コウモリがしつこく窓に集まり糞害に悩まされた(四万十市)~コウモリ対策してお帰り頂く

現在、自宅(高知市)から離れた場所(四万十市)で仕事をしているので、自宅とは別に寝泊まりする部屋を会社が手配してくれてます。

以前から、和室の窓のサッシに妙な黒い物体がポロポロと落ちているのを気になってはいたのですが、それはタイトルの通りコウモリの糞でした。

この状況から網戸に止まっている事が推測されます。

ポロポロと落とされている糞。最初はこの糞らしき物体の正体が分からなかったのです。

騒動勃発のきっかけ

珍しく暗くなる前に仕事を終えて帰る事が出来たので何気なく窓を見上げたところ、窓ガラスと網戸が液体をかけられた様な濡れ方をしてる…なに?

部屋に入って窓のカーテンを開けてみると、網戸に液体が少し付着。窓にも妙な汚れが…

おそるおそる窓を開けたら驚愕の事実が。窓枠の下に小さな物体が積もってる。急いで窓を閉める。

冷静に考えてみる。

「これは何かの糞だ。しかしこんな狭い所に鳥が止まるか?止まり木になるようなモノもない。一体どこに止まってるんだ?その生物は?」

ふと数日前にこの窓からコウモリらしき飛行生物をみかけた事を思い出した。流石に四万十市は自然が多いからコウモリも飛んでるなぁ~なんて気楽で自分とは無縁だと思ってたのが情けない。

ちなみにこの窓がある部屋にはエアコンが装備されてないので、夏場は暑くて堪らないから使ってない。普段カーテンを閉めたままだ。コウモリに取っては人の気配も無く都合のよい場所だったのだろう。

「コウモリに違いない。しかしどこにぶら下がってんだ?」雨戸(上から引き下げるタイプ)にぶら下がってるのか…

しばらく放置して暗くなるのを待った。そしてゆっくりとカーテンを開けてみると、なんと窓の上隅っこに黒い物体がいて少し動いている。やべぇ気持ち悪いっ

明かりを消して怪しいと思っていた部分だけカーテンを開けておいた。屋内からそっと屋外を見てみるとそこに何かがいる。

どうやら網戸にしがみついている模様。ぶら下がっていた訳ではなかった。光を照らしてみたらよりハッキリ見えてますます気持ち悪いっ。しかも逃げない。

真っ暗な部屋からフラッシュ撮影。網戸越しだからぼやけた感じだけどスマホカメラじゃ無理。明らかにそこに居る。

窓をドンッと揺らしてみたら、小さなコウモリが7~8羽わらわらと飛んでいった。そしてそこらを飛んでまた戻ってきて網戸にベシッとしがみついた。

ヤバい、鳥肌がたった。心臓バクバク。冷静でいられない。アドレナリンの様な物質が分泌されたのか、窓ガラスをドンドンと叩いて脅す。しかし直ぐに戻ってくる。

根本的に対策しよう

こうなると敵を知るしかない。習性とか、被害実例を検索して調べる。

どうやら、コウモリは昆虫を捕食する為に飛行し、虫を捕まえてはどこかで休憩し、また飛行して捕食を繰り返すらしい。腹一杯になるとねぐらに戻る。

屋根裏などに住み着かれるケースも有るらしいが、不幸中の幸い、それは無さそうだ。屋根裏で糞尿をばらまかれると大変な事態になるらしい。

我が部屋の窓(網戸)は、お食事飛行ルートにあるちょうどいい休憩スポットに認定されてしまった模様。お気に入られてしまったからには、お嫌いにさせるしかない。

ネットリサーチで忌避スプレーなるものの存在を知った。コウモリはハッカ香を嫌うらしい。しかしそんなものはそこいらでは入手出来ない。

しばらくは対策を打てず放置

ウィークデーは仕事だから何も出来ない。夜になると明らかにコウモリの気配と不自然な音が聞こえる。そう言えば以前から、「カタンカタン」という音がしてたな。恐らく網戸に掴まった時に網戸が揺れる音だ。しばらく我慢。気にしない様にしてやり過ごす。週末には対策することにした。

まず、積もった糞を除去しなくてはならない。有害な細菌を保有してたりするらしいのでマスク着用は必須。作業用の使い捨て手袋も必要だ。

そしてコウモリ忌避スプレーを入手する。地元のホムセンに電話して置いているか問い合わせる。幸い高知市に帰る道中のホムセンに置いているとのこと。(高知市内のホムセンには置いてないと言われた)

いよいよ決戦の時来る

準備が整ったので、マスク、手袋着用、掃除道具を使って糞を掃除。窓ガラス、網戸も掃除した。窓ガラスには尿をぶっかけられている。

数日放置しておいたのでえらいことになっていた。まじきしょ悪くて気分が優れなくなったが、掃除後はスッキリさせたので重荷が取れた感じだ。

窓ガラスと網戸にたっぷり目にコウモリ忌避スプレーを吹きかける。かなり強烈なハッカの匂いでむせかえる。窓を閉めてもサッシの隙間からハッカの匂いが入ってくる。

少し経つと人間には無害な匂いなので気にならなくなった。コレでコウモリが寄りつかなくなるか様子を見る。

コウモリ忌避スプレー効果有りだが

数日様子を見た。コウモリ忌避スプレーは余り匂いが持たない。2日置き位でスプレーする必要がある。雨が降ると一発で流れてしまう。閉じた空間に入り込まれるのであれば効果も持続するのであろうが、うちの場合は窓ガラス(網戸)に止まられるのでスプレーはコスパが悪すぎる。

イカリ消毒 スーパーコウモリジェット 420ml

イカリ消毒 スーパーコウモリジェット 420ml

739円(06/03 01:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

天然ハッカ油スプレー100ml 天然和種ハッカ100%

天然ハッカ油スプレー100ml 天然和種ハッカ100%

3,980円(06/03 02:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

このスプレー、意外と高価なので闇雲にスプレーするのが馬鹿らしくなってきた。そもそも網戸があるからしがみついて止まれるんでは?止まれなくしたらいいのでは?

という訳で普段使ってない部屋だから、雨戸(シャッター)を閉じておくことにした。これが一番良い。余計なお金もかからないし確実だ。根本的な対処だと思う。網戸を取り外しておくのも一案だと思われる。

ちょっと申し訳ないことに気づいた

コウモリの事も忘れかけたある日、この日も珍しく明るい内に仕事が終わって帰ってきた。

アパートについて気づいた。新しく入居者が入ったんだな。エアコンの室外機が増設されている。

んん?あの忌まわしき物体(糞と思われる)が設置された室外機の上にポロポロと落ちてるではないか!上を見てみるとそこには窓、そして網戸があり、あの違和感のある汚れ方。うちと全く同じ状態ではないか。

我が部屋の窓には止まれなくなったので、ご近所に場所を変えた模様。教えてあげたいけど、きょうびお節介も迷惑がられるご時世だから仕方ない、見て見ぬ振りしかない。申し訳ないけどコウモリ被害は対策すると他に移るのも常なんよね。

コウモリは保護鳥獣

私はコウモリを駆除するなんて出来ないけど、法律上、保護鳥獣になっているから捕獲したり殺したりは禁止されているらしい。そもそもきしょくて捕まえるとか無理だ。

よって増えすぎたコウモリは民家に被害をもたらす社会問題でもある。田舎の方限定の問題だろうけど。糞尿を撒き散らし、細菌をも撒き散らされるのは本当に困る。屋根裏とかで大量に糞尿やられたらたまらない。

コウモリが活動的な暑い今は雨戸を閉めて対策してるけれど、冬場はなるだけ太陽光を部屋に取り入れて暖かくしたい。つまりうちも根本的対策にはなっていないのだ。やはり網戸撤去しかないのかな。コウモリ対策に網戸を外してどこにおいておくかなぁ…

本当に効くのかわかりませんが超音波という手もあるのかな?


One Reply to “コウモリがしつこく窓に集まり糞害に悩まされた(四万十市)~コウモリ対策してお帰り頂く”

  1. 今年もコウモリの季節がやってきてしまいました。夜になると羽のある虫が飛んでいますのでマズイ季節の到来です。

    新型コロナウィルスの関係で在宅ワークの日もあるので、問題の窓(網戸)がある部屋を仕事部屋として日中使ったりしています。日中は雨戸(シャッター)を開けて仕事し、夕暮れと共に雨戸を閉じています。

    雨戸を開けておいても数日は大丈夫かも知れませんが、コウモリに休憩スポットとして認定されてしまうと、また元の木阿弥ですからこまめに雨戸を閉めるしか有りません。根本的な対策方法が思いつかない現状、暖かい季節はこの部屋の窓は防御しておくしか無さそうです。

    徐々にこの記事へのアクセスが増えつつあるので、コウモリに悩まされている方が見て下さっているのだと思います。私はコウモリを駆除した訳では無いので対策としては気に入られたのなら、気に入らなくさせると言う手法しか思いつきませんが、参考になれば幸いです。

    相変わらず部屋の雨戸を開けてその部屋で日中すごしたら、夕方には雨戸を閉めてます。面倒ですが我が家の場合はコレが最も有効な対策です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください