GroupSessionもそろそろ・・

このブログにも何度か書いた記憶がありますが、Javaベースで動作する最近人気のグループウェアGroupSession2が個人的な感覚では熟成期に入って来たかなという印象を受けます。次のステップに進もうとしているというか。

チョコチョコと発見されたバグも殆どつぶしたみたいだし、モバイル対応(有償)と常駐アプリ(有償)でビジネス色も出てますし、付加価値的なものが有効に働いているなと。開発陣の地道なバージョンアップがようやく日の目を見たという感じでしょうか。何でも最初から高得点(高評価)は得られないと思う。徐々に育てるという気の長い努力が必要だと教わった気もする。

弊社ではセキュリティの都合上、社外からのアクセスはシャットアウトしてLAN内限定で使っているし、常駐アプリを使わなくてはならないほどはスタッフ達に使用を徹底(強制)してないので、そこまで活用してはいないという状況。便利に使えると思った人だけ使ってるというのが実情かな。今後は伝達手段としての徹底が課題だとは思っています。見ない人がいればそれだけでグループウェアの意味がなくなってしまいます。

思い返してみれば、初期の頃はバグが多かったので積極的に報告して改善してもらっていた事もありこまめにバージョンアップに追従していました。でも今は致命的なバグも少ないし、第一に社内に浸透してしまった今、GroupSessionを停止する事が難しいのです。頻繁にバージョンアップに追従していた頃は、まだ社内でも使用率が低くて気軽にTomcatを停止することが出来たのですが、今は強制的にシステムを停止するという事が出来ません。よって何かの時(電源設備の点検時にシステムが停止するとか)じゃないと作業が出来ないのであります。

かといってそんな機会がそうそう有るわけでも無し、業務終了まで居残りしてからバージョンアップ対応するってのも不可です。時間が来たら閉館しちゃうもんで。そんなこともあり何かのタイミングでなければバージョンアップが出来ない状態になってしまいました。すっかりバージョン取り残され状態。

システムを預かっている身としては、強くバージョンアップの自動化(予約とか)機能を望む。特にクライアント数が多くなれば管理者の殆どが切実な悩みとして抱えることになると思われる。(休日出勤とか、VPNで自宅からリモート作業とか・・プライベートの時間無くなるね)

“GroupSessionもそろそろ・・” の続きを読む

YAMAHA YMS-VPN1~ヤマハルーターでVPN接続環境を構築したら使いたくなるクライアントアプリ

先日社内行事で主要な人達が留守にするという事がありました。その間に留守番を預かるスタッフ達で対応となった訳ですが、日常的にやってない業務を一日だけ任されたような場合、イレギュラーが発生すると確実に電話連絡してやりとりって事になるわけです。

そこで浮上したのがVPNルーターに外部からアクセスできないか?というニーズ。実際ノートPCとイーモバのモバイル通信デバイスなんかは持って行ってたらしいのですが、社内のネットワークに入れないという事は状況が見えないって事になるわけで、社内居残り組も、社外に出ている組もストレスになるわけですね。

さて、キャピタルスポーツのネットワークはVPNで拠点間を結んでいます。パソコンの操作が苦手なスタッフも多いので、苦手としない人がVNCなりでリモートでトラブル対処したり、業務的にPCに依存している部分はカバーしたりと。そういうのを社外からも出来ないとかなり不便だなと改めて問題が浮上したのです。

社内のネットワークを預かっている身としては、あんまり穴を開けたくないのですが、IPsecのVPNならまぁいいかなって気もします。一応トラフィックのグラフも取っているしログも残しているので不自然なトラフィックがあれば追求できるし。

確かWindowsってPPTPだけじゃなく、IPsecも対応してたよな?
そんなところから調査したのであります。

“YAMAHA YMS-VPN1~ヤマハルーターでVPN接続環境を構築したら使いたくなるクライアントアプリ” の続きを読む

Microsoft WebsiteSpark

少し前にマイクロソフトから送られてきたメールで知ったのですが、WebsiteSparkというプログラムにより、開発環境を無償(厳密には3年で100ドル)で提供してくれるらしいです。

条件として社員が25名以下のWEB制作を行なっている企業(SOHO含む)となっており、このことから小規模なWEB系の開発会社をターゲットとして開発環境を提供して、Windowsプラットフォームによる開発に慣れさせてMicrosofに取り込もうという動きが感じられます。

なぜ25名以下なのか?
それは25名以下の規模なら与えるライセンス的にも小規模で済むし、まだ立ち上げたばかりの会社とかで資金も無いから有りがたがって喜んで使うだろうという思惑ではないかと思います。

ぶっちゃけ、きょうびの比較的小規模なWEB開発は、PHPによるものがメインとなっており、SQLとの連携も当たり前になっています。Expressionは評価版を使ったことがありますが、非常に良くできたWEB制作ツールだと思います。そういうツールを活かして、小さな芽の内に肥料を与えて成長させて、大きな収穫を得ようという意図が感じられますね。まぁ戦略的には教育機関向けと同様に有効だと思いますが。

しかし正直堂としてこのプログラムの恩恵を受けられるとしたら、ASP(Active Server Pages)系の開発に方向転換せざるを得ないだろうし、Windowsサーバーをプラットフォームとする事も強いられる気がします。しかし現実的にはWindowsサーバでの開発は今の流れにはありません。(殆どの案件でレンタルサーバを利用しますがLinuxサーバばかりです)

おそらくこのプログラムに乗っかろうという小さな企業は、開発環境を整える前で、今は何も設備が無いという企業になるでしょう。確かに3年間無料で使えて、3年の満了時に100ドル(約1万円)支払えば済むというのは、初期投資が要らないという意味ではうれしいことです。しかしその後の開発をWindowsプラットフォーム、もしくはMicrosoftに依存することを余儀なくされるので、時流に乗っているとは思えません。

もちろん世界的にもWindowsプラットフォームでのアプリケーション開発の需要は多いのは確かですが、ことWEB業界に関して言えば少数派の様に思います。ですからマイクロソフトはこのジャンルにも食い入りたいという気持ちはいっぱいだと思います。それゆえ提供されるのが

  • Windows Web Server 2008
  • SQL Server 2008 Web Edition
  • Expression Studio 3
  • Expression Web 3
  • Visual Studio 2008 Professional Edition

という事になるのでしょう。これ使い始めたらどっぷりMS色だろうな・・

なお、このプログラムはパートナー企業(レンタルサーバー屋とか)からの紹介(招待コード)を受けると、オプション的にプラスアルファのサービスを受けられるので、本当に設備投資ゼロ(VPS環境にWindowsライセンス込みで無料とか)から仕事始められるというメリットはあります。これから事業を立ち上げるとか、独立するとか言う人には向いているかも知れません。お金が無くても技術力さえあれば仕事できますからね。(営業力は別課題として)

“Microsoft WebsiteSpark” の続きを読む