Unidenの電話機(子機)製造中止だった

先日カットオーバーした我が家のインターネット光回線、そしてIP電話が開通したので便利になりました。電話は携帯電話しか持っていなかったので、固定電話にかけると電話代が結構かさむのが一つの悩みでした。

IP電話だと固定電話並の通話料金で通話出来るので、病院の予約とかお店の予約とかは自宅のIP電話からかけることにします。通話時間が長くなることが想定できる通話でも料金単価が安いので助かります。

うちのIP電話には、以前使っていたUnidenのUCT-002を使用しているのですが、このコードレス電話機は、子機+充電台(UCT-002HS)を安く購入して、後からでも複数台の端末を増設出来るのがメリットで当時購入したのを覚えています。当時は自宅で仕事をしていたので電話の利用頻度が高くなれば部屋に一台ずつ置く(増設する)事も考えていました。

今使っているのは所謂親機なので留守電機能がついています。子機には留守電機能はありませんが、本当に簡単に増設出来るのです。そして内線電話としても使えたハズです。

ところが・・・もう製造中止になって売り切れていました

一階と二階とに置いておこうかと思ったのですが、もう入手出来ないのであればそれは無理な事です。買った当時、子機はかなり安かった記憶があるので、先のことを考えて購入しておけば良かったと後悔先に立たずです。

確かに今時の携帯電話では考えられない位に貧相なディスプレイ、カナとアルファベットでしか登録出来ない電話帳等、機能的にはショボショボなのですが、シンプルで安くて結構使える便利アイテムだったので残念です。割り切ったシンプルさは結構好きです。

ま、買い足ししなきゃならない時は、買い替えを検討する事にします。気に入ったモノは「その時に確保」して置くのがいつの時代も定石ですね。

Uniden デジタルコードレス留守番電話機 (ホワイトオレンジ) UCT-002(WO)

Uniden デジタルコードレス留守番電話機 (ホワイトオレンジ) UCT-002(WO)

YAMAHA RT57iは今でもまだ使える~光回線と言えどもベストエフォートで超絶高速通信なんてまず不可能だからRT57iでも十分な速度が出ます

先日開通したばかりのフレッツ光回線だが、ONU配下は自前で準備なので、YAMAHA RT57iを引っ張りだして来てPPPoE設定を施し、プロバイダが提供しているIP電話(VoIP)を設定して、コードレス電話機を接続して使用出来るところまで仕上げました。

YAMAHA RT57i

RT57iって、ISDNやADSL全盛な時代に生まれた名機だけど、今でもこうやって十分使えるところが凄いと思います。と言うか時代遅れなのは間違いないけれどそれを決定づける程の高速通信の回線が普及しない(スペック上は速いハズなのに現実はメチャ遅い)のが実情です。だから古くても優秀なRT57iで十分事足ります。

ウチの場合はRT57iにこの3つの仕事をさせています。

  1. インターネット接続(PPPoE)
  2. IP電話(SIP)
  3. メールチェック(POP)

残念ながらRT57iの多機能さの一つであるVPN機能はIPsecには対応しておらず、PPTPにしか対応していないので、脆弱性の問題で使用するのはやめた方が良さそうです。VPN機 能は別拠点とのLAN間接続などを求めているか、出先からLANにアクセスしたい場合なのでそういうニーズの場合は今どきの高機能ルーターを使う事になるでしょう。

しかしRT57iには、YAMAHA独自のダイナミックDNSサービスである「ネットボランチDNSサービス」が実装されているし、「ネットボランチ電話(VoIP)」も実装されているので今でも便利に使えます。RT57iやRT58i等の同系のルーター同士であれば、ネットボランチDNSによるアドレス=名前解決を元に、インターネット回線をさも内線電話の様にして使用することが出来ます。

もちろん通話料は無料です。複数拠点でもそれぞれYAMAHAのVoIP対応ルーターを導入していれば、ネットボランチ電話が無料通話の手段として使えて便利です。インターネットを使った内線電話みたいな感じですね。

RT57i発売当時はこの機能が画期的で、以前働いていた職場ではネットボランチ電話や、拠点間のVPN接続でこのルーターをかなり便利に使っていました。小さな会社だったのですが拠点数が多く、業務で使用する電話は長電話になる事も多いので、この無料通話が経費の面でも魅力的だったのは言うまでもありません。別々の拠点で内線電話的に使っていました。本社ではビジネスホンの主装置に回線を収容して局線ボタンからネットボランチ電話を選択すれば拠点間にかけられる様にしていました。

※YAMAHAルーターについて特筆しておきたいのはYAMAHA製品の質の高さ、そしてサポートの質の高さです。サポートに電話した事がある人ならそのレベルの高さが分かると思います。

“YAMAHA RT57iは今でもまだ使える~光回線と言えどもベストエフォートで超絶高速通信なんてまず不可能だからRT57iでも十分な速度が出ます” の続きを読む

ようやくフレッツ光に切り替えました~WiMAXの不安定さに我慢を続けてきましたが比較的安定してるフレッツ光ネクストにしたけどさほど速くなかった

一年間、WiMAXで頑張ってきましたが、あまりにも遅いし途切れるのに悩まされました。一年間で更新月が来たのですがキャンペーン終了の為金額も倍近くに跳ね上がるし、継続するメリットは無いと判断して解約しました。更新月に処理したので違約金は無しです。

そして、金額は倍以上かかりますが、フレッツ光ネクスト(隼?)にしました。NTTさんが工事に来てくれ、近所電柱(100m位離れてる)からケーブルを配線してくれて、自宅に引き込み工事までしてくれました。まさかあんな所から引っ張ってくるとは思ってもみなかったのですが、やっぱプロの仕事は違いますね。

壁の光ケーブル接続ジャックもスマートですし、ONUもコンパクトなので思っていたよりもいい感じです。期待していた程は速度は出ませんでしたがWiMAXに比べれば安定しているしレスポンスも速いので概ね満足しています。もう暫く使ってみないと分からないですけどね。

うちはSo-netのキャンペーンの内容等で有利だったのでISPにはSo-netを選びましたが、ISPで速度違ったりもするかも知れません。OCNが速いという印象を持っていますが、そこまで速度を要求するわけでは無いのでSo-netと上手に付き合っていこうと思っています。

近日、So-netフォンを設定してIP電話も使えるようにします。