個人的に美味しいと感じた銘柄を紹介しておく~喫煙を続けるなら自分の好みに合う煙草を探そう

美味いタバコ銘柄

現時点、私の独断と偏見で個性が味わい易い銘柄を記しておきます。徐々に嗜好も変わっていくので先のことはわかりません。

※平成30年10月より価格改定(値上げ)のため、編集して価格については削除しました。個人的には昔の私の記録なので残しておこうとも思ったのですが、ネット上に古い情報があると混乱のもとでもありますからね。

アメリカンスピリット(アメスピ)

無添加タバコなので香り成分もタバコ葉のみです。つまりタバコ本来の香りと味わいを楽しめます。芳ばしい香りと味をキャッチ出来たらクールスモーキング成功です。葉がびっしり詰まっており、燃焼剤も添加されていないのでジワジワと時間をかけて燃えます。焦らず口腔の動きで吸う練習が何度でも出来ます。火がつきにくいという人もいますが慣れの問題です。

アメスピはクールスモーキングの練習に最適の銘柄で、ライト(黄色)が一番バランスが良い(美味い)と私は思っているのでライトスモーカーには一押しです。純粋なタバコ葉の香りと旨味をまずは味わって欲しいです。とにかくアメスピの燃焼時間の長さは特筆モノです。ムキになって吸い込まなければじわじわと燃え、タールが染み出して甘味もシッカリ出てきます。

しかしながら紙臭さは抑えてるけどやっぱりシガレット(紙巻き)特有の紙が燃える臭いが惜しいです。それでも十分に味わえる良いたばこだと思います。紙臭さが気になる人はミントが香りで臭いを隠してくれるのでおすすめです。しっかりタバコ味&香り+ミント香が味わえます。さほどミントがきつくないのも良いですね。

追記:2018年現在はアメスピ・ターコイズが一番美味いと思ってます。ライト(黄色)は口腔喫煙だとやっぱり味も香りも薄いです。

チェ(che)

チェ・ゲバラの肖像をパッケージにしたインパクトのあるタバコです。無添加タバコとして非常に高品質で良心的な銘柄だと思っています。価格が抑えめなのに品質が非常に高い。シガレットとしてはトップクラスだと思ってます。

チェたばこ全般(手巻きシャグ)にも言えます。まず香りが非常に良い(好み)です。キューバ葉をブレンドしているということも理由の一つでしょう。シガレットにしてはやや高級な香りに振っているところが個人的には好きです。しかも良心的プライスです!

丁寧に喫煙してやると旨味、甘みがしっかり出てきます。ラフに喫煙しても嫌な味になりにくいのも特徴です。パッケージにインパクトがあるので、喫煙所で興味を持たれて人にあげることもあるのですが、「美味いねコレ」と言われることが多いです。

チェ・シガレットで良いなと思ったら、是非手巻きシャグにも触れてみてほしいです。チェ・シャグはぜひとも勧めたい銘柄なのです。基本的にメンソールは苦手なのですがチェ・メンソール・シャグ(グリーン)はお気に入りな私だったりします。

ウィンストン・キャビン

チョコレートっぽい香りがしますので、クールスモーキングの練習で自己評価がしやすいです。ビターな香り(少し焦げた感じ)と味わいなので好みが別れるかも知れませんが、チョコレート香がシッカリと感じ取れたら引き出せていると思います。少し安いのでその面でもオススメです。ただしアメスピに比べると燃焼が速いので(普通程度ですが)繰り返し練習にはちょっと不利です。スパスパ吸うと苦くてマズイのも特徴なので練習には便利ですね。

ピース

甘い香りが特徴の日本のタバコとしてピースは有名過ぎる銘柄です。本来なら私の好みのショートピースと言いたいところですが、タール値が高いのでオススメは控えておきます。スパスパ吸っても甘い香りはしますがクールスモーキングがきちんと出来ると全然違うレベルで良い香りがします。

嫌な臭いがせず良い香りが引き立つというか、気に入って常喫銘柄にする人が多いのも納得です。美味しく味わうコツは、タールをじんわりと染み出させることです。強火で燃やしてしまうと煙になりますが、上手く喫煙すると紙にタールが染み出して来ます。

するとめちゃ甘い!余裕がある人は上品な香りに調整されたアロマクラウンアロマロイヤルをチョイスしても良いかも知れませんね。私はご褒美としてたまにアロマクラウンを買います。上手に吸うと上品な香りが最高です!

パーラメント

別記事にも記しましたが、私にはミルクティーの様な上品さと甘さ、苦味のバランスが良いたばこ銘柄だと感じています。ただ喫煙が上手にできないと不味いです。リセスドフィルターを採用している意味からしてもゆっくりと丁寧に喫煙してやる必要のある銘柄ではないかと思うのです。逆にいえば喫煙が下手な人にはこの美味しさは味わえないんじゃないかなと思います。

“個人的に美味しいと感じた銘柄を紹介しておく~喫煙を続けるなら自分の好みに合う煙草を探そう” の続きを読む

喫煙再開したので記してみる~口腔内喫煙で美味しくタバコを味わう

口腔内吸収と肺内吸収の差

タバコの煙を口腔内だけに留める場合と、肺まで吸い込んだ場合では、ニコチンとタールの吸収の度合いが全く違うことを喫煙者なら体感しています。急激にクラクラ(ヤニクラ)が生じるのは肺喫煙であり、口腔喫煙ではちょっと強い(タール&ニコチンが多い)タバコを喫煙してもそうそう起こりません。

身体の構造上、口腔内粘膜とは比較にならない位の早さで吸収するので、一気に血中濃度が高まってしまいます。口腔内粘膜鼻腔内粘膜からの吸収は穏やかと言われます。

少し脱線しますが、サスペンスドラマの殺人トリックで、超音波式アロマデフューザーにウィスキーを垂らして、被害者をアルコール中毒にして殺すっていうのを見たことがありますが、あながち嘘では無いらしいです。空気中にアルコール粒子がそのまま放たれると、それを呼吸で肺に取り入れるのでアルコールの血中濃度が急激に上昇して意識を失うレベルでアルコールは人体には有害だそうです。

通常通り口から取り入れたアルコールは胃、腸を経て血液とももに運ばれるそうですが、肝臓がフィルターとして働くので血中のアルコール濃度はぐんと下げられるそうです。よって肝機能が低い人で無ければ、アルコールを少し摂取した位で意識を失うことは稀です。

よって、ちょっと位の飲酒では意識を失うという事は(体質の差はありますが)起こりにくいそうです。むろん一気飲みとかは論外ですね。アルコール摂取の度を越しています。

肺からアルコールを摂取してしまった場合は、全身に巡る血液にダイレクトにアルコール成分を含ませてしまうので、飲む、食べるとは別次元で体内にアルコールという有毒物質を吸収してしまうとか。

もちろん口腔内の粘膜からもアルコール同様、ニコチンやタールを吸収するので、人体に有害とされるこれらの成分は体内に取り込まれます。でも、これだけでクラクラするという話は聞いたことは無いですし体感した事も無いので、口腔喫煙肺喫煙の違いは大きいと言えます。もちろん口腔喫煙でも立て続けに何本も喫煙するとヤニクラは起きます(手巻きたばこイベントで何度か経験してます)。

タバコ初心者さんは、ニコ中(ニコチン中毒)にならない為にも穏やかな口腔喫煙から始め、出来れば肺喫煙は慎んだ方(時々に留める)が良いと思います。美味しく味わえるし香りも楽しめるので口腔喫煙のテクニックを身につけない手は無いです。喫煙テクニックとして身につけると肺喫煙との違いを嫌でも感じられるのでより喫煙を楽しむことができるでしょう。

例えばストレスを強く感じる(仕事とか)場面でずっと頑張った後の喫煙。ぐうっと吸い込みたくなるのは私もわかります。ですから何が何でも肺喫煙をやめたほうが良いとは言いません。香りを楽しむ喫煙、味を楽しむ喫煙、喉越し(キック)を楽しむ喫煙と楽しみ方はいろいろです。体(肺)のダメージを減らせる様に喫煙バリエーション(手法)として身につけておくとなにかと便利だと思います。

“喫煙再開したので記してみる~口腔内喫煙で美味しくタバコを味わう” の続きを読む

手巻きタバコで自分好みの煙草を愉しむ~お小遣いを少しでも節約したいスモーカーに伝えたい

喫煙者限定でお伝えしたい体験をしたので記しておきます。非喫煙者、未成年者はけっしてタバコに手を出さないようにして下さいね。

手巻きタバコとの出会い

先日訪れた東岡たばこ店で、販売されている袋に入った謎の白い物体について店員さんに質問したところ、手巻きタバコ用のフィルターだと言う回答が返ってきました。

親切な店員さんで、手巻きタバコの巻き方を見せて下さいました。

ローラーの間にフィルターとタバコ葉をセットしてクルクルとローラーを回転。その後紙を隙間からローラーに入れてクルクルさせながら最後に舌で唾液を付けて巻紙を付けます。専用の紙の端には糊が付いているそうです。そう言えばこの動作は映画で観たことがある。(ローラーは使ってなかったけど)

手巻きタバコは日本人にはあまり馴染みが無いそうですが、海外では多く愛用されているそうで、外国人のお客さんが良く買いに来るそうです。会計を済まし早々に店内で手で巻いてお店から出て行きながら吸い始めるとか。そんなに簡単に巻けるものなのでしょうかね?

店員さんいわく、外国人は細かいことは気にしないので適当にちゃっちゃと巻いて吸い始めるとか。日本人的にはそれはどうなん?という気持ちになります。

そんな日本人でも納得出来る様に巻ける「手巻き用の道具」が、500~600円程度であるそうなので、面白そうだから入門セットを一式買ってしまいました。

フィルターは好みで選べ、長いタイプ、短いタイプ、細いタイプ、太いタイプ、チャコールフィルター内蔵のタイプ等各種取り揃えられていました。タバコ葉(シャグ)はチェのレッドをチョイス。

“手巻きタバコで自分好みの煙草を愉しむ~お小遣いを少しでも節約したいスモーカーに伝えたい” の続きを読む