個人でAutoCADなんて買えない人に~無料版なら国産のJw_cadがあるけどDWGが開けて操作性が似たCADがやっぱり良い

一番最初に務めた会社の仕事でAutoCADを使わなくてはならなくなり、会社費用で2日か3日の短期コースでレッスンを受けさせてもらって、基本的なAutoCAD LTの機能を使って平面の図面は描けるようになりました。確かバージョンが2002だったと記憶しているので、もう10年以上前になるのかな。

その会社は勤続が長かったけど、体調を崩して退職ししばらくくすぶってパート勤務とかアルバイトとかしたりした後に再就職。結局またIT畑に戻ったみたいなものでしたが、AutoCAD LTを使うことはほぼありませんでした。CADはやっぱり特種な業界専用のツールだと思います。

その会社も数年正社員で務めた後に退職し、その会社勤務の時のつてで出入りの業者の社長から声をかけてもらい、アルバイトをさせてもらったりしたのですが、そこでAutoCAD LTを使用する機会がまた再登場。図面を描いたり編集したりという作業がまた再発です。幸い製図を最初から行うレベルではなく、既存の建造物図面にレイヤーを重ねて機器の配置シンボルを落としていく作業とかがメインでしたので難しくはありませんでした。

AutoCAD LTは結構使い込んだ時期があったので、基本機能はすぐに思い出せました。ちなみに私はCADにはあんまり詳しくは無いのですが、AutoCADというのは3D対応で、LTは2D版らしいです。

3D系のCADはCATIAを触ってみて無理だと思ったのでそれ以来触れていません。全く3D CADは理解出来ませんでした(w

そんなCADですが2Dでも十分に便利です。CADというアプリケーションの仮想空間の中で実寸で描いておけば、縮尺してプリントアウト出来るし、実寸で描いているから図面をベースに色々調べる事もできますからね。ホント画期的なツールだと思いますよ。

しかし、AutoCAD LTは高い。3D対応のAutoCADはもっと高いですけどね。趣味用途やちょっとした仕事程度では手が出せません。私も会社を離れて個人で仕事をする様になって、CADが有ったら便利だなというケースに遭遇することが時々ありますが、AutoCAD LTに慣れているので、今更他のフリー(無料)のCADを使おうとは思えません。jw_cadが有名らしいですけど使い方が全然違うそうなので。

“個人でAutoCADなんて買えない人に~無料版なら国産のJw_cadがあるけどDWGが開けて操作性が似たCADがやっぱり良い” の続きを読む

互換モードで動作させるとTexterの挙動が変~以前とは逆に互換モードが災いする様になった

PCの環境をいじったので常用ツール類のセットアップ中です。さほど使用頻度が多いわけでは無いのですが、特にブログを記す際によく使用するHTMLタグをTexterという、キーボード入力補助プログラムで横着してます。これが有ると無いとでは大違いなのですよ。

Texterの利便性についてずいぶん前に記した通りなのですが、日本語入力における制限(不具合)さえ黙認すれば、結構有用なツールだと思ってそういうものだと割りきって使っています。

ところが、Windows7 Home Premium 64bit環境での使用において、同32bit環境で起きていた不具合を回避するために、XP互換モードで動作する様に設定したところ、挙動が変な事になりました。逆にXP互換モードを外したところ挙動が安定した訳です。手元にWindows 7 32bit環境が無いので比較検証が出来ないのですが、64bit環境においてはXP互換モードが災いするのかも知れません。

f:id:sasapurin:20151028231234g:plain

色々試してみたところWindows7 64bitでTexterを使用する場合は、管理者権限で実行して、ショートカットをスタートアップに入れておくだけでOKという結論に至りました。こういうフック系のアプリケーションはハードウェアに近い部分の処理が影響するのは理解しているので、深く考えないようにする事にします。なお、管理者として実行しないと、管理画面からの変更が反映されない為、削除や追加した項目が元に戻ってしまう状況でした。

“互換モードで動作させるとTexterの挙動が変~以前とは逆に互換モードが災いする様になった” の続きを読む

ファイルの整理にFenrirFSが凄く便利~OSに無いタグ付け機能等でファイル管理が柔軟になる

ちょっと衝撃的に凄いかもしれないと思ったのが「FenrirFS」というファイル管理ツール。ファイルを「タグ」という概念で整理出来ます。

元々こういうツールの必要性を感じたのは、社内の商品画像を管理しているチームで、画像を再利用する際に探すのが大変だから必ずファイル名を品番にしようとか、色のバリエーションが有る時はどうする?とかで結局フォルダ名を必ず品番にしようというローカルルールでやってきた事です。

それはもちろん必要な事だったのですが、例えばラケットの写真が欲しいと感じている時に、品番を調べて品番で検索するのも不便だという意見。硬式テニスラケット、しかもダンロップの画像を探しているという時にピンポイントで探せる方法がなかなか見つからなかったのです。

JPEGファイルに限定しては、IPTCを使ってメタ情報をファイルに埋め込むという方法も採れなくは無いだろうと言う発想もあったのですが、一々ファイルにメタ情報を埋め込んでいく作業は結構な手間です。便利なツールを使ったとしても・・・Google Picasa3も対応してますけど複数条件による絞り込みに不満ありです。

たまたま、最近マウスジェスチャ付きブラウザの便利さに開眼したので、Sleipnirの事をちょっと調べていて、なにげにクリックしたところ、FenrirFSのページに到達して、何これ?という興味を持ったのが切っ掛けです。これはメチャ便利です。少なくともウチの職場ではウケが良くて早速導入することになりました。

ネットで検索するとまだまだ便利な使い方が紹介されているので、業務に最適化した運用ルールを決めていきたいなと思っています。

“ファイルの整理にFenrirFSが凄く便利~OSに無いタグ付け機能等でファイル管理が柔軟になる” の続きを読む