フランドリア・ナチュラル(Flandria Natural)~華やかな香りが特徴の無添加シャグ

フランドリア・ナチュラルをリピートしました。

アンバーリーフ(イギリス)が落ち着いた香りなら、フランドリア(ベルギー)は華やかな香りが特徴の個性的なナチュラルシャグで、いずれもお気に入りだったりします。

アンバーリーフでは物足りない時にフランドリアを選ぶと、しっかりとした喫味が得られますし、シャープな味わい(基本的にこっち嗜好)が心地よいです。加湿具合でやや落ち着いた喫味にも調整できるのがナチュラルたばこの楽しいところです。

フランドリアはバリエーションが豊富なこともありますが、香り主体の喫煙をしている人にはおすすめのブランドです。バージニアブラックが人気ラインだと聞いていますが、私はナチュラルがお気に入りです。

たばこ銘柄を固定するのも一案ですが(昔は私もそうしていました)、気分によってその時に味わいたいタバコをチョイスできるのはある意味幸せだと思っているので、お気に入り銘柄は時々リピートしてストックしています。

フランドリア・ナチュラルは特別個性があるシャグではないと思うのですが、私の中ではナチュラルシャグとしては華やか系に位置づけてあり、カラッとした感じでたばこを味わいたい時に手を伸ばしてしまうシャグです。

加湿加減によって甘みを引き出すこともできるので加湿加減の練習にも良いシャグだと思います。ボベダの69%と72%の違いもこのシャグならはっきりわかると思います。刻みも細いですしそういう意味では自分に合うコンディションを保つ際にはデリケートなシャグの一つかも知れません。

付属ペーパー

付属は今回もSmoking Greenでした。

コーナーカットしてあるのでローラーを使って巻く人には便利かも知れません。Smoking Greenは比較的嫌な臭いが少ないペーパーですが、やはり臭いと感じるので私は別買いのペーパーを使っています。加湿しすぎた時にはしっかり燃やしたいので持っていて損はありませんけどね。

自分好みのシャグに出会えると喫煙が楽しくなります。シガレットしか喫煙したことのない人は、是非手巻きたばこ(シャグ)も経験してみて欲しいものです。

コメントを残す