パソコンが遅くて遅くてもう限界~自宅のWindows7パソコンが遅すぎるのでUbuntuに鞍替えしました

自宅では愛着のある古いノートパソコンをまだ使い続けています。

この機種はハードディスクが当初から遅いこともありますし、さすがに旧型ですからWindows 7で使用するには無理がある位に遅くて、超イライラするので改善することにしました。最近になってやたらとWindows 7が遅くなったと思うのですが、Windows 10を発売した事と関係があるのでしょうかね(わざと遅くさせて移行させようという魂胆か?)

まぁ改善と言っても、パソコン(本体)はキーボードも打ちやすいし気に入っているので、Windows 7を捨ててOSをLinuxに変更するので使い勝手としては結構な変化になります。

Linuxはディストリビューションが沢山あるので好みで選べるのが良いです。比較的軽いものをいくつか検証してみたのですが私のノートパソコンにはUbuntuが相性が良いので、Ubuntu 14.04 LTSを使うことにしました。安定定期に目的を果たすことが理想なので敢えて最新版は使いません。LTSで長く使えるのが良いです。

アプリを使って何かを作ったりするのが目的なので、いちいちOSを更新する手間と等はかけたく有りません。OSは基本機能を安定して提供してくれたら良いと私は思っていますし、そういうOSを選びたいです。

比較的新しいUbuntuはUnityが重いという懸念もありましたが、実際のところは肥大したWindows 7に比べれば、よほど現実的なレスポンスで仕事をしてくれるので全く問題ありません。これならしばらく頑張って貰えそうですし、これを機会にHDDからSSDに換装しようと思っています。(おそらく劇的に快適な環境が得られると思います)

“パソコンが遅くて遅くてもう限界~自宅のWindows7パソコンが遅すぎるのでUbuntuに鞍替えしました” の続きを読む