ブログにアフィリエイトを設置して運営資金を賄う~意外と知られてないので紹介する

アフィリエイトと言う言葉は知られている様で周囲では案外知っている人が少ない様です。私は現在は高知県という地方に住んでいるので利便性も悪く不便な面はあります。交通機関も未発達ですし道路整備も全国的に言えばかなり遅れています。高知市内なんか設計自体がダメダメでどうしようもないレベルだと思います。

欲しいモノも取り扱っているお店があまり有りませんし、わざわざ不便な高知市の中心地にお店を出すので、意識して車では行かず路面電車で出向いて買い物をして帰るという行動を心がけています。高知市内は本当に車が不便過ぎます。

というのも、私は東京都、大阪府に長く住んでいたので高知市は小さいくせに交通渋滞がひどく、なるだけ中心街には車ではでかけません。駐車場を探すのも不便だし、当然駐車場代もかかります。流れが悪いので車の燃費も悪いです。無駄だらけ。

そんな地方在住でも、今はネット通販を使えば欲しいものが手に入る便利な時代です。ネットでリサーチして納得して購入するスキルさえ身につければ良いだけです。実際、在庫しているかどうか分からない店にわざわざ出向いて取り寄せしてもらうのも非合理的だし、そもそも限られた貴重な休日を使ってそんな無駄になるかも知れない行動は取りたく有りません。ネット通販は本当に地方在住のサラリーマン努め人にとって便利です。

そんな私がネット通販で購入したもののレビューをこういうブログに掲載したりする事で、実は少しずつですがアフィリエイト収入(広告収入)があります。売上(紹介料)一つずつは微々たるものですが、地道に記事に記しているので塵も積もれば山となるです。(実際は山にはなってませんが、次回買い物時の足し程度にはなります)

知人に勧めても、「ブログかぁ、書くこと無いしなぁ」

こういう反応が帰ってきます。しかし本当にそうでしょうか?

“ブログにアフィリエイトを設置して運営資金を賄う~意外と知られてないので紹介する” の続きを読む

STnetピカラのエリア確認に不信感~メールでの回答を希望するも全て無視して仕事中に電話かけて来やがった

高知市内在住ですが、二年前から仕事の関係で四万十市のアパートで生活し週末だけ自宅に帰り行き来してます。

もしかすると来年度(4月以降)も同じ状況が続くかも知れないので、ネット難民な環境を改善する準備をしようかと、ピカラ光へエリア確認を依頼しました。

仕事中に電話かけてこられても迷惑なので、「メール」での回答を希望し、もし電話かけて来るなら「休日の午後」を希望と言う意味で申し入れしました。


ところが、しれっと仕事中(平日の午前中)に電話かけて来やがりました。何一つこちらの要望を聞き入れて無い。

結局対応エリア外だったのでインターネット接続サービスは利用出来ない訳ですが、そんなことよりも仕事の邪魔をされて(責任者に断って室外に出て通話)イラッときたので、「なぜ要望したとおりにメールで回答くれないのか?」と一言言ってやりました。

ところが、「メールでの回答は致しておりません」とのこと。それなら「なぜメールアドレスを入力させるのか?」これは「不当な個人情報収集に当たらないのか?」

メールでの回答が出来ないのならメールアドレスの入力は無意味。更には連絡希望の曜日、時間帯も無視するなら入力させる意味が無いと誰でも当然思うと思います。

結局エリア外だと言わたので世話になる事は無いし、こんな常識外れな対応をする会社のことはどうでもいいので、総務省に苦情いれとく事にしました。嫌な思いをさせられる人は少ない方が良いです。

少なくとも今回のピカラ光の窓口担当者の適当な対応によって、一名のアンチ(私)を生み出したことは間違いなく、私は今後STnet(ピカラ)を使うことは無いでしょう。

「不当な個人情報収集」については、総務省から指導を徹底して欲しいものです。エラソーな事言うだけでなく、総務省にはこういう面での仕事もして貰わんとダメだと思います。消費者に嫌な思いをさせる、また常識が通用しない企業はお仕置きさせられるべきです。

aircrack-ngで自宅Wi-Fi(WPA2-PSK)セキュリティーを確認中~12桁位の16進数文字の組み合わせならかなり強固だ

以前から自宅Wi-Fiのセキュリティーに懸念があり、テスト的にクラックしてみようと考えていました。無線ルーターの方式はWEPはもはや有り得ないという事は分かっているのでWPA2を使っていますが、PSKだとハンドシェイクをキャプチャされると後は力業で解析されるという点は不安要素でもあります。

我が家のWi-Fiルーターは機種も分かっているのである程度パスフレーズが絞れるという前提で自分でハッキング(クラッキング)を実験しようと以前から考えていましたが余裕が無くて後回しにしてました。

ようやく重い腰を上げて実践です。実際にやってみると、ハンドシェイクは比較的容易にキャプチャリング出来ました。呆気ない位に取れるので怖さがわかりました。

しかしここからのクラッキング(解析)は意外と大変だと分かりました。

“aircrack-ngで自宅Wi-Fi(WPA2-PSK)セキュリティーを確認中~12桁位の16進数文字の組み合わせならかなり強固だ” の続きを読む