Google Picasa 3:画面キャプチャ

ブログ記事を書いていると、パソコンの画面を画像にしてブログ投稿にそのまま貼り付けたいって言うニーズがあると思います。いわゆるスクリーンキャプチャというやつですね。

元Macユーザーな私としては、モノクロパソコンの68kMacな時代からスクリーンキャプチャは当たりまえでして、私のケータイ電話(Nokia N73 base 705NK)でもスクリーンキャプチャが出来ます。画面をキャプれないデジタル製品なんかダメだろって言うのが率直な意見です。

これが私のケータイの待ちうけ画面。スマートフォンなので色々カスタマイズして遊んだ末、結局デフォルトに戻ったというのが実情だったりします。やっぱり使いやすさが一番だからシンプル・イズ・ベスト。

んなわけでパソコンが簡単に画面キャプチャ取れないってのはなんだか変だろって言うのが、特にWindowsパソコンを作っているMicrosoft社に言いたい意見です。繰り返しになりますがMacはモノクロが当たり前な時代からキャプれたんですよ。「カシャッ」っていうシャッター音を伴って。誰でも分かるインターフェースの良さに傾倒したものです。(Apple社は当初から嫌いですが)

さてWindowsです。職場でも自宅でもXPで止まっていて、VistaやWindows7はお試し程度にしか使ったことが無いので、既に正式にサポートされているのかも知れませんが、遅すぎって言いたいですね。今西暦何年やねん?とね。Macは20世紀から実現していました。21世紀ですよ今は。

そんなWindows XPのスクリーンキャプチャを容易にしてくれるツールは、フリーウェアでも数多くありますが、私が最もお奨めしたいアプリがありますのでご紹介しましょう。

“Google Picasa 3:画面キャプチャ” の続きを読む

YAMAHA YMS-VPN1~ヤマハルーターでVPN接続環境を構築したら使いたくなるクライアントアプリ

先日社内行事で主要な人達が留守にするという事がありました。その間に留守番を預かるスタッフ達で対応となった訳ですが、日常的にやってない業務を一日だけ任されたような場合、イレギュラーが発生すると確実に電話連絡してやりとりって事になるわけです。

そこで浮上したのがVPNルーターに外部からアクセスできないか?というニーズ。実際ノートPCとイーモバのモバイル通信デバイスなんかは持って行ってたらしいのですが、社内のネットワークに入れないという事は状況が見えないって事になるわけで、社内居残り組も、社外に出ている組もストレスになるわけですね。

さて、キャピタルスポーツのネットワークはVPNで拠点間を結んでいます。パソコンの操作が苦手なスタッフも多いので、苦手としない人がVNCなりでリモートでトラブル対処したり、業務的にPCに依存している部分はカバーしたりと。そういうのを社外からも出来ないとかなり不便だなと改めて問題が浮上したのです。

社内のネットワークを預かっている身としては、あんまり穴を開けたくないのですが、IPsecのVPNならまぁいいかなって気もします。一応トラフィックのグラフも取っているしログも残しているので不自然なトラフィックがあれば追求できるし。

確かWindowsってPPTPだけじゃなく、IPsecも対応してたよな?
そんなところから調査したのであります。

“YAMAHA YMS-VPN1~ヤマハルーターでVPN接続環境を構築したら使いたくなるクライアントアプリ” の続きを読む

Website Explorer~サイトの構造から構成ファイルを全て走査して洗い出す秀逸なアプリ

Webサイトの維持管理で、時々思い出したように使うソフトがあります。

Website Explorer

この仕様の充実度と完成度の高さでフリーウェアってのが信じられない位凄いです。トップページのURLを指定して走査させれば、リンクを辿って全ページの構造を分析してくれます。

サイト内のリンク状態と、外部サイトへのリンクを別々に拾い出してくれるので、外部リンクのチェックを後で行なうとリンク切れになっているページも一目瞭然。(長く運営していると閉鎖してしまうサイトもありますからね。)

とにかく真剣にサイトを運営している人にはかなり役立つツールだと思います。HPやブログの運営を行っている人は、だまされたと思って是非一度使ってみてください。便利さにきっと気づく事でしょう。

本当に開発者に感謝です。