「時効警察はじめました」が面白くてハマっている~色々な要素が詰まったコメディドラマ

個人的にコメディはあまり好きではないのですが、どうやら笑いのツボが合わないせいで自分には向いてないという先入観があった様です。コメディ、パロディなど映画やドラマ等の作品はたくさんありますが、殆どの作品が私にとっては面白くなくて合いません。

例外的に「ミスター・ビーン」は好きですし、映画として大好きな作品「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中で出てくるちょっとした笑いはクスッと笑わせてくれますし、笑いが嫌いというのではないのですが。

例えば「ホーム・アローン」の笑いは私には逆に嫌悪感を感じて駄目ですし、同じ笑いなのに何が違う?となると、やはり笑いのツボが違うんだと思います。

昨今のお笑い(漫才)を見ていてもほとんどハマりません。でも転勤で大阪に移動になってテレビで見た「吉本新喜劇」を初めて観た時には面白さがわかりませんでしたが、何度か観ていると笑わされるポイントがあることに気づきました。そしていつの間にかハマってしまいました。他人を傷つけるようなお笑いは嫌いで自虐的なお笑いが好きなのかも知れません。(嫌いなお笑いネタを使うタレントが非常に多いので基本的にお笑い番組は見ません・・すぐ人を叩くタレントとか最悪だね)

私と同様に「笑いのツボ」が特殊で、お笑いなんて面白くないという人でもきっと同じ感性を持った人の作品ならハマると思うので、「時効警察はじめました」を先入観で毛嫌いせず見てほしいなと思って記事にすることにしました。マンガの世界を上手く(コミカルに)映像化した様なドラマ、個人的には超おすすめです。

“「時効警察はじめました」が面白くてハマっている~色々な要素が詰まったコメディドラマ” の続きを読む