WiMAX 2+ルーターの不要オプションを解約~ユーザーIDとパスワードを使って月額利用料を上げさせない手続き

WiMAX 2+ルーターを手に入れてから、仕事先の部屋でもネット接続環境が出来たので便利に過ごせるようになりました。しかしBroad WiMAXの契約にはトラップというか、上手くやられている仕組みがあるので要らないオプションは解約して節約することにします。

上手に作られていると思うのは、契約して2~3ヶ月は割引になっており請求金額が抑えめになっているので契約者が油断しがちで、割引期間が過ぎると一気にオプション料金が乗せられて請求が来る様になっている点です。

私の契約したプラン名は正確なところ、
「BroadWiMAX2+ 定額ギガ放題プランS(3年)」
という名前になっています。

このプランは契約時にオプションとして下記3つが追加されています。

  • いつでも解約サポートオプション(0円)
  • My Broadサポート(PC)(税抜907円)
  • 安心サポートプラス(税抜550円)

これらをつける代わりに初期費用(¥18,857)が割引となるというもので、実際に申し込む人は仕方なくつけると思います。これらは2~3ヶ月は割引対象となっているので最初の頃の請求金額を見て油断してしまいます。

“WiMAX 2+ルーターの不要オプションを解約~ユーザーIDとパスワードを使って月額利用料を上げさせない手続き” の続きを読む

Amazon Echo DotをWiMAX2+回線で動かせる事が確認できた~仕事先と自宅でホットライン的にも使えて便利

先日、ここ数年ネット難民生活を強いられているという、ぼやっきーな記事を投稿しましたが、手に入れたWiMAX2+を使って現状置かれている環境で工夫できないか考えています。やはりネット環境が無い生活は不便ですからね。

試しに自宅で使っているAmazon Echo Dotを1台持って来て部屋のコンセントに挿して起動してみました。自宅で使っていたものなのでAlexaアプリでWiMAX2+と通信できるように設定を変更し、Echo Dotも自宅とは別グループにしました。「仕事先」とでもしとけばいいかなと。

それで自宅のリビングに置いてあるEcho Dotに呼びかけをしてみたところ、WiMAX2+回線を通じて自宅の光回線まで通じて「呼びかけ」通話が可能でした。ホットラインみたいなものですね。

考えてみれば、スマートフォンにインストールしたAlexaアプリからも呼びかけができるので、LTE回線からもできるってことは同じ動作原理なのでしょう。例えば職場にいてスマートフォンから自宅とホットライン的に通話することも可能です。自宅でしか使ったことがなかったので同一ネットワーク(LAN)に制限されるものと勝手に思い込んでいましたがそういう事はありませんでした。

今はサラリーマン務めですが、以前は自宅で仕事をするフリーランスとしてやっていた事が有るのでこれは便利だなと思いました。特に自宅と少し離れの建物に事務所を構えたりしている人には超便利なのではないかと。

我が家の場合は、1階リビング(キッチン)と2階部屋(私の部屋)に設置しており、「呼びかけ」スキルを使って部屋間のインターホン代わりに使っています。私は自分の部屋で過ごすことが多いので「ごはんできたよ」とか、かみさんが呼んでくれます。インターホン配線が困難なため、省電力無線機を置こうかなと思ったこともありましたが、Wi-Fi電波が届きさえすればEcho Dotで十分です。っていうか声で操作できるのでむしろ快適です。

“Amazon Echo DotをWiMAX2+回線で動かせる事が確認できた~仕事先と自宅でホットライン的にも使えて便利” の続きを読む

WiMAX 2+ルーターを契約して仕事先でもネット接続~これでネット難民から解放だ

半年だけ行ってくれと社長から言われて今の仕事(専門外・未経験)を仕方なく始めたけれど、なんてことはないもう1年延長って感じで3年半が経過してしまった。毎年年度替わりに「人員が足りないから来年も続けてほしい」と言われて渋々受けている。

専門外で未経験の仕事をするのは本当に疲れる。初年度はマジで持病の自律神経失調症が暴走しかかって主治医に相談して処方薬を増やしてもらった。夜もほとんど熟睡できないし本当に辛かった。

ただ、自分で言うのもなんだが割と要点をつかむのは得意なので、専門外でも要求されている主旨は理解できるからそこに重点を置いて指示された仕事をやってきた。当然100点満点は取れないレベルの成果しか提出できない訳だが、100点満点を求めているわけではないらしく、70~80点位の出来であれば後は不足しているところや間違えている個所を指摘されてそれを修正し再提出。そんな感じで本当に苦しかったけどやって来たら「あいつは駄目だから変えてくれ」なんてことは言われず、「来年度もあいつで」って感じで評価されたみたいで現在に至る。

初年度は本当に何をやっているか自分でも良くわかってなくていつ終わらせられるのかも見えないので、毎晩夢に見たりして熟睡できなくて辛かった。専門外の仕事っていうのは先が読めないので本当に辛い。そんな私も今の仕事を3年半以上やってきたのでそれなりに先が読めるようにはなってきた。期限もあるのでなるだけ早く提出してダメだしを指摘されて修正する。とにかくレスポンスを早くして設定された期限まで引っ張らずなるだけ早く提出することを心掛けてきた。そういうのが良かったのかも知れないが本当のところはよくわかっていない。

そんな仕事をしているのだが、実は自宅は高知市にあり、仕事先は四万十市にある。車で自動車専用道路(有料)を使って夜間走行なら片道1時間40分位で走れることもある。しかし余裕目に見て2時間は使うし、自宅(かみさんがいる)と仕事先の宿舎の二重生活なのでなにかとコストがかかる。頭が痛い。そんなこともあり、今年度が終わったら帰れる・・という思いもありネット回線の無い生活(ネット難民生活)を過ごして来た。

“WiMAX 2+ルーターを契約して仕事先でもネット接続~これでネット難民から解放だ” の続きを読む