古いスキャナーをWindows10(64bit)で使えない場合~USB起動のUbuntuでスキャンする

先日、高知新聞の夕刊に「街のたばこ屋さんは今」という記事が掲載されたので、それをブログのネタとして取り上げようと思っています。

とりあえず新聞の一面をスキャナーで分割して取り込んで、Gimpで合成して一枚画像にしてしまおうと思ったのですが、思わぬ壁が立ちはだかっていました。

今、我が家にあるPCは、Windows 7(64bit)と、Windows 10(64bit)のパソコンしか置いてなく、仕事先の宿舎にUbuntuをインストールしてあるノートパソコンを持っていったまま持ち帰ってません。これが大失態です。

我が家のフラットベッドスキャナーは、Canon Canoscan N676Uという古い機種なのですが、はっきり言ってスキャナーってそんなに使ってもないし、投資した金額の元を取れているか?となると怪しい位に稼働率の低いデバイスであります。でも無いと困ることがありますので自宅に置いています。

そんなCanoscan N676UもWindows XP時代のものですから、すでにサポートも切れており、デバイスドライバもメーカーから当時リリースされたVista(32bit版) 以降はドライバが出ていません。つまり64bit版 Windowsでは対応ドライバが配布されていないため絶望的に使用出来ません。

USBケーブルで接続すると「新しいデバイス」として検出はされますが「適切なドライバが見つからない」と冷たく拒否られますし、当然GimpのTwainデバイスリストにも現れません。

もはや64bit版WindowsではCanoscan N676Uを使うのは無理そうです。ドライバを自分で作るとかすれば話は別なんでしょうけどね。

“古いスキャナーをWindows10(64bit)で使えない場合~USB起動のUbuntuでスキャンする” の続きを読む

Mozilla Thunderbird 60.0を試した~MozBackupでバックアップしてから実施

Mozilla Thunderbirdを使っているので、最新版の60.0を検証する為、Thunderbird 52.9.1+アドオン各種の環境(現状この環境がベストだと思っているので)をバックアップしてから行うことにしました。

バックアップはMozBackupに頼る事にします。MozBackupはMozilla製のアプリに多く対応したバックアップ&リストア専用のツールです。Mozillaアプリのプロファイル(データや各種ファイル)は決まったディレクトリに保管されますが、MozBackupではそれらを意識する事なく手軽にバックアップ&リストア出来るのが便利です。

Thunderbird 60.0への切替は、まだ早かった

結果的にThunderbird 60.0にしてみたものの、現在使っているアドオンの多くが対応しておらず、このままでは常用するのには不便なのでアップデートは先送りする事にしました。

“Mozilla Thunderbird 60.0を試した~MozBackupでバックアップしてから実施” の続きを読む

Evernoteに書き溜めた記録をOneNoteに移行~日記を記しておくと後々役立つ場面が多いのでオススメ

スマートフォンを使い始めた時に、Docomo端末にバンドルされていたEvernoteを使ってみて結構便利なこともあり、ちょっとしたことや日記的なことをEvernoteに記しておいたりしました。

ところがEvernoteが使いづらくなって使うのを辞め、Microsoft OneNoteを使うことにした際に(かなり前だけど)、後々移行させれば良いかなとそのままにしていましたが、時々、過去の記録を調べたいことがあり、その都度WebブラウザでEvernoteにログインして検索していました。

Evernoteのアプリは現在使っているスマートフォンにはインストールしていないので、いちいちWebブラウザで過去の記録を探すという手間をかけていました。

今週、3連休ということもあり自宅でPCを使う時間が取れる様になったので、懸案としていたEvernoteからOneNoteへデータを引っ越しさせることにしました。これを済ませてしまえば、今後はOneNoteから過去の記録を全て検索できる様になるし、無用になったEvernoteは削除できるのでスッキリします。

“Evernoteに書き溜めた記録をOneNoteに移行~日記を記しておくと後々役立つ場面が多いのでオススメ” の続きを読む