OMRON UPS BY50S~PCとの通信エラーが解消していないのでUSBデバイスを監視して異常なら再起動する

先週、OMRON UPS BY50Sを保証交換してもらってから、USBケーブルでの監視状態がすごく安定する様にはなったのだが、それでもたまにBY50Sの状態監視ができない状態(通信エラー)が起きていることがある。まだ根本的な解決に至っていない様だ。またハズレ個体を手にしてしまったということか?

メーカー(OMRON)は無償交換してくれたし、これ以上は仕方ないと判断して、通信状態を定期的に監視して、もし通信エラーが起きているならUSBポートをリセットするスクリプト(BATファイル)を走らせて対処療法的に対策することにした。停電の時にきちんとシャットダウンスクリプトが動いてくれたら良いのだ。

デバイスマネージャでUSBポートを突き止める

マイクロソフトが配布している「devcon.exe」を使えばUSBデバイス(ポート)の状態をチェックして、リセットをかけられるのだが、デバイスIDの指定が必要になる。デバイスマネージャにおいて、BY50Sがどの様に(デバイスIDで)認識されているか調べることにした。いきなりデバイスマネージャに取り掛かっても良いが確実に探したいので遠回りをする。

最初にUSBデバイスがどの様に認識されているか調べるのが近道だ。調べるために使ったのは「usbdeview」というフリーウェアだ。WindowsというOSは過去に接続されたUSBデバイスはレジストリに記録される仕組みになっている為、USBDeviewで表示させると数年前に接続したUSBデバイスなども羅列される。

これでは情報が雑然とするので、USBDeviewのオプション表示機能を使って「切断されたデバイス」は非表示にして現在接続されているデバイスのみに絞り込む。

「オプション」-「切断されたデバイスを表示する」のレ点を外す。

すると現在USBポートに接続されていて有効になっているデバイスのみ表示される(下図)ので、シンプルに現在は4つのデバイスが認識されているのがわかる。

“OMRON UPS BY50S~PCとの通信エラーが解消していないのでUSBデバイスを監視して異常なら再起動する” の続きを読む

OMRON UPS BY50Sを代品交換してもらった~PCとの通信エラー頻発で問い合わせたら早々に送ってくれた

梅雨もまだ明けてないらしいですが台風も既に発生していて、かなり蒸し暑く鬱陶しい日が続いています。梅雨前に購入して装備したOMRONのUPS BY50Sですが、PCとはUSBケーブルで接続し、専用のシャットダウンアプリをインストールして停電(瞬断)に備えています。

しかし、困ったことにUPS本体とPCとの通信エラーが頻発する症状が設置当初から続いており、瞬断には効果はあるものの、停電にはかなり不安が残ります。様子見をしながらズルズルと引きずっていたのですが、これはもう無理だなと先週の日曜日にメーカー(OMRON)のホームページから問い合わせフォームに入力して相談をしておきました。

私の感覚的にはUPS本体の動作不良だと思えたので、ファームウェア等の更新が必要なのか?どうやったら更新できるのか?を問い合わせたわけです。もちろんこの手の業界は長いので、こちらでやってみた切り分け結果(USBケーブルの交換、USBポートを変更等)も書き込んでおきました。

すると火曜日のお昼すぎに電話がかかってきて、簡単な確認によるヒアリング後、「初期不良の可能性が高いので代品を送らせてもらいますので、交換してから送り返して下さい」と言われました。週末にしか自宅に帰れないので週末に交換して送り返すことを告げて電話を切りました。

OMRONの対応は早かったので、木曜日には配達されて来てかみさんが受け取っておいてくれました。なので今日(土曜日)には早速UPSの入れ替えができます。土日を逃すとまた一週間先になるのでOMRONの対応の早さには感謝です。

“OMRON UPS BY50Sを代品交換してもらった~PCとの通信エラー頻発で問い合わせたら早々に送ってくれた” の続きを読む

TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5を購入~評価版で試した結果で購入を決めた

5月の連休にPCで録り溜めた録画を整理するために使ってみたTMPGEnc MPEG Smart Renderer 5の評価版でしたが、キビキビと動いてくれて不要部分(CMなど)のカット作業がテキパキと進められること、また最小限のレンダリングしか発生しないため、保存も速いということで気に入っていました。

しばらく時間がなかったので30日間の試用期間が終わってしまっていたのですが、週末に少し時間ができたのでまた動画の整理をしようと思い、正規版を購入することにしました。

昔の感覚だとわざわざお店に出向いてパッケージソフトを購入してくるとか、通販で頼んでおくとかする手間暇がかかりますが、良い時代になったもので、クレジットカード決済ができるならインターネットで購入して、ライセンスキーを入手すれば、後は評価版を解除する認証手続きのみの10分もあれば完了です。貴重な時間を節約できます。

しかも、公式サイトの販売ページから買うよりも、普段使用しているAmazonであれば1割引(約700円)安く買えるので嬉しいですね。

“TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5を購入~評価版で試した結果で購入を決めた” の続きを読む