テリオスキッド(TA-J131G)のクラッチ交換(その2)~ダイハツでクラッチ交換してもらった

TA-J131G

テリオスキッドを中古(約50,000KM走行)で入手した時から、クラッチを繋いだ直後に出る振動、音がずっと気にはなっていましたが、音が鳴らないポイントとクラッチの繋ぎ方を見つけてからはそれなりに乗れていました。半年ちょっと乗って7,000km弱なのでざっくりと言って月1,000km走行のペースです。

しかし、エンジンの回転が2,500rpm以下でシフトチェンジすると、ズゥイインという振動が出る症状は依然として変わらないので、低回転では走行せざるを得ない場合はなるだけアクセルを踏まないという乗り方をして来ました。そして加速する時は低いギアで引っ張ってからシフトアップ。この乗り方でそれなりにやり過ごしてきました。

普段は一人で自宅と仕事場所へ行き来するのですが、ある日たまたま二人を乗せて(3名乗車で)市街地を走行した時、発進する最に1速ギアでクラッチを繋ぐと、ズガガガガという感じの振動、そして確実にクラッチの滑り症状が現れました。停車して走る度にかなり神経質にクラッチを繋がないと走り出すことが出来ません。普段より重い重量を動かすためにクラッチに負担がかかって耐えられず滑り症状が現れた訳です。

これを機にクラッチをオーバーホールすることに決めました。幸い一人で乗車する分には今まで通り、ちょっと気を使ってやれば乗れなくはありませんでしたので、ディーラーに相談して診断してもらい、「やはりクラッチの摩耗ですね」と結論が出てから、部品待ち、入庫のタイミングなどで半月以上ズルズルと引き伸ばしてしまいましたが、無事に交換してもらうことができました。

“テリオスキッド(TA-J131G)のクラッチ交換(その2)~ダイハツでクラッチ交換してもらった” の続きを読む

aircrack-ngで自宅Wi-Fi(WPA2-PSK)セキュリティーを確認中~12桁位の16進数文字の組み合わせならかなり強固だ

以前から自宅Wi-Fiのセキュリティーに懸念があり、テスト的にクラックしてみようと考えていました。無線ルーターの方式はWEPはもはや有り得ないという事は分かっているのでWPA2を使っていますが、PSKだとハンドシェイクをキャプチャされると後は力業で解析されるという点は不安要素でもあります。

我が家のWi-Fiルーターは機種も分かっているのである程度パスフレーズが絞れるという前提で自分でハッキング(クラッキング)を実験しようと以前から考えていましたが余裕が無くて後回しにしてました。

ようやく重い腰を上げて実践です。実際にやってみると、ハンドシェイクは比較的容易にキャプチャリング出来ました。呆気ない位に取れるので怖さがわかりました。

しかしここからのクラッキング(解析)は意外と大変だと分かりました。

“aircrack-ngで自宅Wi-Fi(WPA2-PSK)セキュリティーを確認中~12桁位の16進数文字の組み合わせならかなり強固だ” の続きを読む

テリオスキッド(TA-J131G)のルームライトLED化~手軽に光量アップで強くお勧めする!

メンテナンスというよりはカスタマイズの方になるかもしれませんが。

夜に乗ることが多いテリオスキッドですが、以前からルームライトが暗くて不自由をしていました。ホムセン(コーナン)に行った際、何気にバルブを見ていてT10×31と書かれたLEDランプがあることに気づきました。ちょっと高いなぁと思ったのですが、不自由さを改善できるのであれば早い方が良いなと、思い切って買ってしまいました。

Amazonで買った方が断然安かった・・・失敗

テリオスキッドのルームランプの構造はカバーを外すと下の写真の様になっていました。横に長いバルブ(管ヒューズみたいな外観)がT10×31です。現物を見てみれば板バネで固定してあるだけだと分かるので交換は簡単に行えます。

テリオスキッドルームランプ(T10✕31)純正

“テリオスキッド(TA-J131G)のルームライトLED化~手軽に光量アップで強くお勧めする!” の続きを読む