プログラミング

私はプログラマーでは無いので、少ない労力で正確に結果が得られれば言語は特に気にしません。強いて言えば学習難易度が低い言語が好みです。

awk(オーク)

UNIX/Linuxには大抵標準で入っているコマンドで、正確には言語とは言わないのかも知れませんが、プログラミング出来るので言語だろうと思ってます。

個人的に気に入っているのは、CSVデータやスペース区切りのデータを一行ずつ読み込み処理してくれる処理をスクリプト記述するだけで、わざわざループ処理を意識しなくても良いのが非プログラマー向けに親切だと感じています。

正規表現もつかえるのでパターンマッチしたデータ(行)だけ丸々抜き出すとか、特定カラムだけ抜き出すとかが簡単にできるので、プログラミング出来ないよと言う人でもawkなら多分使えます。

また、非常に高速な処理も魅力です。以前の仕事では数万レコードのCSVデータを処理してましたが、Excelでは開くことすら無理、FilemakerやAccessでは数十分かかる処理が、awkだと一分以内に終わるとかで重宝してました。PCスペックが低くても問題ないし。

Javascript

Webブラウザーとテキストエディタ(メモ帳でも良い)が有れば使える(作れる)のはおそらく環境構築最短ではないかと思います。Windowsですら標準ですからね。

HTMLと組み合わせれば見た目もキチンとしたれっきとしたアプリが作れるので、定型仕事の便利ツールを頼まれて作ったりしてました。勿論込み入った事も出来るし、おそらくJavascriptを使ってないサイトは少ないでしょう。

Visual Studio C#

VBよりも私としてはしっくり来る言語で、まともなWindows用自作アプリを初めて作ったのはC#でした。

Visual Studioなので見た目のままWindowsアプリが作れるのが最大の魅力です。Visual Basicとも比較されると思いますが、個人的にはC#推しです。

Python(パイソン)

最近ではおそらく最も人気がある言語の一つですね。必要な処理をしてくれるモジュールをインポートして来て使うと恐ろしく省力化出来る点が魅力です。

非プログラマーでもPythonの基礎と目的の為に使えるモジュールの使い方を少し調べてやればかなり近道で結果が得られます。個人的にはJavascriptと合わせて最も身につけたい言語です。

惜しいのは、Windows環境では構築してやらなくてはなりません。しかし便利な世の中でAnacondaをインストールすればそこで必要最低限以上の環境が整います。Jupyter Notebook上で記述しながら開発出来ますのでメモも残しやすいです。

Google ColaboratoryならクラウドでPythonとJupyter Notebookがいきなり使えるのでGoogleアカウントとブラウザーさえ有れば事足ります。本当にPython界隈は便利過ぎる!