ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

アメスピ・タバコのプレゼントキャンペーンに応募~RONSONバンジョーライターを狙う

タバコのブランドの一つである、「アメスピ」(アメリカンスピリット)が、おそらくセブンイレブンとタイアップして実施しているキャンペーンに応募しました。

応募用紙(封筒セット)は、もう一つレイアウトというか内容が洗練されておらず、直感的にわかりづらいので改善の余地ありですね。要点記しておきます。

応募の決まり

キャンペーン期間中セブンイレブンで購入した時のレシートを、キャンペーン専用封筒に入れて、A賞かB賞を選択して送るだけ。口数セブンイレブンで買ったアメスピ個数。セブンイレブンでアメスピを買った証拠となるレシートさえ確保すればまとめ買いもOKです。

ただし未成年で無いことを証明することが最近は義務付けられているらしく、事前に年齢確認の為にアメスピ会員登録タスポ免許証の写真送付)を済ませておく必要があります。

f:id:sasapurin:20170226114224j:plain

セブンイレブンの店員さんいわく、以前の様に店頭に景品を置くことが出来なくなった為、お客様ご本人が応募して景品を受け取る方式に変わりましたとのこと。

そう言えば、以前はコンビニのレジの前にキャンペーン中のプレゼント景品が並べられているのを見た記憶が。約10年タバコから離れていたのでなんとなくしか意識していませんが。

A賞にするかB賞にするか

A賞はRONSON バンジョーライター
アメスピロゴの刻印が入っている限定もののフリント式オイルライターです。Zippoに飽きた私としては非常に欲しいアイテムです。

B賞はUSB充電式電熱ライター
見た目はアルミのアルマイトっぽいですが、どこかで合成樹脂製(ABSだったっけな)と読んだ記憶があります。そう聞くとチープな印象は否めません。

A賞は100名、B賞は34,000名と当選者数が桁違いに違うので、無難にB賞を取りに行きたい気持ちはありますが、B賞は貰ってもあまりありがたくないので、A賞狙いで行く事にしました。

ロンソンのバンジョーライターはちょっと面白そうです。もちろんアメスピロゴが入っているのが魅力です。シンプルなのが欲しい人はそんなに高価なライターでは無いので市販品を買っても良いかも知れませんね。Zippoには到底かないませんがバリエーションはそれなりにある様です。


ロンソンライター バンジョー 世界初の全自動式ライター [RONSON]

RONSON ロンソン オイルライター バンジョー フリント式 日本製 クローム サテン R01-0025

RONSON ロンソン オイルライター バンジョー フリント式 日本製 クローム サテン R01-0025

 

コメント審査でWチャンス

応募用紙にはコメントを記す欄もあります。コメント付きで応募すると審査員による審査が行われるらしく、コメント付き応募枠にもエントリーされる様なので、コメントを書かない手はありませんね。

私は創造性に欠けるので、ここは素直に実体験を文章にして記しました。読み返してみたのですが全然面白くありません。でもフィクションのストーリーを作れる才能も無いので正直に実体験による「アメスピとの出会い」を記したに過ぎません。

内容はともかく確率的にはWチャンスの資格を確保出来たと思うので、後はロンソンのバンジョーライターが送られてくるのを、期待せずに待つのみです。

早速ポストに投函してきました。
残り数日のキャンペーンなのでまだ応募してないアメスピファンの方はお忘れなく!

アメスピはノベルティグッズに力を入れている。

アメスピは過去に沢山のノベルティグッズを商品に添付して販売するなどの、販売促進キャンペーンを実施していたと、アメスピタバコを愛煙している先輩に聞きました。その先輩から缶ケースやタオル地の小物入れを貰ったりして手元にあります。

また、アメスピ会員になった人にはわかると思いますが、日本では初めてのタバコの吸い殻を回収してリサイクルする活動をしていたりと、企業の姿勢としても評価される事を実践しています。ノベルティグッズにも再生資源を利用していたりと、環境保護的な視点でも取り組んでいる様です。

私のアメスピお気に入り銘柄

タバコはあくまでも嗜好品なので、個人の好みであることを前提として記します。簡単な理由も記しておきますね。

  1. ライト(黄色)
    タール8mgなので程よく味わいが感じられます。肺喫煙してもこの辺りなら大丈夫と言える数値です。アメスピ特有のナチュラルなタバコ葉の味わい、フィルターのバランスが良いので一番好きで常喫銘柄として気に入っています。純粋なタバコ葉の香りに近い喫味が味わえます。巻紙が燃える臭いだけが惜しいです。
  2. ペリック(黒)
    タール9mgです。パッケージの色からめちゃ強そう(タール多そう)というイメージが先行しますがそれほどでは無く、「ペリック葉」という特殊な製法で熟成されたタバコ葉の、スモーキーな香りがくせになるマイルドな個性あるタバコです。好き嫌いが別れる香りと味わいですが私はこの香りと喫味は非常に好きです。
  3. ターコイズ(青)
    タール12mgとアメスピ8銘柄の中では一番高い数値です。ニコチンも1.5mgあります。ライト(黄色)で物足りない時にターコイズを手にする場合がありますが、バランスが絶妙のライト(黄色)とは別のタバコになっているので、常喫タバコにするにはちょっと違うという感じです。タバコ葉の旨味を味わえるので、口腔喫煙と割り切れる人にはよりしっかりした味が愉しめるのでオススメです。
  4. メンソール・ウルトラ・ライト(緑)
    タール5mgのメンソール。私はメンソールタバコは殆ど吸わないのですが、たまに軽く気分転換させたい時にはこの銘柄を選びます。軽めですが香りと味わいは伝わってくるので気分転換には良いです。メンソール(ミント香)が意外と強いのですが味がしっかり感じ取れるのは良いですね。喉越しも良いです。

これ以外のアメスピは吸ったことが無いのですが、ゴールド(濃い黄色)は、タール6mg、オーガニックなタバコ葉のみを使っているという事なので、機会があれば購入してみようと思います。オーガニックに拘る程は神経質じゃないですけどね。

追記

まとめサイトで取り上げていただいた様で、アクセスが増えたと分かりました。バンジョーライターは当りませんでしたので持っていませんが、私が持っているアメスピグッズを追記しておきます。

mypace.sasapurin.com

アメスピロゴ入りバンド

何に使うのか良く分からないですがバンドです。ライターを紙巻きタバコボックスに留めるとちょっとキツい感じです。手巻きシャグ用に使うにもやっぱりキツい(ゴムが強い)です。もう少しゆるかったら良かったんですけどね。

f:id:sasapurin:20170516193826j:plain

タオル地のアメスピロゴ刺繍入り小物入れ

金属のスナップ付きです。スナップがちょっと固いので強く押さえないと固定出来ません。内側にも金属が出ているので傷つけたくない物を入れるには適さないです。

f:id:sasapurin:20170516194053j:plain

アメスピ缶ケース

ナチュラルタバコは乾燥すると味わいが辛くなるので、缶箱を使うと少しでも乾燥を防げるので便利です。

f:id:sasapurin:20170516194317j:plain

アメスピロゴ入りの携行用ビニール袋

クルクル巻きになったビニール袋が入った携行ケースです。ナスカン(カラビナ?)形状の部分もプラスチックで出来ています。

f:id:sasapurin:20170516194423j:plain

キャップを取り外すとビニール袋を交換出来ますが、交換用が無いので互換品をみつけないと再利用出来ないかな?

f:id:sasapurin:20170516194750j:plain

最後に

手巻きタバコでペーパーを選ぶ事を覚え、iQOSで紙を燃やさずにタバコ(風味?)の喫煙を体験してから、ますます紙巻きタバコ巻紙が燃える臭い臭くて嫌になりました。アメスピは比較的マシな方ですがそれでもナチュラル系のタバコは紙が燃える臭いがどうしても鼻につきます。

アメスピ会員としてペーパーにもっと紙が燃える臭いが臭くないものを使ったバリエーションも増やして欲しいと要望を出したところ、回答が返ってきました。

アメスピの巻紙は、パルプセルロースのみを使用しており、添加剤(燃焼補助剤など)は使っていないとのことです。私の要望は巻紙を開発している係に要望を上げてくれるとのことでした。

正直、紙巻きタバコは間に合わせの位置づけにして手巻きタバコ(シャグ)を携行しているので、好きなタバコ銘柄であるアメスピと言えども今後は買う機会は減りそうです。燃える臭いが気になりにくいペーパーを選んで、シャグを巻いて吸うと紙臭さがほとんど無くタバコ葉の香りや味わいがしっかり感じられてやっぱり美味いです。

もっとしっかり味わいたければ煙管を使う方法もあります。色々な喫煙方法を覚えると紙臭い紙巻きタバコは避けてしまいます。これからは手巻き用シャグにシフトすることになりそうです。アメスピは加湿必須ですが、その手間さえ惜しまなければよりうまいタバコを喫煙できます。

iQOSはタバコとは別のものと位置づけているのですが、紙を燃やさずに吸えるタバコとして加熱式電子タバコには少しだけ期待してみようとは思っています。伝統的なタバコからは離れていくかも知れませんけどね。まだまだタバコと同等レベルには達していませんが。