テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている

エレコムのテンキーレスなコードレスキーボード(TK-FDM105TBK)を職場で使い始めて数ヶ月経過しました。それまで使っていた前モデル(TK-FDM086T)は、一応まだ使えるので宿泊先のデスクトップPC(Linux)で使用しています。よって簡単に操作性の比較が出来ます。

なお、宿泊先では仕事を終えて帰ってきて、晩飯を作って食って、風呂に入って身支度をして、ちょっと空いた時間でPCを使う程度なので使用時間にしては知れています。それでもやはり違和感というか違いには気付かされるものがあります。

まず、キーの動きが改良されているという点です。もちろん前に使っていたものは古くなっているので劣化していることは考慮しての事ですが、もともとこういうガタガタしたキータッチだったのは覚えているので、かなり改良されていると評価出来ます。

そして気になるのはキーボード底面の滑りです。仕事先では気になることはありませんが、前モデルを使っていると机の上で少しずつ滑っていくのがプチストレスです。仕事中にそういう違和感は全く感じないのでここも改良されていると気づきます。

キートップの印刷は強化されていると感じます。前モデルは2台使いましたが一ヶ月もしない内に印刷が薄れてきてました。今職場で使っている(TK-FDM105TBK)についても、キートップの印刷が薄れる傾向は少し現れて来てますが、改良されただけあってまだ大丈夫です。仕事がらPC操作は多いのでかなり打ち込んでます。

“テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている” の続きを読む

Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜何の苦労も無くRubix22とUR22mkIIが使用出来た

昨日届いたsteinberg UR22mkIIがWindows環境できちんと動作するのを確認出来たので、どうせならLinux環境でも使いたいと考えていました。ついでにRoland Rubix-22も動作するか確認してみます。

リサーチ段階では、結構苦労するかも知れないという感じでしたが、結果的にdebian GNU/Linux 10(Buster)xfceでは接続するだけでオーディオ入出力が可能でした。あっさり認識してくれました。

ただ、私の実際の検証においては、検証環境として使っているOracle VirtualBox(仮想マシン)の不具合で、遠回りさせられたので検証にはちょっと時間がかかりました。

仮想環境で動かしたdebian上ではオーディオインターフェースをきちんと認識しており、PulseAudioでレベルゲージも振れているのにオーディオインターフェースから音が出ないという症状でした。Oracle VirtualBoxにおいてUSBコントローラー周りのエミュレートが上手く出来ていない様です。まぁ仮想環境なんてそんなレベルだと割り切るしかありません。やはり実機で検証するのが確実ですね。

PulseAudioは正常に動作しているので、次にALSAに不具合が有るのでは無いか?とコマンドを叩いて調べて行くうちに「何も問題は無いんじゃないか?」という結論にたどり着きました。そして仮想環境での検証を諦めてdebian実機に接続してみたところ、あっさり動作してきれいな音を奏でてくれました。

最初から実機に接続すればトラブルはなかったでしょうが、Oracle VM VirtualBoxが信用出来ないということは学習出来たので遠回りした価値はあったと思っておきます。

正直いってOracle VM VirtualBox(バーチャル環境)のことは信じていなかったので、もしかしたら「上手く動作しないのは仮想環境のせいでは?」という疑いの気持ちがあったのは幸いでした。疑いを持ってなければ泥沼にハマって時間だけを浪費してしまうところでした。

“Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜何の苦労も無くRubix22とUR22mkIIが使用出来た” の続きを読む

宿泊先にLinuxでPC環境を整える事にした経緯~用途を限定するならストレスが少ない方が良いに決まっている

仕事先のプライベートな環境で、不便を強いられるWindowsはパスし自由なdebian GNU/Linuxを採用することにしました。なかなか快適です。

余談:経緯を記しておく

現在、自宅がある高知市の会社で働いていますが、仕事の関係で高知市から車で片道2時間の四万十市で働いています。ウィークデーは四万十市で仕事をして(宿舎あり)金曜日の夜に車で自宅に帰ってきて、日曜日の晩にまた四万十市へ移動して翌週の仕事に備えるという感じの移動生活をしています。片道2時間かかるので毎週4時間を移動に費やしています。この4時間は結構もったいないです。

この仕事に携わる様になった当初は、半年だけという約束で受けたのですが、人員不足が理由で既に3年半経過しました。多少の手当は会社から出ますが、移動の為に中古の軽自動車も購入したのでガソリン代、車検代、その他消耗品等の維持費を考えると何の為に時間と体力を消耗して働いているのか疑問に思えています。

それ以前は原付きで10分の会社に通うだけだったので車も所有しておらず、給与面で安くても無駄な車の維持費はかからず、自分の時間はある程度確保出来ていました。今はしんどいだけでメリットの無い仕事をしていて消耗しちゃっている状態です。転居の際に趣味であった車を手放してからは車がいかに無駄金のかかるものかを痛感したものです。(車は金を産まない用途なら完全に財布の穴です。)

しかし、不平不満を言っても始まりませんし、置かれている環境を整えていくしかありません。夜の移動なので車は必須です。根本的に今の環境がダメなら転職すれば良いでしょうし、それ以外の理由で不満があるのなら改善する方法を考えて手を打つのがベターです。

半年だけだという事だったので、仕事先の宿舎ではネット環境が無い等の不便さは我慢する事にしていましたが、ズルズルと引き伸ばされていることから、限界だなと感じて11月にWiMAXを契約してネット接続環境を手に入れました。これによってかなり不便だった部分が改善されました。当然通信費用はかかるので出費となります。それなら出費に見合うだけの価値を生むしかありません。現状に不満はありますが不満を垂れても何も生まれないし、それならば自分の環境を工夫して行くことは致し方ない事だと思っています。

余談が長くなってしまいましたが、WiMAXによるネット環境を手に入れた事により、仕事先の宿舎で無駄に面白くも無いテレビを見たりして過ごしていた無駄な時間を有効活用する事にしました。無駄にテレビを見て過ごした時間すら今は惜しいです。今はTVを見ることは無いのでコンセントも引っこ抜いています。

“宿泊先にLinuxでPC環境を整える事にした経緯~用途を限定するならストレスが少ない方が良いに決まっている” の続きを読む