Oracle VM VirtualBoxでUSB2.0/3.0が使えない~デフォルトではUSB1.1だけど機能拡張する方法がある

Windows10環境でOracle VM VirtualBoxを使って、Linuxディストリビューションの検証を行ったりしていますが、オーディオインターフェース(steinberg UR22mkII、Roland Rubix22)が上手く動作しない不具合に遭遇した事をきっかけに、VirtualBoxのUSBポート設定を、USB2.0/3.0にする方法を調べました。

VirtualBoxは標準ではUSB1.1しか機能しないため、機能拡張(エクステンション)をインストールする必要があります。実際やってみて??というポイントがあったので誰かのために役立つかも知れないので記しておきます。

機能拡張(エクステンション)のダウンロード

下記から「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」ダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは、

「Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-6.1.22.vbox-extpack」

の様なファイル名になっていて拡張子が長いのでダブルクリックしてもインストーラーが走りません。

もう少し正確に言うと、インストーラーは付属しておらず、「Oracle VM VirtualBox Manager」にダウンロードしたファイルを任さなくてはなりません。しかし「Oracle VM VirtualBox Manager」にエクステンションを読み込むためのメニューがありません。ウィンドウ内にドラッグ&ドロップしてもダメですね・・

“Oracle VM VirtualBoxでUSB2.0/3.0が使えない~デフォルトではUSB1.1だけど機能拡張する方法がある” の続きを読む

VirtualBox上のDebian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う方法

先日、steinberg UR22mkIIと、Roland Rubix22をdebian GNU/Linuxで検証する際、VirtualBox上では音が出なかった(正常にオーディオデバイスとして認識はされているが・・)という事を記しましたが、実機では簡単に動作するものがVirtualBoxではダメという結果に納得が行かないので深堀り調査してみる事にしました。

調べた結果原因がわかりました。Windows 10上のVirtualBox 6.1上で動かしたdebian GNU/Linuxで、steinberg UR22mkIIとRoland Rubix22がきちんと動作する方法が判明しました。

私が疑念を持ったのは、VirtualBoxのUSB認識に原因があるのでは無いか?というところでした。そしてそのモヤモヤが的中し原因はUSBポートの問題だったと判明した訳です。

調査方法

debianでUSB認識を確認(lsusb)

実機上のdebianとVirtualBox上のdebianとで【lsusb -t】コマンドを使って認識状態を確認してみました。大きな違いに気づきました。

きちんと動作しない環境での認識状態

$ lsusb
Bus 001 Device 003: ID 0499:170f Yamaha Corp.
Bus 001 Device 002: ID 80ee:0021 VirtualBox USB Tablet
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub

$ lsusb -t
/: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=ohci-pci/12p, 12M
|__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Human Interface Device, Driver=usbhid, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 0, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 3, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 1, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 2, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 12M

UR22mkIIとRubix22から音が出ないVirtualBox転送速度は12M(USB1.1)と遅い様です。

きちんと動作する環境での認識状態

$ lsusb
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root Hub
Bus 001 Device 003: ID 0499:170f Yamaha Corp.
Bus 001 Device 002: ID 80ee:0021 VirtualBox USB Tablete
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

$ lsusb -t
/: Bus 02.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/6p, 5000M
/: Bus 01.Port 1: Dev 1, Class=root_hub, Driver=xhci_hcd/8p, 480M
|__ Port 1: Dev 2, If 0, Class=Human Interface Device, Driver=usbhid, 12M
|__ Port 2: Dev 3, If 0, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
|__ Port 2: Dev 3, If 3, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
|__ Port 2: Dev 3, If 1, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M
|__ Port 2: Dev 3, If 2, Class=Audio, Driver=snd-usb-audio, 480M

音が出る実機では480M(USB2.0)で接続されていることがわかります。

“VirtualBox上のDebian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う方法” の続きを読む

テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている

エレコムのテンキーレスなコードレスキーボード(TK-FDM105TBK)を職場で使い始めて数ヶ月経過しました。それまで使っていた前モデル(TK-FDM086T)は、一応まだ使えるので宿泊先のデスクトップPC(Linux)で使用しています。よって簡単に操作性の比較が出来ます。

なお、宿泊先では仕事を終えて帰ってきて、晩飯を作って食って、風呂に入って身支度をして、ちょっと空いた時間でPCを使う程度なので使用時間にしては知れています。それでもやはり違和感というか違いには気付かされるものがあります。

まず、キーの動きが改良されているという点です。もちろん前に使っていたものは古くなっているので劣化していることは考慮しての事ですが、もともとこういうガタガタしたキータッチだったのは覚えているので、かなり改良されていると評価出来ます。

そして気になるのはキーボード底面の滑りです。仕事先では気になることはありませんが、前モデルを使っていると机の上で少しずつ滑っていくのがプチストレスです。仕事中にそういう違和感は全く感じないのでここも改良されていると気づきます。

キートップの印刷は強化されていると感じます。前モデルは2台使いましたが一ヶ月もしない内に印刷が薄れてきてました。今職場で使っている(TK-FDM105TBK)についても、キートップの印刷が薄れる傾向は少し現れて来てますが、改良されただけあってまだ大丈夫です。仕事がらPC操作は多いのでかなり打ち込んでます。

“テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている” の続きを読む