ネットワークのお仕事道具-その2

LANケーブルへのRJ-45コネクタ取付加工。これはCAT5までなら特別難しい作業ではありません。CAT6からはちょっとめんどくさいので手先の器用さが必要になりますけどね。いずれにしても現時点CAT6を使う必要性はそれほど無いのでCAT5で充分だと思っています。(ケーブル引き直しが大変なところだけは、将来の為にCAT6で引いておくというのもありえますが)

圧着工具は先のエントリーで記したので、次はテスターです。テスターもピンキリで、ケーブルの特性(性能)まで計測出来るアナライザまであるのですが、多くの場合それほどシビアな用途では無いので、線の順番を間違えていないかどうか?と、接触不良が無いかどうか?を検査出来るテスターが良いですね。

それと、仕事柄、ケーブルを天井裏や床下配線してから両端にRJ-45コネクタを取り付けるので、テスターは親子分離型であることが条件ですね。でなければテスターでチェックできませんから。

“ネットワークのお仕事道具-その2” の続きを読む

ネットワークのお仕事道具-その1~RJ45(LANコネクタ)圧着工具は信頼性第一で選びたい

個人事業主として活動開始してちょうど一ヶ月。そろそろお仕事しなくては生活していけません。一応引き合いはいくつか頂いたのですが、まだお仕事に結びついていないので今月の収入はゼロ。設備投資に一万円少々の出費で赤字スタートです(苦笑

10月は一つ仕事が決まっています。ネットワークカメラの施工と設定です。施工に際して手持ちの工具と、持っていないツールを再確認。おそらく重要になる工具は、RJ-45コネクタを取り付ける圧着工具です。私は以前の仕事の時にネットワークケーブルの加工が多くて自腹で買った工具があります。

MP-8 CRIMPER-白山製作所

結構高かった記憶がありますが、当時は工具にかける金は必要経費と割り切れる位にそこそこ収入があったので疑問にも思わず買いました。今は多分とてもじゃないけど気軽には買えないと思います(苦笑

“ネットワークのお仕事道具-その1~RJ45(LANコネクタ)圧着工具は信頼性第一で選びたい” の続きを読む

CSVファイルの編集にLibreOffice-Calc~CSVファイルの扱いが主ならもはやExcelとか逆に不便とさえ思える

以前、最近の私は無意識にCSVファイルの編集にLibreOfficeのCalcを使っていることに気づいた。以前はMIFES9を使っていたが、以前ほどはMIFES 9を活用していない。(もったいない)

そもそもCSVファイルの編集は、Excelなどの表計算形式で罫線によって整列された状態が最も編集しやすいのだが、Office2003(Excel 2003)が開くことのできるファイルの行数が、6万行程度という制限があるのが課題だった。事前にテキストエディタで開いてファイルを分割して作業するとか、一手間が必要だった。

そこでCSVモードのあるMIFESが便利だと記した訳だが、無償でダウンロードして使用出来るLibreOfficeでありながら、表計算形式でCSVエディタとして違和感なく使用出来るのは強力だ。しかもCSVファイルをダブルクリックしてもExcelの様な余計なことはせず、ごくシンプルなインポートウィザードが走るだけ。

これに気づくまでは、列を指定して文字列にする手間が面倒だと感じていたがちょっとした配慮がある事に気づいた。ウィザードで表示される表の左上隅をクリックすれば全列を選択できるので、全ての列を文字列と指定すればほんの少しの手間でテキスト形式だと定義出来て、極めて使いやすいCSVエディタとして使用出来る。

“CSVファイルの編集にLibreOffice-Calc~CSVファイルの扱いが主ならもはやExcelとか逆に不便とさえ思える” の続きを読む