Windows7のキーバインドを変更する~左手小指が痛いのでCTRLキーとALTキーを入れ替えて使う

結構前から左の肩が痛くてたまりません。私はボールを投げる時は左手で投げるのですが、お箸や鉛筆は右手。つまり利き腕は右手です。

左肩と同じく、左手の小指も痛いのがずっと続いています。骨の中というか関節というか激痛でどんどん悪化している気がします。痛みを堪えて作業をすると肩こりがひどいです。肩こりから頭痛にも発展する事があります。

今日、PCの操作をしていてこの痛みは関係があるんじゃないかと思いました。キーボード操作で左手小指をCTRLキーによく使用します。CTRL+Cとか、CTRL+Vとかのキー操作です。この時結構指を開いている事に気づいたというか、今日は痛くて仕方ないので否応なしに気づきました。もう我慢限界。

そこでキーバインドを変更することにしました。具体的には「左CTRL」キーと「左ALT」キーを入れ替えます。LinuxなどのX-Window設定だと簡単に出来るのですがWindowsではどうやるんだろう?って調べてみたらレジストリをいじらないといけません。しかもコードなのでちょっとわかりにくい。レジストリをいじる事に躊躇はありませんがミスしそうな気配も。

ツールがあるだろうきっと・・・

ありました。非常にわかりやすい使い勝手でGOODです。

Change Key

Change Key」を使いキーの入れ替え設定がおわって、登録ボタンをクリックしたらいきなり再起動したはプログラム作者の配慮が足りない気もしますが、正式サポートじゃないWindows7なので仕方ないのかも知れません。Windows XPで試してみることが出来たらハッキリ言えるのでしょうがXP環境は準備するのが面倒なので省略します。

※Ver.1.5からWindows 7/Vistaに正式対応らしいです。

“Windows7のキーバインドを変更する~左手小指が痛いのでCTRLキーとALTキーを入れ替えて使う” の続きを読む

CSVデータ検索CGI(CGI KON)~ちょっと便利なCGIをカスタマイズして活用してみた

JANレコードの整理をして管理をしていますが、最初はExcel、次にAccessへと移行せざるを得ませんでした。レコード数が膨大になってきて、Excelでは取り扱えなくなった為です。(Excel 2003)

Accessは便利なのですが、マスターデータを他のスタッフに直接編集されると怖いので、参照専用で何か良い方法は無いものかな?と考えてみたところ、CSVデータとしてエクスポートして、それをWebアプリ(CGI)で検索出来ればいいんじゃないか?と考えた次第です。

【フリー】ファイル簡易検索(CSV用)

これがバッチリでした。Perl版を使わせて貰うことにしたのですが、PHP版もあるので自分の得意な言語版を使うと便利ですね。私は別にPerlが得意という訳ではなく、苦手なのでPerlでもPHPでも違いが無いので一般的なPerl版にした次第です(苦笑

設置は非常に簡単で、データCSVファイル、CGIプログラムと、Perlライブラリをサーバーにアップロードしてパーミッションを適切に設定するだけです。簡単に文字列検索出来ます。andで区切ると複数検索も出来ます。

ところが一つ不便なことに遭遇しました。

“CSVデータ検索CGI(CGI KON)~ちょっと便利なCGIをカスタマイズして活用してみた” の続きを読む

CSVファイルに関してはExcelの挙動はバカちん~MSがCSVファイルの扱いを重要視していないのがよくわかります

CSVファイルネタばっかりで面白くないかも知れませんが、一応自分の為にも記しているので備忘録なのでご了承下さい。

MS-Officeをインストールしている環境では、拡張子.csvファイルはダブルクリックすると、通常Excelに関連づけられているのでそのままExcelがファイルを開く。この挙動に関しては問題ない。開いてくれるという事に関しては。

しかし、Excelは余計なことをし過ぎである。

例えば、”00001″という文字列を勝手に”1″という値にしてしまったり、JANコードの為の列見出し”JAN1″を1月1日と認識してくれたり。

超お節介である。

CSVファイルなんだから、テキストデータとして処理させろ!仕様に問題アリアリじゃ。少なくともOffice2003では解決していない。

“CSVファイルに関してはExcelの挙動はバカちん~MSがCSVファイルの扱いを重要視していないのがよくわかります” の続きを読む