パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする

現在の仕事はほぼデスクワークでPCは欠かせない道具です。書類を見ながら行う仕事が多いので目を酷使します。年齢的に老眼も始まっているのでメガネのレンズを買い替えたりもしていますが追いつきません。肩こりもひどいし。

残念なことに事務所の環境的にも照度が不足しているので(自分の席の上には照明器具が無く照度的に谷間にある)、手元の明るさが隣の席と比べるとかなり暗いです。虫眼鏡を使っても読みにくい文字や図面が多くなってきました。

立場的に居候な感じなので直接雇用先の会社に言っても無理なので、自分で改善する事にしました。

卓上スタンドタイプは邪魔になる

学生の頃には管型蛍光灯スタンドをサイドにおいて位置や角度を調整しながら勉強したのを思い出しますが、机の両サイドは隣の席と接しているのでスタンドを固定する方法が有りません。机の上に置くタイプしか無いのかなぁと思いましたが、机の上が狭くなるので他の方法を探すことにします。

仕事先の机はパーティションで隣、前とが仕切られているので光が回って来ないのでこれが暗さの原因とも言えるのですが、パーティションに取り付けるタイプのスタンドは無いものかリサーチしました。クリップタイプが使えそうです。しかし環境に合うコレだと言ったものは有りませんね。

“パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする” の続きを読む

プリンストンDrobo 5Cの拡張計画レビュー~既存HDDから段階的に容量を増やせるBeyond-RAID

先日購入したプリンストンDrobo 5Cをある程度触ってみて概ねBeyond-RAIDの構成がわかってきたので、既存の4TB HDD✕2個に入っているデータを移行させた後に、RAIDに加えて最大に拡張することにしました。

Dorobo 5Cの活用プラン

まず、Drobo本体の他に、4TB HDDを3個新規で購入する事にしました。

この3個でBeyond-RAIDを構成すると、単純計算で8TB(実際は約7TB)の容量のRAIDストレージが構成されます。

“プリンストンDrobo 5Cの拡張計画レビュー~既存HDDから段階的に容量を増やせるBeyond-RAID” の続きを読む

プリンストンDrobo 5Cで10TB以上の大容量ストレージを実現する~I-O DATA LANDISK HDL-GTRでは流石に厳しい

プリンストンのDrobo 5Cを購入しました。

我が家ではかみさんのPCとファイル共有をする目的で、かなり昔にI-O DATA LANDISK HDL-GTRを導入して現在に至っていますが、最近はかみさんもPCをほとんど使わないのでNASである必要性が無くなりました。

また、HDL-GTRはいわゆるRAID NASですが動作が非常にが遅く、また長期的に使っているとHDDカートリッジの接触不良等で起動に失敗すると再構築が走り出し一日以上リペア処理が動きっぱなしになります。その間なーんも出来なくなります。

このHDL-GTRは元々は2.0TB(500GB✕4本)だったのですが、HDDに不具合が生じて壊れた時に、どうせ修復するならと4TB(1TB✕4本)にカスタムしてしまいました。予備のHDDも1本追加でその時はHDDを5本購入して修復しました。保証は切れていたのでもちろん自己責任です。

現在はWindows 10パソコン、Linuxでファイル共有する際に使用していますが、一応RAID5で動作しているので用途によっては役立っているのは間違いありません。でもやっぱり遅いし不自由・・

“プリンストンDrobo 5Cで10TB以上の大容量ストレージを実現する~I-O DATA LANDISK HDL-GTRでは流石に厳しい” の続きを読む