私が現在も活用しているWindows用オススメ有償アプリ~多くのアプリが無料のもので事足りている現状

普段使っているデスクトップPCは、もはやLinuxで十分だなというのが最近実感しているところですが、それでも用途によってはアプリがLinux版を出していないものもあり(特に有償アプリ)、用途に応じてWindows環境も併用しています。

仕事に時間を取られる生活をしていて自分の時間があまり無く、作業効率を考えると有償アプリを買って使った方が断然良いということもありますので、その辺りは柔軟に考えて選択する様にしています。

そこで、個人的にこれが無いと不便(使えると便利)というアプリについて記しておくことにします。

“私が現在も活用しているWindows用オススメ有償アプリ~多くのアプリが無料のもので事足りている現状” の続きを読む

テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている

エレコムのテンキーレスなコードレスキーボード(TK-FDM105TBK)を職場で使い始めて数ヶ月経過しました。それまで使っていた前モデル(TK-FDM086T)は、一応まだ使えるので宿泊先のデスクトップPC(Linux)で使用しています。よって簡単に操作性の比較が出来ます。

なお、宿泊先では仕事を終えて帰ってきて、晩飯を作って食って、風呂に入って身支度をして、ちょっと空いた時間でPCを使う程度なので使用時間にしては知れています。それでもやはり違和感というか違いには気付かされるものがあります。

まず、キーの動きが改良されているという点です。もちろん前に使っていたものは古くなっているので劣化していることは考慮しての事ですが、もともとこういうガタガタしたキータッチだったのは覚えているので、かなり改良されていると評価出来ます。

そして気になるのはキーボード底面の滑りです。仕事先では気になることはありませんが、前モデルを使っていると机の上で少しずつ滑っていくのがプチストレスです。仕事中にそういう違和感は全く感じないのでここも改良されていると気づきます。

キートップの印刷は強化されていると感じます。前モデルは2台使いましたが一ヶ月もしない内に印刷が薄れてきてました。今職場で使っている(TK-FDM105TBK)についても、キートップの印刷が薄れる傾向は少し現れて来てますが、改良されただけあってまだ大丈夫です。仕事がらPC操作は多いのでかなり打ち込んでます。

“テンキーレスなコードレスキーボードTK-FDM105TBKを使って数ヶ月のレビュー〜コスパが高いキーボードとして生まれ変わっている” の続きを読む

steinberg UR22mk2オーディオインターフェースを購入~ループバック機能が欲しくなり追加購入

オーディオインターフェースはローランド(Roland Rubix22)を持っていますが、ループバック機能が使いたくなったのでスタインバーグ(steinberg UR22mk2)を追加購入しました。複数台のPCを使い分けているので流用出来て無駄にもなりませんし。

ローランドらしい音質の入門者向け

硬派なスタインバーグ(YAMAHA)の入門向け

当初は打ち込みで自作の音楽を作ることを第一目的としてRoland Rubix22を購入しましたが、じっくり腰を据えて音楽を作る時間が無いので最近はもっと短時間で作業できる解説動画を作る方に興味が向いてしまっています。

“steinberg UR22mk2オーディオインターフェースを購入~ループバック機能が欲しくなり追加購入” の続きを読む