古いフラットベッドスキャナーがWindows10(64bit)で使えない~USB起動のUbuntuで回避

先日、高知新聞の夕刊に「街のたばこ屋さんは今」という記事が掲載されたので、それをブログのネタとして取り上げようと思っています。

とりあえず新聞の一面をスキャナーで分割して取り込んで、Gimpで合成して一枚画像にしてしまおうと思ったのですが、思わぬ壁が立ちはだかっていました。

今、我が家にあるPCは、Windows 7(64bit)と、Windows 10(64bit)のパソコンしか置いてなく、仕事先の宿舎にUbuntuをインストールしてあるノートパソコンを持っていったまま持ち帰ってません。大失態です。

我が家のフラットベッドスキャナーは、Canon Canoscan N676Uという古い機種なのですが、はっきり言ってそんなに使ってもないし、投資した金額の元を取れているか?となると怪しい位に稼働率の低いデバイスであります。

そんなCanoscan N676UもWindows XP時代のものですから、すでにサポートも切れており、デバイスドライバもメーカーから当時リリースされたVista(32bit版) 以降はドライバが出ていません。つまり64bit版 Windowsでは対応ドライバが配布されていないため絶望的に使用出来ません。

実際、USBケーブルで接続すると新しいデバイスとして検出はされますが適切なドライバが見つからないと拒否られますし、当然GimpのTwainデバイスリストにも現れません。

結論、64bit版WindowsではCanoscan N676Uを使うのは無理そうです。ドライバを自分で作るとかすれば話は別だけど。

“古いフラットベッドスキャナーがWindows10(64bit)で使えない~USB起動のUbuntuで回避” の続きを読む

I-O DATA WN-G300R3を使ってみて気づいた不満点を記す~ある程度使ってみて実感した不便

安価で動作も安定していると評価出来る「I-O DATA WN-G300R3」ですが、使いはじめて三ヶ月になるので不便な事も出てきました。

後々の自分の為にも記しておきます。(後から気づいたことは加筆予定)

ルーティング機能が無い

ほとんどの一般的家庭環境では必要の無い機能ですが、ルーティング設定が行えないのはネットワークの柔軟性としては厳しいです。打つ手ナシという感じ。この価格帯のルーターじゃ仕方ないですね。割り切るしか無さそうです。やっぱりYAMAHA RT-57iは色々な事が柔軟に出来て銘機だった。

マルチセッション非対応

メーカーのサイトで仕様を確認すれば分かることなのですが、この機種、PPPoE認証1セッションしか使用できません。これの意味する事が分からない人や、そんなもん必要ないという通常のユーザーは問題ないと思いますが、私インフラ屋的には不便極まりないです。

ネットワーク診断等で複数のISP(OCN、SO-NET、Nifty等)を同時に使い分けたり、フレッツ速度診断などを使う場合、このルーターは接続先を1つしか設定出来ないので、いちいちルーターの設定を書き換えなければなりません。シングルセッションでも仕方ないですが、せめて接続情報は3つ位は保存出来て、切り替えて使用出来るようにしてほしかった。

余談ですが、10年くらい前にADSLで使用していたNTT SV3ルーターですらマルチセッション対応だったので(今振り返れば銘機だったのかも)、複数のISPに同時に接続して、機器毎に接続先を割り当てて同時に使用していました。常時稼働でメールサーバーとWebサーバーも自宅で運用していたのですが、そういうニーズにもSV3はしっかり応えてくれました。

その点、このご時世のルーターのくせにシングルセッションって不便だなと思わざるを得ません。やっぱり価格なりって事なのでしょうか。

“I-O DATA WN-G300R3を使ってみて気づいた不満点を記す~ある程度使ってみて実感した不便” の続きを読む

自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善

ずっと懸案事項ではあったのですが、自宅のWi-Fi(無線LAN)環境に不満がありました。そしてついに年末年始のネット激遅状態に嫌気がさして、少しでも改善させるべくWi-Fi機器を更新することにしました。

リモートのサーバーとセッションが切れる(自動処理させているのが止まる)事に我慢の限界が来てしまいました。

我が家の場合は1階にインターネット回線を引き込んでいるので、

  1. NTT ONU
  2. YAMAHA RT-57i
  3. BUFFALO WCA-G

この三台構成で宅内に無線LANの電波を飛ばしてコードレスで使用しています。

なんとかごまかしながら使ってきたのですが、どうしても2階の部屋に置いているデスクトップPCのネット接続の問題(電波が弱い)が後回しになっています。

一応、対策としては、いわゆるUSB Wi-Fi子機I-O DATA WN-G300UA(高感度無線LANアダプター)を使ってデスクトップPCでもWi-Fi接続で使ってしのいできましたが、元々のネット接続が遅いので快適とは程遠いです。デスクトップPCでは集中して作業するので無線LAN接続は少しでも状態良く使用したいと考えました。

長年使ってきた無線LAN親機(BUFFALO WCA-G)はトラブルも無く動作してくれ、ワンルーム等のコンパクトな環境においてはお手軽で気に入っていたのですが、二階建ての家屋では電波が弱くなり不安定な状態が実情です。

有線LANケーブルを自由に敷設出来ない住宅環境においてはどうしても無線LANに頼らざるを得ません。借家という理由もあり勝手に壁や床に穴をあけて配線するわけに行きませんので。

Wi-Fi親機をハイパワーモデルに変更

BUFFALO WCA-Gでは力不足と判断してハイパワーモデルを使用することにしました。ここでいっそのことハイエンドなものに切り替えることも考えたのですが、2階の部屋でデスクトップPCを使う頻度はさほど高くないことや、高速モデルを購入してもインターネット接続(プロバイダー)が遅いことから、高速なWi-Fi機器を無理して買ってもほぼ無意味と考えると、見返りの期待できない投資をするのはやめようと言う判断になりました。

“自宅ネットワークを更新(I-O DATA WN-G300R3)〜ハイパワー仕様で2階の電波強度も改善” の続きを読む