読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち書くブログ

日記とかうまいもんとかパソコンのことをマイペースで記します。高知市に住んでいるので地元の情報も投稿します。

プラチナPreppy:オススメ~格安万年筆は水性ボールペンとは比較にならない軽くなめらかな書き味

お勧め レビュー 日記 日記-生活

先日は、ボールペンについて記しましたが、ちょっと自分の中で筆記用具がマイブームかも知れません。

PCを使う仕事ばかりやってきて、何年もの間、文字を書くという行為をしていなかったので、めちゃくちゃ字が下手くそ(というか以前の様に手が動かないので汚い字)になって、明らかに筆跡が変わってしまったという、笑えない状態に陥っていました。

mypace.sasapurin.com

筆跡って戻ってくる?

最近、ミスプリントした裏紙に色々なアイディアとか、要点の洗い出しとかして考え事をする機会が増えて文字や雑図を描くことが増えました。

それで先日のUNI Power Tankが自分の手に馴染むボールペンとして秀逸だと記した訳なのです。書きやすい筆記用具は思考を妨げないし、心地良い書き味は思考を促進してくれる効果もあるかも知れません。

筆記用具を持たない期間が長かったので思い通りの字や絵を書けなくて、こりゃ参ったなと言う感じだったのですが、字というのは不思議なもので、書く機会が増えてきたら徐々に以前の筆跡に戻ってきている感じがします。

これは我ながら驚いてしまいました。ここ数年間、指は直ぐにつるし汚く崩れた字しか書けなかった私ですが、確かに以前の自分の字に近づいて戻ってきています。

万年筆は素晴らしいと再認識

そして本題の万年筆なのですが、これはリアルに筆跡が出やすい筆記用具だと改めて再認識しました。

学生の頃に一夜漬けの勉強とかよくやっていたのですが、その方法が要点を裏紙に書くという方法でした。その時に愛用していたのが万年筆でした。なんとなく使っていただけでこだわりが有った訳ではないのですが、学生の頃には万年筆を愛用していました。

その経験があるからなのかはわかりませんが、この度、新品の万年筆(安いものですが)を使ってみたところ、自分の癖が顕著に現れます。筆圧を軽くサラサラと書けるので、ボールペンで書くよりも顕著に現れます。万年筆はやっぱり優れた筆記用具だったんだなと今更ながら感心してしまいました。

実は景品でいただいた万年筆を使ってみたのですが、安い万年筆なのにしっかり作られていて驚く位に書きやすい。ボールペンに比べると筆圧を低くしてもしっかりした太い線が描けるのでペン先を動かしやすいのです。アイディアを書き出すにはボールペンよりも万年筆の方が良いと私は思います。手もつりそうになりません。

f:id:sasapurin:20151216230117j:plain

PLATINUMのPreppy(PPQ-200)という万年筆を、黒(03)と青(05)の二本ゲットです。クリアなスケルトンなボディは清潔感があって悪くないです。ペン先が命な万年筆ですが、インクの良さもあってか非常に書きやすいです。

f:id:sasapurin:20151216230308j:plain

見た目は安っぽい感じは否めませんがそこがまたカジュアルな感じで良いです。

インクは交換式で技術が投入されている

使い捨てじゃなく、ちゃんとインクは交換出来る構造になってますし、替えインクは売っているのでインク切れでも交換して使い続けることが出来ます。

個体差はきっとあると思いますので、気に入ったペン先の個体をゲットしたらインク交換で使い続けるのが吉だと思いますよ。

f:id:sasapurin:20151216230340j:plain

しかもキャップにはインナーキャップが装備されているのでペン先が乾きにくくインク詰まりを起こしにくい構造です。たまにしか使わない人にもメンテしなくて良いのは敷居が低いと思います。万年筆のメンテナンスは詰まらせると実に面倒くさい。

しかしこの書き味で200円なんて恐ろしい技術だなと思います。よくよく調べてみたところこの製品は息の長いモデルらしく、2007年から発売され続けているものらしいですからなるほど納得です。地道に改良が重ねられているんでしょうね。

学生さんにオススメしたい万年筆

細字の03は色の種類も豊富ですから、学生さんはじめ、万年筆を使ったことがない人にも是非使ってみていただきたいと思います。さらさらと軽い筆圧で書けるこの感触は万年筆ならではです。この価格で万年筆デビュー出来る時代は幸せだなと、本当にオススメです。

私が子供の頃の万年筆は安いものでも数千円位はしたので、親戚からプレゼントしてもらって万年筆デビューしました。もちろん今でも高価な万年筆はありますが、こだわればキリがないですから、まずはこの書き味を体験して欲しいです。

このインクもきっと書き味を後押ししてくれているんだろうなと思いますので、インク切れの時は純正品を使おうと思います。逆に色々なインクを使い分けて楽しむという事も出来ますね。

プラチナ万年筆 プレピー 5色セット 細字

プラチナ万年筆 プレピー 5色セット 細字

 
プラチナ萬年筆 プレピー 3色セット 細字03

プラチナ萬年筆 プレピー 3色セット 細字03