日立ハイコーキUL1810DA:ホット&コールド~夏は冷たく、冬は温かい缶コーヒーを仕事しながら飲みたい

日立ハイコーキUL1810DA:ホット&コールド~夏は冷たく、冬は温かい缶コーヒーを仕事しながら飲みたい

コーヒーを飲みながら仕事したい

今の職場で事務仕事をする様になってから、ブラック缶コーヒーはほぼ毎日飲んでいます。常温でちびちびと飲めるリキャップ缶コーヒーを探して色々飲んでみたのは過去の記事にも記しました。

結局、UCC Black缶コーヒーが一番好みに合っているのでリピートしており、ちまちま買い出しするのも面倒くさいので、現在は近くのドラッグストアで箱単位でお取り寄せして貰って定期的に箱買いしています。

これを暖めて飲んだら美味いやろなぁ~と思って職場内で同僚と雑談をしていたところ、Hitachi HiKokiのドリンクウォーマー(クーラー)を友達から貰ったけど使って無いので持って来てくれると言う話になりました。同僚が職場に持ってきてくれました。同僚が好んで飲んでいる缶ドリンクにはサイズが合わないので使っていないとのこと。

「使わないからあげますよ!」と言われたのですが、開封しているもののほぼ未使用に近い状態だし、流石にそれは申し訳ないので、格安(2,500円)で譲って貰える事になりました。

温冷両方に対応

これ、おそらくペルチェ素子を使った熱交換方式だと思うのですが、温めることも、冷やすことも出来る便利なやつです。スイッチが左右に動く様になっていて、温めだと赤、冷やしだと緑に光ります。

スイッチのマークも比較的分かりやすい。冷やす方のランプ色がブルーなら直感的で言うことなしだったかな。

で、肝心のフィッティングはUCC Blackリキャップ缶コーヒーにはバッチリで、ピッタリサイズでハマります。周囲のペルチェ素子との密着が熱伝導には重要なのですが、サイズがピッタリなので効率良く温度が伝わります。アルミ缶なので熱伝導も良いです。

試しに空になった缶を入れて手を離すと、軽いのでススススとゆっくり落ちて行きます。隙間がほとんど無い証拠にストンとは落ちません。隙間から空気が抜けながらゆっくり落ちていくのです。ピッタリじゃん。

付属品について

なお、付属品としてスペーサーが付いており、ロングサイズではスペーサーを取り外して使います。ショート缶の場合は上げ底してくれるプラスチックのスペーサーを入れておくとちょうどいいです。

更に、筒状のアルミ削り出しスペーサーも付いているので(コストがかかってそうだ)、コレを入れれば細身の缶ドリンクも温めたり冷やしたり出来ます。勿論アルミなので熱伝導は良いはずです。

私はこのUCC缶コーヒーしか飲まないのでスペーサーは箱に入れて保管してますが、試しにスペーサーを入れるとロングサイズだとこれくらい上に出ます。ショート缶ならスペーサー入りで丁度いい具合になる様に作られています。私はロング缶を愛飲していますのでスペーサーは入れてません。

実にいい😆サイコーッ

なお、電源はAC100V用のACアダプターが標準で付属しています。コンセントから電源を取るなら標準セットで事足ります。オプションでアクセサリーを購入すれば、電動インパクトドライバーなどのバッテリーも使える様です。と言うことは電気工事士や大工さんなどの現場向きでは?

更に車の中でも使える様に考えられているみたいで、電源はDC12Vですからシガーソケットから電源を取るカーアダプターコードを手に入れれば、車で移動しながら温かいドリンク、もしくは冷たいドリンクを飲めます。目的のシーンに応じて使えますね。

自動で温度調整される

温度管理はサーモスタットで検知しており、一定になると動作が止まります。そしてまたカチンと言うサーモセンサーのスイッチ音と共にファンが動作します。ペルチェ素子による熱交換なので周辺温度に左右され温冷ともに限界は有りますが、周辺温度に対して相対的に温めたり、冷やしたり出来るので体感的には十分効果が得られます。

内部にある熱交換素子に外気をファンで送る構造なので動作中はファンの音がします。かなり静かな環境だとファンの音が気になる可能性はありますが個人的にはコレくらいは許容範囲内だろうと感じます。

私は基本的に暑い夏でも温かいコーヒーを飲みたい派なので、熱交換がより効果的に働き夏は更に良く短時間で温まります。これは実に快適です。寒い冬でも室内の気温なら十分に温まるはずです。

本体が結構ズッシリしているので机の上に置いていて少し位手が当たっても倒れる心配は有りません。ホット珈琲をチビチビ飲みながら事務仕事なんて、実に仕事が捗りますね。

ちなみにロゴが【HITACHI】なのは旧型らしく、現行モデルは【HiKOKI】となっている様です。ハイコーキ(ヒコーキ?)って何?と思われるかも知れませんが、日立工機のブランドネーム変更らしいのでこのロゴも徐々に浸透するでしょう。

調べてはいませんが、マキタとかも同様のアイテムを作ってそうな気がしますね😏オススメ

UCC BLACKが美味いと思っている(人それぞれ好みはあるよね)

コーヒーは嗜好品なので好みは人それぞれです。

個人的にはUCC Black無糖缶コーヒーが無香料で自然なコーヒーの香りがして無敵だと思っています。甘い飲み物はあんまり好きじゃないのと、着香で香りが強いのも胸焼けがして苦手なので、香料を使ってないブラック缶コーヒーが好きです。一時期色々なメーカーのブラックコーヒーを飲み比べた結果、UCC Blackに落ち着きました。

以前販売されていたUCC Blackはかなり気に入ってたのですが、製品が変更されて入手できなくなったので、現在は「FULL BODY」、「Rich」のいずれかを買って職場の引き出しにストックしています。UCCさんには以前のUCC Blackを復活させてほしいものです。やっぱり全然旨味と香りのタイプが違うんですよね。現行品も悪くはないのですが以前のが美味すぎた。

UCC BLACK無糖 RICH(リッチ) 275gリキャップ缶×24本入

UCC BLACK無糖 RICH(リッチ) 275gリキャップ缶×24本入

2,998円(01/28 21:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

私の場合は、ほぼ毎日コーヒーは欠かせないので箱買いは基本になっていますから、少しでも単価を安く済ませられる「訳あり品」をチェックしています。訳あり品はメーカー過剰在庫で賞味期限が3ヶ月とか短くなったもので割引販売されることが多いです。

タイミングもありますがコーヒーの消費頻度が高い人は、訳あり品(消費期限が短い)を箱買いしても消費期限内に飲み切ってしまえると思うので訳あり品がオススメです。

細い缶でもスペーサー(アルミ製)を入れるとフィットするので、私の様にちびちび飲むのではなく、温めて(冷やして)から、開封して一気に飲みきってしまう人の場合はショート缶も良いと思います。

UCC ブラック無糖 コーヒー 缶コーヒー185ml×30本

UCC ブラック無糖 コーヒー 缶コーヒー185ml×30本

1,913円(01/28 17:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。