Opera(Webブラウザ)がなにげに使いやすい

Firefoxの操作性と拡張性が気に入っていて(特にFirebug)ずっと使い続けているのですが、職場では色々なブラウザを使い分けています。Windowsを使っている関係上、IEは完全に使わないというわけには行かないし、IEにしか対応していないシステムへのアクセスもあるのが現実です。

ほとんどの作業はFirefoxで行っていたのですが、先日記した通り楽天RMSはFirefoxのログイン直後の読み込みにずっと不具合があったらしく現実使い物にならない状態でした。それが改善されているのでFirefoxで楽天RMSを使用することが出来る様になり、私としては利便性が上がったのですが、ふとOperaってかなり前のバージョンを使ったきり使ってないなと、試してみる気になった次第です。

Operaは有償販売されていた時期もあったと記憶していますが、今は無償でダウンロードしてインストール出来ます。直後に思ったのは、今時のWebブラウザとしてFirefoxやChromeと比べても違和感がなく、通常のブラウジングなら何も違和感なく使用することが出来るでしょう。もっとゴテゴテしたUIをイメージしていたのでちょっと拍子抜けでした。

しかし、少しずつ調べながら使っていくと色々な機能が有る有る。ファイル共有機能もあるしWebサーバーにもなっちゃうみたいだからねー。ブックマーク等の同期(複数台のPCで使用する時に便利)は当たり前だし、マイスジェスチャーも標準実装で、レンダリングエンジンも独自開発と言うことからすると、非常に作りこまれたもう一つのブラウザと言って良いでしょう。

動作も比較的軽快で、IE、Firefox、Chrome、Operaと4つのブラウザを使い分けることが出来るのは、ある意味便利な事だと思う次第です。ほんと食わず嫌いは損だなって改めて再認識させられました。

Opera、このブラウザだけで当分新しい発見をしながら楽しめそうです。(業務レベルで役立つ機能も見出して役立てたい)

Texterはバグが多いのが無きどころ~Windows7で使用するにはXP互換モードで回避

定型文字入力を支援するツールはちまたに沢山存在しますし、エディタに実装されている機能でも実現することが出来ます。しかし軽快さと使いやすさ、カスタマイズ性を考えるとTexterが非常に魅力的に思えるのですが、残念ながら日本語の扱いは考慮されておらず、バグが出まくりです。

私の仕事においては、定型文を使用することが多いので、charu3というフリーウェアを使用していますが、もう一つ使い勝手が悪いのでTexterに移行を考え日本語化済み版を使ってみたのですが、Windows 7(32bit)環境下で日本語を扱おうとすると、たちまち不具合に遭遇します。もちろんTextモードでしか使ってません。

Windows XPだと大丈夫っぽい?

もっぱらプログラマーとか、マークアップエンジニア(HTML等)向けというところですかね。残念だけど現時点はそんな感じです。日本語でもちゃんと動作してくれるなら凄く使いやすいと思うんだけど。非常に不安定なので実用に耐えられず残念です。オープンソースなので親切なプログラマーさんが改良して公開してくれるのを期待しつつ待つしか無いなぁ。

追記

と思いきや、Windows 7では、XP互換モードで起動すれば正常に使用することが出来ました。一応日本語対応版を公開して下さっているリンク先にはフィードバック済みです。メチャ快適ですわ!

Nozbe for Windows Beta

すっかり仕事もプライベートもやることをNozbeで管理していて、頭の中ではやらなきゃいけないことを追い出して、今からやる事に集中しているので、Nozbeが使えないと非常に不便な事になります。オフラインモードも有るらしいですが、もっと手軽に出来ないものかなと、ベータ版ですがWindowsアプリを試してみました。

手動で同期させなくてはならず、また簡素な画面ですが必要にして十分です。私には安定して動作してくれるならこれでも十分な位。画面キャプは見せても支障のないところなので繰り返しな休憩とか入ってますが、これくらいのレベルまで掘り下げて登録しています。毎日全タスクを終わらせるなり、翌日以降にリスケするなりしてから退社する事にしています。

Nozbeさて、これでNozbeへの依存状態を万一の時にリスク分散出来ます。何らかの原因でログイン出来ない時にはマズい状態になるので切実な問題だったのです。iPhoneユーザーはアプリがあるので簡単に解決でしょうが、私は持ってないので・・・