ブログにアフィリエイトを設置して運営資金を賄う~意外と知られてないので紹介する

アフィリエイトと言う言葉は知られている様で周囲では案外知っている人が少ない様です。私は現在は高知県という地方に住んでいるので利便性も悪く不便な面はあります。交通機関も未発達ですし道路整備も全国的に言えばかなり遅れています。高知市内なんか設計自体がダメダメでどうしようもないレベルだと思います。

欲しいモノも取り扱っているお店があまり有りませんし、わざわざ不便な高知市の中心地にお店を出すので、意識して車では行かず路面電車で出向いて買い物をして帰るという行動を心がけています。高知市内は本当に車が不便過ぎます。

というのも、私は東京都、大阪府に長く住んでいたので高知市は小さいくせに交通渋滞がひどく、なるだけ中心街には車ではでかけません。駐車場を探すのも不便だし、当然駐車場代もかかります。流れが悪いので車の燃費も悪いです。無駄だらけ。

そんな地方在住でも、今はネット通販を使えば欲しいものが手に入る便利な時代です。ネットでリサーチして納得して購入するスキルさえ身につければ良いだけです。実際、在庫しているかどうか分からない店にわざわざ出向いて取り寄せしてもらうのも非合理的だし、そもそも限られた貴重な休日を使ってそんな無駄になるかも知れない行動は取りたく有りません。ネット通販は本当に地方在住のサラリーマン努め人にとって便利です。

そんな私がネット通販で購入したもののレビューをこういうブログに掲載したりする事で、実は少しずつですがアフィリエイト収入(広告収入)があります。売上(紹介料)一つずつは微々たるものですが、地道に記事に記しているので塵も積もれば山となるです。(実際は山にはなってませんが、次回買い物時の足し程度にはなります)

知人に勧めても、「ブログかぁ、書くこと無いしなぁ」

こういう反応が帰ってきます。しかし本当にそうでしょうか?

“ブログにアフィリエイトを設置して運営資金を賄う~意外と知られてないので紹介する” の続きを読む

パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする

現在の仕事はほぼデスクワークでPCは欠かせない道具です。書類を見ながら行う仕事が多いので目を酷使します。年齢的に老眼も始まっているのでメガネのレンズを買い替えたりもしていますが追いつきません。肩こりもひどいし。

残念なことに事務所の環境的にも照度が不足しているので(自分の席の上には照明器具が無く照度的に谷間にある)、手元の明るさが隣の席と比べるとかなり暗いです。虫眼鏡を使っても読みにくい文字や図面が多くなってきました。

立場的に居候な感じなので直接雇用先の会社に言っても無理なので、自分で改善する事にしました。

卓上スタンドタイプは邪魔になる

学生の頃には管型蛍光灯スタンドをサイドにおいて位置や角度を調整しながら勉強したのを思い出しますが、机の両サイドは隣の席と接しているのでスタンドを固定する方法が有りません。机の上に置くタイプしか無いのかなぁと思いましたが、机の上が狭くなるので他の方法を探すことにします。

仕事先の机はパーティションで隣、前とが仕切られているので光が回って来ないのでこれが暗さの原因とも言えるのですが、パーティションに取り付けるタイプのスタンドは無いものかリサーチしました。クリップタイプが使えそうです。しかし環境に合うコレだと言ったものは有りませんね。

“パソコンのモニターディスプレイにLEDバーライトを装着~デスクワークをしていて目が疲れるから汎用品でDIYする” の続きを読む

「時効警察はじめました」が面白くてハマっている~色々な要素が詰まったコメディドラマ

個人的にコメディはあまり好きではないのですが、どうやら笑いのツボが合わないせいで自分には向いてないという先入観があった様です。コメディ、パロディなど映画やドラマ等の作品はたくさんありますが、殆どの作品が私にとっては面白くなくて合いません。

例外的に「ミスター・ビーン」は好きですし、映画として大好きな作品「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中で出てくるちょっとした笑いはクスッと笑わせてくれますし、笑いが嫌いというのではないのですが。

例えば「ホーム・アローン」の笑いは私には逆に嫌悪感を感じて駄目ですし、同じ笑いなのに何が違う?となると、やはり笑いのツボが違うんだと思います。

昨今のお笑い(漫才)を見ていてもほとんどハマりません。でも転勤で大阪に移動になってテレビで見た「吉本新喜劇」を初めて観た時には面白さがわかりませんでしたが、何度か観ていると笑わされるポイントがあることに気づきました。そしていつの間にかハマってしまいました。他人を傷つけるようなお笑いは嫌いで自虐的なお笑いが好きなのかも知れません。(嫌いなお笑いネタを使うタレントが非常に多いので基本的にお笑い番組は見ません・・すぐ人を叩くタレントとか最悪だね)

私と同様に「笑いのツボ」が特殊で、お笑いなんて面白くないという人でもきっと同じ感性を持った人の作品ならハマると思うので、「時効警察はじめました」を先入観で毛嫌いせず見てほしいなと思って記事にすることにしました。マンガの世界を上手く(コミカルに)映像化した様なドラマ、個人的には超おすすめです。

“「時効警察はじめました」が面白くてハマっている~色々な要素が詰まったコメディドラマ” の続きを読む