柿の木にイラガが卵を産み付けるので電撃殺虫器をグレードアップ

仕事の関係でウィークデーは自宅を留守にしている関係上、自宅のことはかみさんに任せることが多くなっています。毎年恒例の柿の木に集まる害虫と卵の産み付けには悩まされています。

卵を産み付けられる前に駆除してしまえば、柿の葉を食い荒らされる被害も少なくなるのでは?というのがかみさんの言い分です。

そこで電撃殺虫器を買い足してほしいと言うので検討する事にしました。今使っている電撃殺虫器はメーカーも聞いた事のない2,500円位で買ったものなのですが、4年位は使っています。屋外で使用したこともあり、電極が劣化して来ている実情、そろそろ買い替えの時期が来ているのかも知れません。

“柿の木にイラガが卵を産み付けるので電撃殺虫器をグレードアップ” の続きを読む

シャロットファームのデニムマスクが欲しい~新型コロナウィルスが日本人のマスク着用の感覚を変えた

高知県黒潮町入野(下田の口)にジーンズ工房があるという事は以前にも記事にしました。こだわって作っているジーンズで評判の良い「isa」というオリジナルブランドも持っています。

私自身も「isa」のジーパンを気に入って履いています。

そんなじぃんず工房大方(シャロットファーム)が、コロナウィルス騒動でマスク入手難の現状をみてデニム素材の立体マスクを製造販売開始したそうです。新聞記事にも取り上げられています。

“シャロットファームのデニムマスクが欲しい~新型コロナウィルスが日本人のマスク着用の感覚を変えた” の続きを読む

パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする

現在の仕事はほぼデスクワークでPCは欠かせない道具です。書類を見ながら行う仕事が多いので目を酷使します。年齢的に老眼も始まっているのでメガネのレンズを買い替えたりもしていますが追いつきません。肩こりもひどいし。

残念なことに事務所の環境的にも照度が不足しているので(自分の席の上には照明器具が無く照度的に谷間にある)、手元の明るさが隣の席と比べるとかなり暗いです。虫眼鏡を使っても読みにくい文字や図面が多くなってきました。

立場的に居候な感じなので直接雇用先の会社に言っても無理なので、自分で改善する事にしました。

卓上スタンドタイプは邪魔になる

学生の頃には管型蛍光灯スタンドをサイドにおいて位置や角度を調整しながら勉強したのを思い出しますが、机の両サイドは隣の席と接しているのでスタンドを固定する方法が有りません。机の上に置くタイプしか無いのかなぁと思いましたが、机の上が狭くなるので他の方法を探すことにします。

仕事先の机はパーティションで隣、前とが仕切られているので光が回って来ないのでこれが暗さの原因とも言えるのですが、パーティションに取り付けるタイプのスタンドは無いものかリサーチしました。クリップタイプが使えそうです。しかし環境に合うコレだと言ったものは有りませんね。

“パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする” の続きを読む