アンチウィルスソフトをESET Family Securityに変更~軽い上に詳細オプションが使える(但し注意点アリ)

かみさんと自分とでスマートフォンを更新した事もあり、アンチウィルス(ウィルス対策)ソフトを幾つか検証した結果、「ESET FAMILY SECURITY」にする事に決定しました。

1ヶ月無料の評価版を使用してみて問題らしい症状に全く遭遇せず、セキュリティ的にも保ってくれることが確認出来たのが選定の理由です。何も起こらないための保険みたいなものですからね。

軽い動作が気に入ったのですが、当然ながらしっかり保護もしてくれている様です。ESET法人版の使用は経験があるのですが、ファミリー版(5ライセンス)は使ったことが無かったので評価版で30日試せたのは良かったと思います。

“アンチウィルスソフトをESET Family Securityに変更~軽い上に詳細オプションが使える(但し注意点アリ)” の続きを読む

SANWA SUPPLY NT-19UH2BKプログラマブルテンキーを購入~左手の腱鞘炎対策に使用開始

また腱鞘炎勃発

またしても腱鞘炎でPC操作が辛いです。右手首に加え、右親指、そして左小指が腱鞘炎で激痛がします。右手首と左小指は以前にもやってるので後遺症として残っていたものが再発した可能性は高いのですが、それに加えて右親指までもが痛むとは。

トラックボーラー(トラックボール愛用者)としては親指の腱鞘炎は致命的です。角度を替えたりして工夫はしているのですが、根本的な治療をしてないので治る見込みナシです。温存するしかありません。ジェスチャーも極力自粛します。

PCを使った作業において、左手小指も結構致命的だったりします。先日記した、ショートカットキーのコンビで、CTRLキーを小指で押す操作を多用するからです。もちろん通常のタイピングでもAQSHIFTを押すのに小指は使います。

なるだけコピー貼り付けについては小指を使わない方向で行きたいなとプログラマブルキーをリサーチしてみたところ、サンワサプライのプログラマブルテンキーなる製品を見つけました。Amazonで2,000円ちょっとで購入できると分かったのでレビューを読み許容範囲だろうと判断して速攻で注文しました。

“SANWA SUPPLY NT-19UH2BKプログラマブルテンキーを購入~左手の腱鞘炎対策に使用開始” の続きを読む

マウスジェスチャーのメリットを記す~右手だけのイージーブラウジングには最適

先の記事でマウスジェスチャーの優位性を記したつもりですが、メリットあるの?という質問をもらったので、具体的なメリットを補足的に追記しようと思います。

基本はショートカットキー操作

どうやらショートカットキーを活用していない人には、マウスジェスチャーの優位性が伝わらない様なので、まずはショートカットキー操作の便利さを伝える必要が有る様です。

基本的な操作なのですが、

  • コピーCTRL+C
  • 切り取りCTRL+X
  • 元に戻すCTRL+Z

この操作はWindows 95が発売される前の、元Old Macユーザーの私にとっては基本操作として身についているのですが、どうやらこの操作もマウスでやっている人が多い様です。横で見ているとちょっとまどろっこしいです。

多くの場合、Windowsの場合は対象となるテキスト等を選択してから、

「右クリック」-「コンテキストメニュー」ー「コピー」

こんな感じで操作していると思います。マウス操作でそれを行うには、そういう操作をする様に設計されているので仕方ありません。

ところが先に記してある通り、CTRLキーを押しながらCとすればコピーは終了です。貼り付ける場所に移動してCTRLキーを押しながらVとすれば貼り付け終了。マウスを右クリックしてコンテキストメニューから選ぶより断然早いです。

左手が学習すればキーボードを見る必要すらありません。一瞬で操作出来ます。これが基本(ベース)となります。

“マウスジェスチャーのメリットを記す~右手だけのイージーブラウジングには最適” の続きを読む