ネットワークのお仕事道具-その3~LANケーブルチェッカーは必須アイテム

先日もネットワーク系の仕事をしてきましたが、その際にLANケーブルテスター(チェッカー)が役だってくれました。今回の仕事はPansonicのネットワークカメラのセットアップでした。カメラのセットアップと、インターネット上への公開(つまりルーターのポート開放など)です。

施工はクライアントがいつも依頼している電気屋さんにしてもらうことにしました。つまりLANケーブルの敷設、カメラ取り付け雲台の取り付け、ケーブル配線の整理など、施工に関しては電気屋さん任せです。

施工が終わったのでカメラを設定して欲しいと依頼を受けたので訪問したところ、店舗の天井スレスレの壁にカメラの取り付けが終わってました。LANケーブルも通ったみたいです。LEDも点灯しているので給電もOKですね。しかし黒いケーブルが接続されています。あれれ?カメラの型番違うんじゃね?そもそも色が違うし。

既にこのクライアントはBB-HCM511を1台使用しており、一番最初は、同じ機種で別の箇所(店舗)に取り付けてほしいという依頼を当初私に持ってきてくれました。しかし建屋の中の配線ルートが分からない上に距離があるので、そもそも配線出来るかどうか、悪戦苦闘するのも効率が悪いなと考えました。そこでいつも依頼している電気屋さんに施工を依頼出来ないかと提案してみたところ、施工と設定を分離してしまおうという事になった訳です。カメラの型番や必要な配線の概要は紙に書いてクライアントに渡したのですが・・・

カメラの型番やっぱり違ってる。BB-ST162で画角は大丈夫なのかな?とか思いつつも、黒いケーブルはどうやらACアダプター電源ケーブルだろうなと推測してみたらやっぱりその通りだった。クライアントにはPoEという方式でLANケーブルから電源を供給出来るので、AC電源アダプタは要らないと伝えておいたのに、電気屋さんに伝えてないのんね・・・あらら

“ネットワークのお仕事道具-その3~LANケーブルチェッカーは必須アイテム” の続きを読む

ネットワークのお仕事道具-その2

LANケーブルへのRJ-45コネクタ取付加工。これはCAT5までなら特別難しい作業ではありません。CAT6からはちょっとめんどくさいので手先の器用さが必要になりますけどね。いずれにしても現時点CAT6を使う必要性はそれほど無いのでCAT5で充分だと思っています。(ケーブル引き直しが大変なところだけは、将来の為にCAT6で引いておくというのもありえますが)

圧着工具は先のエントリーで記したので、次はテスターです。テスターもピンキリで、ケーブルの特性(性能)まで計測出来るアナライザまであるのですが、多くの場合それほどシビアな用途では無いので、線の順番を間違えていないかどうか?と、接触不良が無いかどうか?を検査出来るテスターが良いですね。

それと、仕事柄、ケーブルを天井裏や床下配線してから両端にRJ-45コネクタを取り付けるので、テスターは親子分離型であることが条件ですね。でなければテスターでチェックできませんから。

“ネットワークのお仕事道具-その2” の続きを読む

ネットワークのお仕事道具-その1~RJ45(LANコネクタ)圧着工具は信頼性第一で選びたい

個人事業主として活動開始してちょうど一ヶ月。そろそろお仕事しなくては生活していけません。一応引き合いはいくつか頂いたのですが、まだお仕事に結びついていないので今月の収入はゼロ。設備投資に一万円少々の出費で赤字スタートです(苦笑

10月は一つ仕事が決まっています。ネットワークカメラの施工と設定です。施工に際して手持ちの工具と、持っていないツールを再確認。おそらく重要になる工具は、RJ-45コネクタを取り付ける圧着工具です。私は以前の仕事の時にネットワークケーブルの加工が多くて自腹で買った工具があります。

MP-8 CRIMPER-白山製作所

結構高かった記憶がありますが、当時は工具にかける金は必要経費と割り切れる位にそこそこ収入があったので疑問にも思わず買いました。今は多分とてもじゃないけど気軽には買えないと思います(苦笑

“ネットワークのお仕事道具-その1~RJ45(LANコネクタ)圧着工具は信頼性第一で選びたい” の続きを読む