Microsoft Office 2013は32bit版を使おう~64bitは使うメリットがほぼ無くデメリットだらけ

Windowsパソコンの調子が悪くなってWindows 7をリカバリーしました。その際、32bitで使っていたOSを64bitに変更したので細かな所で変更が生じました。それは概念的に知っているのでコツコツ修正するしか無いのですが、まさかマイクロソフト製品同士の互換性で躓くとは思っていませんでした・・

先ずは環境の把握

躓いた環境を拾い出してみると、下記の組み合わせでした。

  1. Windows 7 Professional 64bit
  2. Office 2013 Personal 64bit(Accessは含まれていない)
  3. Access Runtime 64bit(無償ダウンロード)
  4. Access 32bitで作られたデータベースファイル

OSは自身で64bitを選んだのは間違いありません。そこからOfficeをインストールしたら勝手に(?)64bit版のOfficeがインストールされていました(少なくともインストーラーによる確認はありませんでした)。これがトラブルの始まりだったとは・・

Accessは32bit版と64bit版でデータベースファイルの互換性が無い

そこへ必要性が生じて無償で利用出来るAccess Runtime 32bit版をインストールしようとしたら、「Officeが64bit版なのでAccess Runtimeも64bit版じゃないとダメ」だと言われたのでその通り64bit版にしました。

つまりOS、Office、Access(Runtime)共に64bitで揃えた訳です。この流れ場普通に考えると思います。

64bit版Access Runtimeのインストールが終わったので、Accessで作成されたデータベースファイルを開こうとしたら、

「このデータベースファイルは32bit版Accessで作成されたものなので開けません」

みたいなメッセージが表示されました。

そんなアホな?と思ってネットで検索したらそういう事例がいくつか見つかりました。
ExcelやWordと違ってAccessは32bit/64bitで作成されたデータベースファイルに互換性が無いらしいのです。同じアプリなのにファイルに互換性がありません。信じられません・・

“Microsoft Office 2013は32bit版を使おう~64bitは使うメリットがほぼ無くデメリットだらけ” の続きを読む

Microsoft Expression Webが使える~HPB(ホームページビルダー)なんかより断然いいね

今更だけどWeb公開スペース(サーバー)の都合でCMSを設置出来なくて、50MB程度の領域でコーポレートサイトを公開する要件をつきつけられている。既に存在するWebページはHome Page Builder 6.5で作られている。コンテンツもかなり絞られているけれど、明らかに不要と思えるものを置いていたりしているので削除するなり、他のクラウドストレージに置いて容量を節約する。

Markdown記法等も検討したが、自分一人で運用管理していける訳では無いので、汎用的なHTML+CSSで静的ページの構造しか無いだろうと判断した。しかしそこで短絡的に現在のサイトを作ったエディタHPBの最新版を使うというのはNOだと考えた。なぜならソースの可読性が非常に悪いので完全にエディタに頼る事が想像出来る。つまりゴミタグがどんどん肥大して現在の状態に戻ってしまうことが容易に想像出来る。

そこで、シンプルなHTML+CSSコーディングが可能なHTMLエディタは無いものかと検証した。幾つか試した中で最も感触が良かったのがMicrosoft Expression Webである。以前はパッケージソフトであったが現在は開発が終了してしまい無償で配布されている。つまり無料で利用できる。

  1. HTML+CSSエディタとして、IntelliSenseによるタグ補完が便利すぎる
  2. アドイン追加でHTML5、CSS3に対応させられる
  3. ダイナミックWebテンプレート機能がある
  4. サイトコンテンツ管理やFTP転送機能も組み込まれている
  5. 要するにDreamWeaverの様な使い方が理想に近い

“Microsoft Expression Webが使える~HPB(ホームページビルダー)なんかより断然いいね” の続きを読む

個人でAutoCADなんて買えない人に~無料版なら国産のJw_cadがあるけどDWGが開けて操作性が似たCADがやっぱり良い

一番最初に務めた会社の仕事でAutoCADを使わなくてはならなくなり、会社費用で2日か3日の短期コースでレッスンを受けさせてもらって、基本的なAutoCAD LTの機能を使って平面の図面は描けるようになりました。確かバージョンが2002だったと記憶しているので、もう10年以上前になるのかな。

その会社は勤続が長かったけど、体調を崩して退職ししばらくくすぶってパート勤務とかアルバイトとかしたりした後に再就職。結局またIT畑に戻ったみたいなものでしたが、AutoCAD LTを使うことはほぼありませんでした。CADはやっぱり特種な業界専用のツールだと思います。

その会社も数年正社員で務めた後に退職し、その会社勤務の時のつてで出入りの業者の社長から声をかけてもらい、アルバイトをさせてもらったりしたのですが、そこでAutoCAD LTを使用する機会がまた再登場。図面を描いたり編集したりという作業がまた再発です。幸い製図を最初から行うレベルではなく、既存の建造物図面にレイヤーを重ねて機器の配置シンボルを落としていく作業とかがメインでしたので難しくはありませんでした。

AutoCAD LTは結構使い込んだ時期があったので、基本機能はすぐに思い出せました。ちなみに私はCADにはあんまり詳しくは無いのですが、AutoCADというのは3D対応で、LTは2D版らしいです。

3D系のCADはCATIAを触ってみて無理だと思ったのでそれ以来触れていません。全く3D CADは理解出来ませんでした(w

そんなCADですが2Dでも十分に便利です。CADというアプリケーションの仮想空間の中で実寸で描いておけば、縮尺してプリントアウト出来るし、実寸で描いているから図面をベースに色々調べる事もできますからね。ホント画期的なツールだと思いますよ。

しかし、AutoCAD LTは高い。3D対応のAutoCADはもっと高いですけどね。趣味用途やちょっとした仕事程度では手が出せません。私も会社を離れて個人で仕事をする様になって、CADが有ったら便利だなというケースに遭遇することが時々ありますが、AutoCAD LTに慣れているので、今更他のフリー(無料)のCADを使おうとは思えません。jw_cadが有名らしいですけど使い方が全然違うそうなので。

“個人でAutoCADなんて買えない人に~無料版なら国産のJw_cadがあるけどDWGが開けて操作性が似たCADがやっぱり良い” の続きを読む