設出来るのがメリットで当時購入したのを覚えています。当時は自宅で仕事をしていたので電話の利用頻度が高くなれば部屋に一台ずつ置く(増設する)事も考えていました。

今使っているのは所謂親機なので留守電機能がついています。子機には留守電機能はありませんが、本当に簡単に増設出来るのです。そして内線電話としても使えたハズです。

ところが・・・もう製造中止になって売り切れていました

一階と二階とに置いておこうかと思ったのですが、もう入手出来ないのであればそれは無理な事です。買った当時、子機はかなり安かった記憶があるので、先のことを考えて購入しておけば良かったと後悔先に立たずです。

確かに今時の携帯電話では考えられない位に貧相なディスプレイ、カナとアルファベットでしか登録出来ない電話帳等、機能的にはショボショボなのですが、シンプルで安くて結構使える便利アイテムだったので残念です。割り切ったシンプルさは結構好きです。

ま、買い足ししなきゃならない時は、買い替えを検討する事にします。気に入ったモノは「その時に確保」して置くのがいつの時代も定石ですね。

Uniden デジタルコードレス留守番電話機 (ホワイトオレンジ) UCT-002(WO)

Uniden デジタルコードレス留守番電話機 (ホワイトオレンジ) UCT-002(WO)